2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都府北部・丹後半島のバス旅 その3 経ケ岬など | トップページ | 京都 無鄰菴を拝見しました 建物編 »

2013年9月 1日 (日)

京都・二条城の唐門の修理が完了しました

 京都・二条城の「二の丸御殿・唐門」の修理が完了し、8月28日から公開されたと聞き、早速拝見に出掛けました。
 京都市が、二条城の文化財の修理を、2011年から20年間の予定で進めている、その第1弾となります。

002a

ここは、「東大手門」を入って、突き当りを左折したら、直ぐ右手にあります。
「二の丸御殿」(奥に見えるのが、その玄関です)の正門としての「唐門」(からもん)です。
見事に再生していました。その事を知ってか知らずか、大勢の見物の人が来ていました。

 近付いて見ましょう。

005a

唐門の内側・上部を見ています。
金箔は1万枚以上を使用し、約1600か所もの破損個所を修理・復元されたとのことです。
また、極彩色の彫刻は、江戸時代の姿を取り戻したとされています。
この場所から見た時には、上・中・奥と3段に、見事な装飾が見られます。

030a

横から見たところです。
右手は、普通の築地塀の部分です。横と言えども、しっかりと装飾がなされています。

装飾の部分を、2つ大きくして、ご覧戴きます。

007a

左に龍が、右に虎がいます。双方睨み合っています。「龍虎」の争いでしょうか。
どちらも強い者の象徴的存在です。やはり武家の城と言うことでしょうか。

010a

こちらは「唐獅子」ですね。何だか変なポーズをしています。
左足は前に出して踏ん張っている様です。右足で自分の頭を支えている様に見えます。
右下は尻尾と思われます。何をしているのでしょうね。

014a

「唐門」をくぐって中に入ってから、内側から門を見ています。
こちらも見事な装飾が見られました。

二条城は、徳川家にとっての儀式の場所と言えます。
「二の丸御殿」は、3代将軍・家光のための大改造が行われたところで、
その時の作事によってほぼ出来上がったもので、国宝に指定されています。

« 京都府北部・丹後半島のバス旅 その3 経ケ岬など | トップページ | 京都 無鄰菴を拝見しました 建物編 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
NHKのニュースでチラッと見ましたが素晴らしいですね
何と豪華
先ほどから魅入っています
二条城の文化財の修理が行われているのは知っていましたが
唐門の修理が第1弾だったのですね
1万枚以上の金箔
極彩色の彫刻は江戸時代の姿に・・
流石に国宝の二条城
改めてその偉大さを思います

古都人さんがあらゆる方向から
余すことなくその美しさを撮っておられますね
龍と虎の闘い?が正しく始まろうとしていますね
唐獅子も愉快ですね
感動しながら拝見しました
二条城はお蔭さまで無料で入場できます
是非拝見させて戴きます

京都に住まいして好かったと思います
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
 おはようございます
素晴らしい極彩色の彫刻
唐門がこんなに綺麗に修復されて正直驚いています
金箔1万枚以上で約1600カ所もの破損個所の修理
復元までに相当の時間が掛かったのでしょうね
見事な装飾に魅入っています
流石、京都、流石、国宝の二条城
私は二条城が大好きで四季に訪れていますが
猛暑の今年は行く勇気が無くて一度も行っていません
この見事な唐門を拝見したいです
出来るだけ早く
焦っています(笑い)
 古都人さんはいつも一歩前を歩かれていますね
私も負けず?に後を追いかけましょう
修復の為の一口募金が行われていますが
他府県の方の募金が多いと聞いています
募金しなければ市民として恥ずかしいですね

 お早うございます
何と素晴らしい
極彩色の彫刻は想像していた以上に美しく
豪華ですね
 これは必見の価値が有ります
是非拝見したいものです
何時もながら古都人さんの写真は見事ですね
感心しながら拝見させて貰いました
ありがとうございます 

古都人さん
おはようございます。
まぁ、素晴らしいですねぇ、こんなに美しく
華麗に修復されたのですね。
見事な装飾にため息が出ます。
国宝の二条城!!
さすがですねぇ~
京都って宝がそこらじゅうに散らばっていますね。
しばらく二条城は出かけていませんの。
見せて貰えて行った気分になりました。
いつもありがとうございます。

こんにちは
古都人さんがうらやましい~
京都に住んで
「ちょっと二条城に行ってこよう」と言ってみたいです!
二条城周辺は空が広く見えて大好きな景色です。
10月が待ち遠しいです。

