2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「白馬八方温泉」 | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽) »

2013年9月10日 (火)

黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「立山・黒部アルペンルート」

 前回の続きです
立山・黒部アルペンルートは
 北アルプス・後立山連峰と立山連峰を貫き長野県と富山県を結ぶ
延長100キロメートルにおよぶ山岳観光ルートです。
 立山黒部観光の無軌道
電車線(立山トンネルトロリーバス・室堂~大観望間)は国内で一番高い所を走ります。
立山トンネルの路面標高は、2424、3mもあります。

015

私たちが乗ったトロリーバスですが開業50周年との事でした。

 黒部ダム
黒部ダムは、黒部川水系黒部川に建設されたダムです。
ダムに貯えられた水を利用している発電所が黒部川第四発電所(黒四)であることから、黒四ダム(くろよんダム)と呼ばれることもあります。 
7年の歳月と延べ1.000万人の人力をつぎ込み、513億円の巨費をつぎ込んで1963年(昭和38年)に完成した日本最大、世界でも有数のアーチ式ドーム超流型ダムです。
 高さ186m 長さ492m の巨大なダムは、貯水量 2億 トン
発電能力は33.5万 kwの能力があります。
 テレビや映画でも紹介されましたね。

023

ダムの堰堤です

017

ダム湖と立山連峰

038

そして立山雪の大谷

040

標高2,450mの立山室堂平は、世界でも有数の豪雪地帯で、約8mもの積雪があります。
その中でも「大谷」は吹きだまりのため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。
ここを通る道路を除雪して出来る約500mの雪の壁の区間を「雪の大谷」と呼んでいます。
6月以降も10m以上の雪の壁が残ります。

042

気温7度C
積雪 15メートル の標識が出ていました。

平地より15度以上気温が低いとの事で「上着や毛糸のセーターを着用するように」と事前に注意にされました。



« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「白馬八方温泉」 | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽) »

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
素晴らしい眺めですね、こういうものが作れたと
感心と感激の気持ちいっぱいになりますね。
私は遠方から眺めただけだから
こんな風になってるのは知りませんでした。
古都人さんはこうしてまじかで見られて
良かったですねぇ~
いつもお心にかけて下さってありがとうございます。

古都人さん
 おはようございます
立山・黒部アルペンルートは有名ですね
国内で一番高いところを走る・・・
ワクワクドキドキします
黒部ダムの建設は映画で観ましたが
実際に見たことは有りません
ダム湖と立山連峰 
クッキリ澄んだ青空に映えて素晴らしいです

凄~い
これが雪の大谷なのですね
これが有名な雪の壁なのですね
積雪15メートル
感動の世界です
↑のムームーさんも言われていますが
全く同じ気持ちです
他に言葉が見つかりません

この場所におられる古都人さんが羨ましいです

古都人さん
 おはようございます
何と綺麗
何んと素晴らしいですね~
ここが有名な立山・黒部アルペンルートなのですね
青空は湖も全ての自然を輝かせてくれますね
古都人さんの気持ちになって
同じ目線で観光しています
「同じように感動しています」とコメントしたいのですが
実際にこの場に立たれているこの景色をご覧になっている
古都人さんの感動は想像も出来ません
羨ましいと思いながら
来年は積雪の有るうちに是非雪の大谷を歩きたいと痛切に思いながら
拝見しました


 おはようございます
立山・黒部アルペンルートは憧れのコースですが
未だに実現していません
想像以上の素晴らしさに感動しています
感動しながら撮られたであろう古都人さんの
気持ちが伝わって来るようです
写真は何時もの事ですが流石ですね

これからも愉しみに拝見します

ムームーさんへ
 お早うございます
そうですね
文字通り息を飲む眺めでした
遠方から眺められたとの事ですが
やはりこの場に立って眺めた光景は感動以外の何物でもありませんでした
天候も幸いしたと思います
こちらこそお忙しいのにお立ち寄り戴いてありがとうございます

