2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その2 棚田 | トップページ | 東南アジアの絵本見て »

2013年9月26日 (木)

飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その3 案山子

 前回の続きです
最後になりましたが、ちょうど行われていた「案山子コンテスト」の案山子達に出会いました。
投票は、9月22日に行われたとのことです。
 今年で18回目になる今年のテーマは、「田んぼの神様・田んぼの生きもの」でした。
 正式には、「明日香神奈備の郷 かかしコンテスト」と言います。

先ず主役の巨大な「田んぼの神さま」にご登場戴きましょう。

036a

手には、しゃもじとご飯が入ったお茶碗を持っておられます。

037a

丁寧な説明板が傍にありましたので、そのまま載せさせて戴きました。

 では、道順に置かれた案山子の中で、私が面白いと思って選びましたので、ご覧ください。

015a

沢山の彼岸花に囲まれてご満悦の神様?です。
前にいるのは、イノシシのようです。
田んぼを荒らさない良い子のイノシシですね。

017a

こちらは、彼岸花と戯れる兄と妹です。楽しそうな姿に幼い日の自分の姿を重ねています。

026a

こちらは、正真正銘の田んぼの神様です。
恵比寿さんか大黒さん風ですね。

028a

ブランコに乗る「あす香」ちゃんと「稲淵」くんです。
小さな神様と言ったところでしょうか。

030a

こちらは、由緒正しい?「奉納おどり」です。
鹿児島県薩摩川内市に伝わる「田の神戻し」の踊りだそうです。

066a

ママと3人の子供達が、昆虫採集をしているようです。
 どの案山子も仄々平和の象徴のようでな姿でしたが、
どれがお気に入りでしたでしょうか。










« 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その2 棚田 | トップページ | 東南アジアの絵本見て »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
長閑な風景が広がりますね~
案山子コンクールのテーマが
「田んぼの神様」「田んぼの生きもの」
好いですね
改めて日本は稲穂の国だと思います
案山子はどれも優しい顔立ちで
見ているだけでも嬉しくなりますね
古都人さんが>幼い日の自分を重ねています<の
兄と妹、私も同です
長閑な平和な姿ですね
奉納おどり一団の人達それそれに動きも有り工夫されていて
感心しながら拝見しています
ママと三人の子供達の平和な姿に
この平和が何時までも続くようにと祈らずにはいられません
古都人さんの選ばれた案山子たち
案山子とは思えないです。
どれもお気に入り(笑い)です。

古都人さん
 おはようございます
可愛い案山子たち
昔のイメージからは程遠い可愛くて
其々に工夫された案山子たち
姿も顔の表情も生き生き可愛くてこれは正しくお人形ですね
皆さんがこの日の為に一生懸命に作られたのでしょうね
アイデアも素晴らしく手作りの着物や洋服も
似合っていて感心しています
どれも素晴らしいと思いますが
強いて言えば・・・・
1つを選ぶのは難しいですが
もしコンクール会場で投票するなら兄と妹?
それとも最後の親子でしょうか?
奉納踊りも雰囲気が良くでていますね
いずれにしても愉しく拝見しました

ご紹介ありがとうございます

古都人さん
  おはようございます

緑の稲がとても綺麗でその中に意匠を凝らした
案山子さん達が並べられていて沢山歩いたのに
疲れ知らずですね。
何年か「前低山散歩の会」で1泊で行きました。

かなり有名になり歩いている方も多かったです。
この日もお天気がよく賑わったことでしょうね。

今朝は少し肌寒さを感じます。

古都人さん
おはようございます。
のどかな田園風景に可愛らしい案山子さんたち
素敵な眺めですね。
こちらではいつもこういう普段の生活を
表現したものがおおいですね。
いい表情ばかりです、にこってして見ています。
秋を感じながら一緒に歩いた気分になれました~♪
いつもお心にかけて下さって嬉しいです。
今日は義妹とお父ちゃんのところへ
行ってきます~♪

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね もうこのコンテストも18回を数えると言う
ことですから出展者の中には超ベテランさんもおられる
ことでしょうね
そうですね 仰る通りお人形さんですね マネキンですね
やはり一際目を引くのは複数の案山子グループですね
昔の笠を被り絣の着物を着て顔にはへのへのもへの
が書いてあるオーソドックスな案山子が懐かしいです
時代を感じますね こちらの齢もありますが・・・

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 案山子を1つ1つ丁寧に見ていますと
歩くしんどさも忘れて仕舞いますね
棚田の様子を見 彼岸花も そして案山子と
見るのが忙しい感じで歩いていました
「低山散歩の会」と言うのがあるのですね 
良いですね 里山が中心でしょうね
参加したい歩きの会です
そうですね やっと涼しくなりましたね

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 笑顔が可愛い案山子達でした
こちらも笑顔を貰いながら歩いていました
そうですね 日常の生活を表現したものが
訴える力は大きいですね
親子や兄弟などより親近感を感じます
こちらこそ何時も有難うござい゛ます

こんばんは (◎´∀`)ノ
つい先ほど、あるプロ友さんのブログにもこの案山子コンテストのことが紹介されていてビックリしました。
「古都人様が行かれたところだ!」と思いながら見ていました。
そして・・・やはり古都人様もあの巨大な案山子、ご紹介ですネ (^_^)ニコッ!
私はこの案山子、『でいたらぼっち』かと思いました。
そして普段は田畑を荒らすイノシシ、この子はウリボウかな?良い子のようですね。
兄妹の案山子、恵比寿様風の案山子、
ブランコに乗る「あす香」ちゃんと「稲淵」くんは、飛騨地方の『さるぼぼ』に似ていますね。
『田の神さぁー』の案山子たちと、今風の衣装のお母さんと子供たち・・・、
作品としてだけでなく、鳥や動物たちからも田んぼを守っているのでしょうね。
どの案山子を見ても楽しくて、ほのぼのと癒されるものばかりですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか あるブロ友さんもご紹介されているのですね
18回と回も重ねていますので関西ではかなり有名に
なっているようですね NHKのニュースでも取り上げて
いましたからね 22日が投票日でしたのでその日の夕方
だったと思いますが遣っていました
私の記事以外にも勿論多くの案山子がありましたが
その中から私の想いでこれだけ選ばせて戴きました
「でいたらぼっち」初めて聞いた言葉ですが何処かの
故郷の神様ですか?
昨年は巨大な仏様でしたね
丁寧なコメント有難うございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53371172

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その3 案山子:

« 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その2 棚田 | トップページ | 東南アジアの絵本見て »