2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その3 案山子 | トップページ | 何時もと違った「南禅寺塔頭・天授庵」 »

2013年9月27日 (金)

東南アジアの絵本見て

京都市国際交流会館で開催されていた「世界の絵本展、東南アジア 海はるかものがたり」を拝見しました。

012

世界の異文化への理解を深めようと1992年から毎年テーマを変えて行われているとの事です。
 今回は、京都市に約2千人の留学生らが住んでいることから東南アジアを選ばれたとの事。
昔話や現代作品200点の展示です。


ご紹介するのはその中の極一部です。

035


036


044


絵本も珍しく興味深いものが多くありましたが、子供たちの描いた絵が印象的でした。

0161

                                 ミャンマー


0371
    
                                  フィリピン

0381

                     マレーシア

0651

         そして 日本 です

子供たちのどの絵も、愉しく生き生き描かれていると思いました。

 

 

« 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その3 案山子 | トップページ | 何時もと違った「南禅寺塔頭・天授庵」 »

作品」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
京都市国際交流会館のロビー 好いですね
皆さんが其々に寛いでおられますね

私も絵本は勿論ですが
子供たちの描いた絵の可愛い事
私は訪れた事の無い国ですが
そこで暮らして居られる方達の様子が
生き生き描かれていて愉しくなりますね
さすがに皆さんお上手です
愉しく拝見しました

京都市国際交流会館では色々な催しがされているのですね
一度お訪ねしたくなりました

古都人さん
 おはようございます
古都人さんの行動範囲の広さと元気さに
まず驚いたり感心したりです
京都市国際交流会館のロビーで真夏に避暑も兼ねて
アイスコーヒーを戴いたことが有りますが
何となくノンビリしてホッと一息つけました
そして色々なお国の言葉が聞えて来て
意味は解らなくても外国の方と交流が出来たら好いなあと思いました
せめて、英語圏の方と。

東南アジアの方達の生活
子供たちの絵、私には未知の国ですが日本以外は(笑い)
愉しくて仄々暖かい絵ですね
大人たちの暮らしもよく見て感じ取っていますね
子供たちの絵を見ていて”絵には国境は無い”の思いを強くしました


古都人さん   
おはようございます

今日もなんだか雰囲気がよく似ていますね。
古都人さんとはよく似ているのでしょうか。

絵本は図書館でも見ていますしそうちゃんのが
家にあるので楽しいですね。
ことに海外の子の絵は素直でいいですね。

日本の子のいるかの絵も楽しいですね。

古都人さん
おはようございます。
海外の子供たちの感性豊かな絵に見とれています。
子供の素直な目って素晴らしいです。
色使いも良くて素敵ですね
素直に描けるのは、見ていても文化の違いが
あっても惹きつけられますね。
いつもご心配いただいてありがとうございます。
お返事が書けていないのにすみません。
こちらでお話させて下さいね

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
京都市国際会館のロビーは何時行っても誰が行っても
普通に受け入れてくれる所です
今回は絵本を見る目的だったのですが
子供たちの絵に魅入ってしまいました
是非お訪ねしてみてください
庭の緑を眺めながらお茶を戴くのも好いと思います

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
今朝拝見して私も同じことを思いました
似ていますね

絵本を見る目的だったのですが
子供たちの絵に魅入ってしまいました
やはり子供の感性、上手く描こうと思わないで
思った事見たままを描いているのに惹かれました

ムームーさんへ
 お早うございます
絵描きさんのムームーさんがご覧になられても
やはり子供たちの絵は素晴らしいと思われるのですね
そうですね
子供の素直な目は素晴らしいですね
絵に国境は有りませんね
 お忙しい日々を送っておられるムームーさん
その合間を縫ってのコメント
嬉しく拝見しています

古都人さん、こんにちは~♪
京都市国際交流会館では皆さんゆっくりと
寛がれていますね。館内の和風de可愛い感じが良いですね。

英語の絵本はよく読んだり見たりしますが
東南アジアの絵本は初めて見ました。
Baby Panda 以外はどこの言語かも全く
分かりませんが、エキゾチックな雰囲気が素敵ですね。
でもなんといっても素晴らしいのは子供たちの絵ですね。
それぞれの国の生活が生き生きと描かれ、よく伝わってきます。


↓棚田の案山もよくできていますね。
どれもほのぼのとして、見ているだけで楽しくなります。
コンテストなので投票しないといけませんね。
私だったら「彼岸花に囲まれてご満悦の神様」かな・・・
ちょっとですが、自分を見ているような気がします。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
こちらは何時、誰が訪れても好いのですよ
今年の夏は暑すぎましたので
避暑を兼ねて時々行っていました

東南アジアの絵本は初めて見ましたが
これぞ国際交流の場での展示だと思いました。
やはり子供達の生き生きとした絵に惹かれますね
彼らの暮らしの一部でしょうがよく描けていますね

棚田の案山子コンテストもご覧戴きありがとうございます
hiroさんは少しご満悦の神様に似ておられるのですね
多分、ふくよかな方なのでしょうね

こんばんは
子どもたちの絵の明るい色使いと素直な構図は
万国共通のものですね。
とても心和みます。
なかなか外国の子どもの絵には
お目にかかることがないので
楽しく眺めています。

国際交流会館は
誰でも利用することが出来るんですね。
ちょっと一休みのときに使わせていただこうと思います。

こんばんは (◎´∀`)ノ
東南アジアは世界的に見るとまだまだ貧しい国が多い地域。
このような絵本があっても目にする機会がない子供たちも多いと思います。
これをきっかけに、その様な地域で暮らす子供たちに絵本を贈る運動につながれば・・・と思います。
子供たちが描いた絵、それぞれのお国柄を表現しているようにも見えます。
ミャンマーの子の絵は、色遣いや細部に至る模様まで素晴らしいですね。
他の国の子供の作品も、子供ならではの素直で素朴な視線で描かれたのでは?と感じる作品ばかりです。

↓記事のコメレスからです。
『でいたらぼっち』ですが、『浜乙女』のコマーシャルに出ている巨人で、関東に広く伝わる伝説だそうです。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 色彩豊かな絵本ばかりでした
流石 国際交流会館ならではの企画と展示
でしたね
そうですね 交流会館の場所は比較的判り易い
場所です
無鄰菴へ行かれたことが有りますからご存知ですね
静かな雰囲気で落ち着きます 
お庭を見ながら休憩には最適かと思います

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 東南アジア地域は最近目覚ましい経済的
発展を遂げているようですがまだまだ庶民段階では
豊かさは行き渡っていないことでしょう
しかし子供向けの絵本や絵には色彩の豊かさや
明るさを感じます
絵にはその国柄が出ている様に思いました
「でいたらぼっち」についてのお返事 有難うございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53106976

この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジアの絵本見て:

« 飛鳥 棚田と案山子と彼岸花と その3 案山子 | トップページ | 何時もと違った「南禅寺塔頭・天授庵」 »