2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽) | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(黒部渓谷トロッコ列車) »

2013年9月12日 (木)

黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(弥陀ヶ原)

 前回は、弥陀ヶ原ホテルから見た雲海に沈む夕陽を紹介しましたが
今日はホテルの周りをご覧ください。


640x640_rect_12854156

↓2枚は前日の17時台に撮っています。

049

高所に位置するため、11月頃から7月頃まで雪に覆われ、この日の積雪は6メートルとの事です

048

 弥陀ヶ原は富山県中新川郡立山町芦峅寺(あしくらじ)にある高原で、
中部山岳国立公園内にあり、標高は1,600mから2,000m程度と言われています。
 立山の麓から常願寺川水系称名川の左岸にかけて、東西4km、南北2kmに広がる溶岩台地で、立山カルデラとなった火山の噴出物によってできたと考えられています


087

朝の5時46分ホテルの窓から撮っています。
昨日の雲海に沈む夕陽とほぼ同じ場所です
一人の男性が杖らしきものを突いて、ゆっくり足元を確認しながら歩いておられます。
 前日の雲海に沈む夕陽も、今朝の光景も多分二度と見られないのではと
思いながら暫く見つめていました。

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽) | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(黒部渓谷トロッコ列車) »

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
弥陀ヶ原は有名ですが火山の噴出物によって出来たのですね
長年の自然の営みの不思議さに感動します
標高が1600mは想像外ですが
積もった雪が凍てついていますね

朝の5時46分の風景
昨日とは全く違った様子
しーんと心に染み入る風景
男性らしき人の姿に魅入っています
上手く表現できませんが
古都人さんの想いが凝縮されたような
想いが伝わってくるような
素晴らしい写真です

古都人さん
 おはようございます
標高1600m以上に位置する弥陀ヶ原
積雪6メートルは想像も出来ません
凍てついているように見えますが
この上を歩くのは躊躇しますね
 そして早朝5時46分の光景
昨日の雲海に沈む夕陽の写真はこの様な場所だったのですね
心に染み入るよう
男性?が歩いておられる姿が何とも風情が有って好いですね
まるで一枚の絵を見ているような・・・・

 >前日の雲海に沈む夕陽も、今朝の光景も多分二度と見られないのではと
思いながら暫く見つめていました<
私も全く同じ気持ちで拝見しました

古都人さん
  おはようございます

弥陀ヶ原はバスで通ったような気がします。
この雪は毎年こんなに残っているのかしら?

昨日旅行社の冊子を見ながらなかなか
行動出来ない自分にいらついていました。

こんなに別天地のような雪の景色が真夏に
見られるなんて素晴らしいところですね。

最後の写真の光がさしかかってきた所も素敵ですね。

古都人さん
おはようございます。
まぁ~何と素晴らしい眺めでしょう~
こういう景色を目の前にすると自然のなせる業に
ただただ感激と感動の気持ちになりますね。
雲海に沈む夕日に神秘を感じまた
同じ所でも朝と夕では違う顔が見れるって
素敵ですねぇ~
いいところへお出かけされましたねぇ~
おかげ様で見せていただけました~
いつもお心にかけて下さって感謝しています。

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
雪は凍てついていて普通には歩けませんでした
ホテルの周辺は歩けるようになっていましたが
少し外れると滑りそうで歩けませんでした
ホテルの窓から外を眺めていて
男性の姿に惹かれました
共感して頂いてありがとうございます

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
毎年雪は残っているそうです
雪の景色を真夏に見られる弥陀ヶ原は素晴らしい所でした
正直何処をどのように撮れば好いのか迷いましたが
やはり最後の写真が一番気に入っています

毎日お忙しく過ごしておられますがお勧めします

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
今回の旅は感動の連続でしたが
やはり自然のなせる業は感動と感謝でした
同じ場所でも前日の雰囲気と翌朝では
全く違った表情でこれもこちらの魅力ですね

こちらこそありがとうございます

古都人さん   こんばんは
標高1,600mから2,000m程度
火山の噴出物によって出来た溶岩台地など
全てが想像出来なくて、火山の凄さ恐ろしさを感じます。
積雪6mも想像つきません。
素晴らしい雪景色ですね~
先日のホテルの裏庭の木々の緑を拝見した
時との違いに魅せられています。
窓越しのお写真は難しいと思いますが、
素敵にお撮りに成りましたね。
雲海に沈む夕陽、自然の素晴らしさに感動です。
神秘的で美しいですね~ うっとりです。
時の経過と夕陽の美、素晴らしいお写真を拝見させて頂きました。
同じ位置からの朝の光景、ひんやりと澄み渡った中での
素晴らしい展望が清々しく届いてきます。
感動の旅と成った事でしょうね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
雲海に沈む夕日の次は、朝の光景ですね。
さすが弥陀ヶ原!雪の大地ですね。
何度も旅番組でこの様子を見ましたが、実際に目の当たりにすると感動ものでしょう!
積雪6m? (゚o゚)スゲェ!
これらの景色、ヒマラヤやアルプスにも決して負けない日本の山岳風景ですネ!

すみれさんへ
お早うございます
そうですね 今回の旅は感動の連続でした
やはり高い山の積雪は凄いです
私も6mの積雪は想像を絶するものです
雲海の夕日と言い 一面の銀世界と言い
自然の素晴らしさに酔っていました
何時もの事ですが丁寧にご覧戴き嬉しいコメントを有難うございます

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 雲海の夕日に続いて
雪の世界の朝の光景でした
そうですか ヒマラヤやアルプスにも
ひけをとらない日本の山岳風景を
私は見ることが出来たのですね
大変嬉しく思います
有難うございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52010533

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(弥陀ヶ原) :

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽) | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(黒部渓谷トロッコ列車) »