2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今宮神社と2軒のあぶり餅 | トップページ | 京都・洛西地域を歩く その1 竹の径など »

2013年9月19日 (木)

「仁丹」町名簿 佐々木酒造へ

  京都の造り酒屋は現在伏見が盛んですが(全国2位の生産量)、
佐々木酒造は洛中に唯一残る酒蔵です。
そして1893年(明治26年)佐々木次郎吉が創業の老舗です。


050

豊臣秀吉の邸宅・聚楽第のあった場所に位置し、良質の地下水に恵まれた環境に有ります。
この地域には和菓子の塩芳軒沢井醤油店も有りますが、いずれも良質の地下水のお蔭だと言われています。
 

又、佐々木酒造は俳優佐々木蔵之介氏の実家としても有名です。
俳優さんが京都へ来られた時は、こちらで日本酒を買い求められるそうです。


055

 千利休が茶の湯にも使ったといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水とし、
全ての酒を洛中伝承の技法で製造されています。
 主力商品「古都」は川端康成が「この酒の風味こそ京都の味」と、自身の著作『古都』の作品名を揮毫したものです。


052

川端康成は京大名誉教授桑原武夫に「古都という酒を知っているか」と尋ね、知らないと答えた桑原にこれを飲ませようと、寒い夜にもかかわらず徒歩30分かけて買いに行ったと言われています。
 今年の夏は、ノンアルコール醸造飲料「白い銀明水」をよく飲みました。
京都大、京都府立大、京都工芸繊維大などと共同で開発していたもので
京都産米を使った米由来の甘味に梅エキスのすっきりした味わいが気に入りました。

020

そんな佐々木酒造の外壁に、京都市内に残る仁丹の町名表示板が掲げられました。
 この町名表示板がインターネットで売買されているのを見た女性が、元の場所に戻したいと購入し、「楽會」を仲介して佐々木酒造の蔵の外壁に掲示してくれるよう依頼し、快諾されたとの事です。

 仁丹の町名表示板はネットオークションで人気があり、数万円で取引されているそうですね。

 

« 今宮神社と2軒のあぶり餅 | トップページ | 京都・洛西地域を歩く その1 竹の径など »

京町家・お店」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
懐かしいです
嬉しいです
もう何年前になりますか
何も知らずにここら辺りを歩いていて
見つけたのが佐々木酒造でした
カルチャーショックを受けました
今でもこんな酒蔵が有るのか!
それからこの辺りを散策するのが大好きになりました
そして後から佐々木蔵之介さんのご実家と聞いて
更に知人がこちらのすぐ近くで
蔵之介さんとは幼馴染でご両親のお人柄も聞いて
ますますファンになりました
お酒は多くは戴けないのですが
お正月はこちらの聚楽第ともう一種類を通販で買います

仁丹の町名表示板が貼られたのですね
これは是非見たいです


古都人さん
 おはようございます
ここが佐々木酒造だったのですね
そして歴史の有る、洛中に唯一残る由緒の有る酒蔵だったのですね
そして佐々木蔵之介さんのご実家
私は蔵之介さんのファンで
佐々木酒造はどこに有るのか?と思っていました
しっとりとした佇まいですね
やはりこちらも良質の地下水に恵まれているのですね
一度こちらの”聚楽第”を戴いたことが有りますが
口当たりのやわらかい美味しいお酒でした
昨年の夏に初めて白い銀明水を飲みました。
地域の集まりでジュースの代わりに出されたのですが
病み付き(笑い)になるお味でそれ以降もよく買っています

先日ご紹介されていましたが
仁丹の町名表示板はこちらにも最近掲げられたのですね
この町名表示板を参考に地図で探してみます
ご紹介ありがとうございます

古都人さん
おはようございます

歩いてみたい場所ですね~
そろそろお酒の美味しい頃でしょうね。

古都の命名も何か優雅な感じがいたします。
お水がいいところにはいろんなものが作られますね。

利休さんもお醤油もなのですね。
そろそろ街歩きも良くなりましたね。

古都人さん
おはようございます。
由緒ある土地にありますね。
初めてあの俳優さんを見た時素晴らしい
って思いました。
素晴らしい家で作られたお酒いいですねぇ~
いい水があればこそ成り立つお仕事ですね。
お酒が大好きな父に飲ませてあげたかったです。
仁丹の町名表示板素敵です、マニアには
たまりませんね。
古都人さんいつもありがとうございます。
新しいパソコンはまだノートンさんも
フォトショップも入れてないのです。
壊れかけのパソコンが立ち上がるのも
時間がかかりますの。

taekoさんへ
 こんにちわ
taekoさんは佐々木酒造のお酒と蔵之介さんのファンだったのですね
白い銀明水も既に飲んでおられたのですね
私は今年の夏初めて戴いたのですが爽やかなで美味しいですね
 解りやすい場所です
是非、歩いて下さい
ここの近くには山中油店も有り
静かで落ち着いた佇まいの家並みが続きますよ

hirugaoさんへ
 こんにちわ
そうですね
ここら辺りは昼間でも静かな佇まいです
京都は街中から一筋入るだけでそこは全く違った世界?です
こちらのお酒は昔からの伝統を守っておられて
口当たりがやわらかくて爽やかなお味がします

平安時代から地下水が豊富で美味しく
お酒に和菓子・豆腐・醤油等様々なお店が集中しています

ムームーさんへ
 こんにちわ
私も初めて佐々木蔵之介さんを見た時素朴な俳優さんのイメージでした
そうですね
由緒の有る土地に良質の地下水
静かな佇まいの酒蔵は絵になる風景です
お父さんも日本酒がお好きだったのですね
仁丹の町名表示板はマニアに盗られない様に
しっかり金具で打ち付けて有りました(笑い)
 やはりパソコンで苦労されているのですね

こんばんは
10月の京都旅は
ホテル予約に難航し
なんとか西院のホテルがとれたところです。
佐々木酒造の町名表示板に西院とありビックリしています。
なんてタイムリーな記事なんでしょう!
うれしくてニコニコしてしまいます。
西院あたりは全く知らないので
どんな町なのかと思っていたら
こんなに良いところがあるんですね。
白い銀明水、飲んでみたいです。
古都人さんの表現がとても美味しそうです。

雅美さんへ
お早うございます
そうでしょうね 10月は京都も観光シーズンになりますから
宿の予約にご苦労されたのですね 済みませんね
多分ホテルを予約されたのは西大路通四条のことを
普通言いますので佐々木酒造がある西院町とは場所が
違います 西大路四条は阪急電車の西院駅や嵐電の西院(さい)
駅などがあるターミナル的な町です 近くに春日神社があります
どこへ行かれるのにも交通の便は良いところです
「白い銀明水」はカルピスに近い味でした
一度ご賞味くださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52630086

この記事へのトラックバック一覧です: 「仁丹」町名簿 佐々木酒造へ:

« 今宮神社と2軒のあぶり餅 | トップページ | 京都・洛西地域を歩く その1 竹の径など »