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
立山・アルペンルートは有名ですが
この場に立って眺めたのは私には初めての経験でした
晴天に恵まれたのも幸運でした
写真で感動を表現するのの難しさを改めて思いましたが
喜んで戴いてホッとしています

1京都人さんへ
 お早うございます
拙いブログをご覧戴いてありがとうございます
そうですね
唯々感動しながら撮りましたが共感して頂いて嬉しく思います
今回の旅は天候に恵まれたのが何よりでした
この後3回続きますがご覧戴きます様にお願いします 

古都人さん   おはようございます


雪の大谷はこのコースで行けるのですね~
15℃も違ったらさぞかし涼しかったことでしょうね。
勿論、空の色も綺麗ですが特に水の色がなんとも綺麗でうっとりしますね。

体調が良くないとか・・・
どうぞお気をつけてね。

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
このコースがポビュラーのようです
涼しくて陽射しが気持ちよかったです 
この後も晴天が続きますが気候が左右しますね

ありがとうございます
体調はすっかり好くなりました

こんばんは ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
いよいよアルペンルートですね。
黒四ダム、子供のころから耳に馴染んだ名前です。
完成から50年経つのですね。
高度経済成長の時代、この山深い場所にこれだけの規模のものを造った人々に敬服します。
立山雪の大谷、TVの旅番組やツアー会社のパンフレットなど何度も目にしたことはありますが、
こうして改めて拝見しますと、スゴイ!ところですね。
大雪渓、雪の壁、青空とのコントラストが素晴らしいです (゚▽゚*)!
私もいつかは行ってみなければ!

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 今回の旅のメインディッシユと
言えますね
黒四ダム 余りにも有名ですね
そして雪の大谷と 感動の連続でした
そうですね 是非一度お出でくださいませ
ヒマラヤの山々を良くご存じの慕辺未行さんの
目にはどのようにご覧になるか
興味津々です

古都人さん、おはようございます♪
お天気にも恵まれ素晴らしいご旅行が出来ましたね。
私も同じコース、同じ時期に行きましたが、生憎の雨で
こんなに素晴らしい景色は見ることができませんでした。
その時はもう一度季節を変えて行ってみたいと思いましたが、
一度行ったところはなかなか行けないものですね。
お写真もポストカードにしたいくらい素晴らしいです。
ありがとうございました。

hiroさんへ
 こんにちわ
何時もの事ですが2回分のコメントを戴いてありがとうございます
hiroさんも同じ時期に行かれたのですね
私も雨は多いのですが今回は晴天に恵まれて幸運でした
そうですね
違う季節に行けば違った表情が見られるのかもしませんが
確かに同じ場所に2回は行けませんね
他に行きたい所はいっぱい有りますね


こんにちは
雪の白と空の青の対比。
すごいですね。
吸い込まれそうな青です。
テレビでは見たことのある雪の壁ですが
そこに立たなければ圧倒的なスケールを感じることはできませんね。
15度の気温差も体感しなければ想像もつきません。
天候が良くてよかったです。
私も早く京都に行きたいです。
ワクワクしたいです。

雅美さんへ
こんばんわ
そうですね まさに百聞は一見に如かず ですね
その現場に立った感動は写真や言葉では
現わし切れないものがありますね
ですが写真でどれだけ本物に近付けられるかも
また必要なことでしょうね
まだまだ未熟ですが少しでも感じて戴ければ
嬉しいところです
来月にこちらへお越しになるのでしたね
待ち遠しいことでしょうね
来月になれば京都も少しは涼しくなるのではないかと
思います 昨日・今日は34~35°Cです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52010114

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「立山・黒部アルペンルート」:

« 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅「白馬八方温泉」 | トップページ | 黒部ダム、雪の大谷・弥陀ヶ原、トロッコ列車などの旅(雲海に沈む夕陽) »