やはりニュース性がある所って
生き生きして見えますね。
唐門の色彩が一層鮮やかで素晴らしいです。

こんにちわ~
  古都人さん

この色をこの様子をしっかり見せていただきたいと
思ったら今になってしまいんした。
二条城の唐門の修理が完了とのこと
素晴らしい色をしていたのですね~

龍も虎もしっかりわかりました。
徳川の栄光がここに・・・ですね。

ちょっと行ったら京都のお寺を歩ける所にいる
古都人さんは羨ましいです。

今朝は雷雨でした。
またお出かけが駄目になりました。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 正に豪華絢爛の一語に尽きます
やはり徳川将軍家の力をまざまざと見せ付けられた
感じがします
写真では奥深さが表現出来ません
是非実物を間近にご覧くださいませ
私も同様の入城可能人間です
もう一度も二度も見たいと思っています

1京都人さんへ
こんにちわ
そうですね 是非実物を間近にご覧戴きたいと
思います
なお一層の感動が得られることと思います
その時は門の横にもご注目ください
面白いものも見られますよ
写真はまだまだ未熟です
さらに精進しないとと思っております

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 正に豪華絢爛の唐門でした
細かいところまで見ていますと何時までも
見飽きることなく見入って仕舞います
彫刻のモチーフはどんなところから
取り上げられているのか そんなことも
考えながら見ていました
色んなものが彫刻されています
こちらこそ何時も有難うございます

雅美さんへ
こんにちわ
そうなんです 地下鉄東西線で乗り換えなしで
行けるのです 「二条城前」で下車です
地上に出るともうそこに二条城があります
10月にお出での際には是非ここもご覧
下さいませ 唐門だけで結構ですから
東大手門(正門)を入って直ぐですから

hirugaoさんへ
こんにちわ
何度かお出で頂いたのですね
ありがとうございます
そうですね 創建時の色彩に戻って修復された
とのことです
極彩色の鮮やかさが見事でした
機会がありましたら是非実物をご覧戴きたいと
思います
正面も反対側も そして両横も 楽しいものが
一杯目に飛込んで来ますから
こちらもお昼前から雷雨でしたがもう雨は上がっています

古都人さん  こんばんは
豪華絢爛な極彩色の彫刻に魅入っています。
金箔1万枚以上の輝きと彫刻美、
徳川家の力、江戸時代の姿に・・・
江戸時代に携わった方の巧みな技が素晴らしいです。
龍と虎、双方の睨み合いは、武家の城らしいです。、
唐獅子の姿を暫し見詰めてしまいました。
顔の表情が?で、何か意味ある
ポーズなのでしょうね。
お写真、鮮明に素晴らしくお撮りに成りましたね。
見所を捉えた的確な角度のお写真と
説明文はさすがだと思います。
素晴らしい国宝二条城、国内だけでなく
海外の方にも多くご覧頂きたいですね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
これは「見事」というほかありません。
かつての姿を復元したとのことですが、だとしたらその時代の人々はこれを見て、どれほど驚き感嘆したことでしょう。
きらきらと輝く金箔に極彩色で彩られた彫刻、誰もがこの門の手前で立ち止まり、しばし見入っていたのでは?と想像できます。
もちろん現代の人々も同じ思いで見入ることでしょう。
まだ公開されたばかりの唐門、京都へ行かずと拝見させていただき、ありがとうございます。

すみれさんへ
お早うございます
そうですね 日光東照宮の日暮門には及びませんが
こちらも豪華絢爛の唐門でした
彫刻して彩色するまでの工程は想像を絶する
ものがあります
徳川家の威信を掛けた造営工事だったことでしょう
二の丸御殿も造営している訳ですから
機会がありましたら是非一度ご覧戴きたいと思います

慕辺未行さんへ
お早うございます
徳川幕府3代目の将軍・家光は日光東照宮と言い
ここ二条城の二の丸御殿や唐門などの造営と言い
凄い工事を遣ったことに驚きです
勿論 各大名に手伝いを命じてはいるのでしょうが・・・
当時はこの様な技術が相当に高まっていたのでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/53073526

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・二条城の唐門の修理が完了しました:

« 京都府北部・丹後半島のバス旅 その3 経ケ岬など | トップページ | 京都 無鄰菴を拝見しました 建物編 »