2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「立山・黒部アルペンルート」 | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(弥陀ヶ原) »

2013年9月11日 (水)

黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽)

 前回の続きです。
二泊目に宿泊した弥陀ヶ原ホテルの標高は1,930メートル。
中部山岳国立公園、第一種特別地域にあり、建物の位置、面積、高さ、外観など自然保護のたてまえから、周囲の景観を阻害しないよう厳しい規制のなかで建設されているとの事です。
 この日は幸運にもホテルのレストランからガラス越しですが、雲海に沈む夕陽を見ることが出来ました。
前日に来られた方はこの風景を見られなかったとのことで、幸運でした。


057

                18時41分

060

               18時51分

066

                 18時59分

070

              19時02分

075

               19時04分

079

                19時05分

081

                19時08分

感動しながら、皆さんと愉しく撮りましたが、「目に悪いなあ」同感でした。

 

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「立山・黒部アルペンルート」 | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(弥陀ヶ原) »

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
息を止めて唯、見つめています
これが雲海に沈む夕陽なのですね
何と美しい
何と素晴らしい
ガラス越しの撮影とは思えない
時間の経過と共に変わりゆく姿
海や琵琶湖に沈む夕陽は見たことが有りますが・・
空を染めて雲海の中?に沈んで行く太陽
雄大な眺めですね
感動をありがとうございます

感動しながら皆さんと撮られている姿が目に浮かびます
確かに目に悪いですね
大丈夫でしたか?

古都人さん
 おはようございます
これは素晴らしいですね
神秘的にさえ見えます
勿論!私は見たことが有りませんが
古都人さんの幸運のお裾分けを戴きました
もし天候が悪ければ見られなかった光景ですね

時間の経過と共に刻々と変わる様子
空を染めて雲海に沈む夕陽
どの写真も素晴らしいです
自然の偉大さ、素晴らしさに唯・唯感動です
何度もスクロールしながら拝見しています
ご紹介ありがとうございます

おそらくカメラを見続けておられた古都人さん
目は大丈夫でしたか?

古都人さん  
おはようございます

まあ、素晴らしい雲海ですね。
やはり写真を撮るのも忘れるほどでしたね。
だんだん沈んでいくとい様子を見ながらの撮影は
ほんと目によくないですよね~

体調良くなられたようで安心しました。

いつも応援ありがとうございます。

古都人さん
おはようございます。
わぁ~素晴らしいですねぇ~
雲海に沈みゆく夕陽、何と神秘的で感動の
時間でしょう。
ため息をつきながら写されたことでしょう。
私までワクワクします、そこにご一緒してる気分に
なれます~♪
目に悪いのに、そんなことを忘れていますねぇ~
綺麗で優美で感動的な夕陽を見せて
いただいて嬉しくなりました。
いつもありがとうございます。

古都人さん、おはようございます♪
雲海に沈む夕日。
なんて感動的なシーンなのでしょう。
あまりの美しさにただうっとりと拝見しました。
このように美しい景色は映画『剣岳』以来です。

古都人さんは運が良いですね。
これも日頃の行いでしょうか。
素晴らしい夕日を見せていただき感謝、感謝です。

taekoさんへ
 こんにちわ
そうですね
今回は本当に幸運でした
やはり天候に恵まれた事ですね
ホテルの方が雲海に沈む夕陽をタイミングよく見る事は難しいと
言われていました
目は暫く開けているのが辛かったですがいつの間にか治っていました

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
初めての経験で感動しました
ホテルの方も幸運ですよと言われていました
写真を撮るのを忘れるくらいの素晴らしさでしたが
二度と見る事の無い風景・感動でした
目には決してよくないですね
身体のこと、ご心配戴いてありがとうございます

ムームーさんへ
 こんにちわ
そうですね
ムームーさんも琵琶湖の素晴らしい夕陽を撮られていますが
多分同じ感動だと思います
溜息をつきながらの撮影は私にとっては
初めての経験でした
そして最後の経験になるだろうと思います
喜んで戴いて嬉しいです
こちらこそいつも素敵なコメントありがとうございます

hiroさんへ
 こんにちわ
今回は天候に恵まれて思いがけなく雲海に沈む夕陽を見ることが出来ました
自分の人生の中で最初で最後の出会いだと思います
一緒に撮影していた人達と誰の行いが良いのか
と話していましたが
少なくとも私では有りません
日頃の行いはご一緒された皆さんのお蔭でしょうね
こちらこそありがとうございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
何と神秘的な光景 !! ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
雲海を見る機会そのものが少なく、このような光景に出合うのは一生のうち何度もあることではないですよね。
若いころ、北アルプスや御岳などの山小屋に泊まったことはありますが、このような雲海や底に沈む夕日を見たことはありません。
ヒマラヤでは雲海を見たことはありますが、しかし、やはりこのような光景を見たことはありません。
本当に素晴らしい光景拝見させていただきました。
ありがとうございました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか 多くの山々に登られている
慕辺未行さんでも余りご覧になっていない
光景だったのですね
私は貴重な体験をしたことになるのですね
改めてその凄さに嬉しくなりました
有難うございます

こんばんは
これはもう言葉もありません。
自然からの贈り物に感謝するしかありませんね。
古都人さんの感動がひしひしと伝わってきます。
私も京都で何かに感動するたびに
この体験は最初で最後になるかもしれないと思います。
一瞬一瞬を愛おしく感じます。

確かに目には悪いですね。
くらくらしたでしょう。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 自然の力と言うのは凄いですね
自然現象との一期一会 大切な思い出に
なりますね
雅美さんも京都での一期一会を沢山創って
くださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52010346

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽):

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「立山・黒部アルペンルート」 | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(弥陀ヶ原) »