2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 日本の原風景を求めて その2 棚田と楠木氏 | トップページ | 京都・修学院離宮を参観しましたー1 下離宮 »

2013年8月 7日 (水)

企業グッズの歴史感じて 「通り庭ギャラリー京町」その1

 会社名の入った手ぬぐいなどを収集している男性が、明治から昭和の企業グッズを展示している事を地元新聞で知り出かけました。
 この日は、製菓会社をテーマにしたグッズ、昭和初期のものを中心に、
手ぬぐいやおまけのおもちゃなどが展示されれています。
 (その1)では、手拭いなど。(その2)では、おまけのおもちゃなどを紹介します。


074

↑が「通り庭ギャラリー京町」です。
事前に電話をして、写真を撮ることもブログで紹介することも了解済みです。

036

当日はオーナーの永田さんは留守でしたが、案内の女性に親切に説明して頂き、
京町家の空間で懐かしいグッズに囲まれて、ほっとするひと時を味わいました。

040


037


046


050

どれくらいの方が、これらを見て「懐かしい」と思われるでしょうね。

051


052

汚れているのもリアルで良いですね。

049

前田のランチクラッカーを見ると、条件反射のように”てなもんや三度笠”を思い出します。

053

こちらは、 町家を改装して貸しギャラリーを運営されています。
10年近く前から昔の企業グッズを収集されている永田さんが、
空き家だった自宅近くの町家を購入して改修し、2011年10月にオープンされました。
 貸しギャラリーとして、一般市民の絵画や書、陶芸などの作品展が定期的に催されています。
 絵手紙教室など、市民サークルの活動場所としても使われているとの事です。
 水田さんは「昔の企業物は作りがしっかりしている。
戦争の影響など歴史を感じさせるものもある」と魅力を語っておられます。
又、「貸しギャラリーも含めて、気軽に利用してほしい」と呼びかけておられます。
 今回の展示は7月28日まででした。
「通り庭ギャラリー京町」のHPですhttp://www.tooriniwa.jp/


京都市伏見区京町南八丁目95番5

月曜定休。
問い合わせは同ギャラリーTEL/FAX
075(612)6070。

 










 

« 日本の原風景を求めて その2 棚田と楠木氏 | トップページ | 京都・修学院離宮を参観しましたー1 下離宮 »

京町家・お店」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
うわ~好いですね
何とお店の名前のとおりの「通り庭ギャラリー」
オーナーさんの拘りが感じられます
素朴で懐かしい佇まいにホッとします
展示された手拭いの古さ(笑い)に時代が解りますね
どれも懐かしいですが゛
特にカルケットは憧れのお菓子でした
ビスケットでも無いクッキーでも無い
今はもう見られない味合うことの出来ない素朴なお味
そして前田のランチクラッカー
私も条件反射しています
懐かしく嬉しく拝見しました

 おもちゃなども愉しみです

古都人さん 
 おはようございます
何と私の大好きな佇まい
懐かしい空間に幼き頃を思い出しています
展示されている品
残念ながら(笑い)全てに記憶が有ります
嬉しいですね
 明治のドロップは噛まないでと母から言われましたが何故か噛んで
直ぐに無くなって寂しい思いをしたものです
前田のランチクラッカーは勿論!です
かっぱちやんのイラストの可愛さ
好いですね
バインは確かリング状でしたね
残念ながら?お味も全て覚えてるいる年頃です 

 古都人さん 
  
    おはようございます
  とても懐かしいものに出会えましたね。
オーナーのかたのこだわりが感じられるようです。
手ぬぐいは昔は良く頂いてましたが最近はありませんね。

分厚い前掛けこれも凄く懐かしいです。

こうして皆さんのために残されていてうれしいです。

明日も楽しみにしています。

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
正しくここはオーナーの拘りそのものです
手拭いの当時のままに懐かしさを覚えました
カルケットはあの淡い甘さが好きでした
前田のランチクラッカーは関西だけかも知れませんが
てなもんや三度笠で有名になりましたね

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
オーナーの方の正しく拘りですね
懐かしいものに出会えて嬉しい時間を持つことが出来ました
手拭いや分厚い前掛けは最近見かけなくなりました
手拭いは亡母が姉さんかぶりをして家事をしていた姿が思い出されます

古都人さん、こんばんは~♪
オーナーさんこだわりの品々、懐かしく拝見しました。
どの商品も馴染みがありますが、現在と
デザイン等がずいぶん異なっていますね。
缶入りの明治のドロップは小さい頃、私もよく食べました。
一日3個と決められていて、もっと食べたいと
母にねだったものでした。
箱入りのカルケットは娘や息子が赤ちゃんのころ与えましたが、
三角帽の子供が箱に描かれていたかどうかあまり覚えていません。
でも商品名を聞くだけで懐かしいです。
「てなもんや三度笠」は私もよく見ていました。
「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」
藤田まことさん、お若かったですよね。
カバヤのキャラメルは夫が懐かしがっていました。
おまけが入っているのが楽しみでよく買っていたそうです。
藍染の分厚い前掛けは子供のころ酒屋さんなどでよく見ました。
すべてが懐かしくて心が温まりました。
ありがとうございました。

こんばんは
前田のクラッカー!懐かしい!
小さいときはあまり好きじゃなかった記憶がありますが
今食べたらきっと美味しいでしょうね。
パイン飴は今でも駄菓子屋さんに売っているようです。

きれいな色でデザインも斬新な手ぬぐいが多いですが
ちょっと前までは藍色の模様で
実用的なものばかりだったような気がします。
私も亡き母が
姉さんかぶりをして庭を掃いていたことを思い出します。

hiroさんへ
こんばんわ
ご主人もご覧戴いたのですね
ありがとうございます
hiroさんのコメントを拝見して当時に思いを馳せています
そこそこ年齢が近いのか共感して頂いて嬉しいです
そうですね
どの商品もデザインが現在とは違っていますね
こちらは私にとっても心が温まる空間でした
藤田まことさんはお若いでしたね
嵐山で「主水」と言う、創作レスランを経営されていた時に
一度お目にかかったことが有りますが
その時に「てなもんや三度笠」の話を懐かしくしておられました。
笑いながら私もあの時は若かったと
こちらこそご覧戴きありがとうございます

雅美さんへ
 こんばんは
そうですね
前田のクラッカーは素朴な味で多分子供には
美味しくないお菓子だったでしょね
今はあの素朴さが美味しいと思いますが
バイン飴は駄菓子屋さんに売っていますか?
是非探してみましょう
手拭いは藍色一色でしたね
雅美さんのお母さんも姉さんかぶりをして庭を掃いておられたのですね
昔の女性は姉さんかぶりと割烹着姿が似合いましたね
母は新しい割烹着を「紋付や」と言っていました

古都人さん
こんばんは。
いつもお越し下さって優しい言葉をかけて貰えて
嬉しいです。
こちらは素敵なギャラリーですねぇ~
町家でこういう物が飾られると素敵です。
昔懐かしいものが飾られていいですね。
前田のクラッカー懐かしい、もしゃもしやしていますね。
パイン飴は良く食べました、最近飴を食べてないですわ。
懐かしい~
あの味美味しかったです。
伏見あたりは余り行きませんがいいところが
たくさんあり楽しめますね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
手拭いそのものが今では珍しく、懐かしいです。
ご紹介の手拭いに記憶はないのですが、商品は覚えていますよ。
森永がケチャップを作っていたようで、ビックリしました。
前掛けも懐かしいですね。子供の頃、近所の八百屋や酒屋のおじさん達がいつもしていたのを覚えています。いつの間にか見なくなりました。これも時代の流れでしょうね。
カバヤのキャラメル、懐かしいぃ~!
「あたり”前田”のクラッカー」、藤田まことさんのTVコマーシャル、ありました・ありました (^_^)!
『てなもんや三度笠』、子供のころ見ていました。
珍念さんこと白木みのるさん(でしたよね?)、今どうしているのでしょうね。
ほとんど私が生まれる以前のものでしょうが、それでもなぜか懐かしさを感じます。

ムームーさんへ
お早うございます
そうですね 懐かしいものばかりでした
それぞれに思い出が甦って来ました
それにしても世の中には色んなコレクターが
おられることにも感心しました
ここのコレクターの目の付けところがユニーク
ですね
こちらこそ何時も有難うございます

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 色んなことを思い出させて
戴きました
特に食べ物の思い出は深いものがありますね
そうですね 前掛は今は商売の仕方が変わった
ために見掛けることは少ないですね
しかし京都の錦市場を通りますと未だ見掛けますよ
「てなものや三度笠」 私も切らさずに見ていました
もう大人ではありましたが・・・
ゲストに誰が出演するのかが興味がありましたね
白木みのるさん 偶に関西でのテレビで見ることが
ありますね 顔のしわが増えましたが他は変わりませんね

古都人さま
こんばんは。
通り庭ギャラリー京町の水田と申します。
先日は当ギャラリーにお越し頂き、ブログにてご紹介して下さって、誠にありがとうございます。

懐かしさを感じて頂けたようで、ギャラリースタッフ一同とても嬉しく思っております。
展示は月替わりで内容を変えており、9月1日までは『日本の夏』と題し、
企業物のうちわ、扇子に風鈴などを中心に展示しております。
もちろん入場無料ですので、お近くにお越しの節は是非お立ち寄り下さいませ。

---------------------------------------
通り庭ギャラリー京町
HP:http://www.tooriniwa.jp/
京都市伏見区京町南八丁目95番5
月曜定休(お盆休み8月14日(水)~8月19日(月))

水田さま
 お早うございます
コメントありがとうございます。
拙いブログですがご覧戴いた方も
懐かしく思って戴いたようで好かったです
後、もう一回近い内にご紹介するつもりです。

「日本の夏」機会を見つけて拝見させて戴きます。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52669796

この記事へのトラックバック一覧です: 企業グッズの歴史感じて 「通り庭ギャラリー京町」その1:

« 日本の原風景を求めて その2 棚田と楠木氏 | トップページ | 京都・修学院離宮を参観しましたー1 下離宮 »