2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都市学校歴史博物館をご紹介します | トップページ | 2013 京都下鴨神社 納涼古本市 »

2013年8月17日 (土)

お精霊送り 「千本ゑんま堂」 と 「千本釈迦堂」

 京都では旧盆のこの日に、ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て家族の元へ帰ってくるといわれています。
 水塔婆を流し迎え鐘をついて、その音にのって帰ってくる「おしょらいさん」を仏壇の扉を開いてお迎えするのが慣わしです。
また15日夕方から16日には再びあの世へ送り出す“お精霊送り”を行います。
 六道参りは先祖の霊が冥土から戻る際に、六つの道に迷うことなく迎える行事です。
六道珍皇寺と千本ゑんま堂の二か所が有名ですが、千本釈迦堂でも行われています。

013

千本ゑんま堂(引接寺)です。
10時前にお参りしましたが、既に多くの方が「お精霊送り」をされていました。

011

やはり高齢者の方が多いようです。
読経の響き渡る中、お参りされています。

008

ご先祖が無事に帰ってこられたことを閻魔さまにお礼を言って
そして再びあの世に戻られることをお願いします。


007

迎え鐘と送り鐘です。
思いを込めて鐘をつきます。


018

千本釈迦堂(大報恩寺)です。お精霊送りの鐘の音が鳴り響いています。

016

六道まいりの期間中は、本尊釈迦如来坐像が開扉されます。
この釈迦如来像の手に結ばれている白布がお精霊さんを迎える鐘につながっていて、迎え鐘をついて先祖の精霊を供養します。

 京都の先祖供養の伝統的な、お盆の行事です。
そして、16日の夜は「五山の送り火」で、多くのお精霊さんが、あの世に帰って行かれます。
私も毎年、手を合わせて亡き人を偲びます。









 

 

 

« 京都市学校歴史博物館をご紹介します | トップページ | 2013 京都下鴨神社 納涼古本市 »

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
こんな時間にお邪魔します~
わぁ~こういう所はまだ経験していませんが
受け継がれてる行事ですねぇ。
素晴らしい~
お迎えしてお見送りをする敬虔な祈りですねぇ。
六道参り~
理に叶ったものですね、そしてロマンさえ感じます。
いつも大文字を見ながら手を合わせていますが
このようなお参りをしたいですわぁ。
いつもありがとうございます~

古都人さん
 おはようございます
偶然ですね
私も16日の早朝に千本ゑんま堂でお精霊送りをさせて戴きました
両親を始め先祖の方達が無事にあの世に戻られる事を願いながら手を合わせました
心の問題かも知れませんが何故かホッとします

夜は、五山の送り火に手を合わせて多くのお精霊さんが
あの世に帰られるのを祈ります

京都の伝統的なお盆の行事
両親が亡くなってから特に大切な行事になりました。

千本釈迦堂でも行われていたのですね
千本ゑんま堂は何時も大勢方が来られていますが
比較的お参りの少ない?千本釈迦堂でゆっくりお参りするのも好いですね。


古都人さん
 おはようございます
私は例年千本釈迦堂でお精霊送りをしています
近くに親戚の家が有るので
そして夜には五山の送り火に手を合わせて
過ぎゆく夏に別れを告げます
今年は親戚に不幸が有って・・・

五山の送り火が終わると暑い京都に涼しくなくると言われていますが
猛暑がこれからも暑さが続く様ですね
先祖供養の伝統的なお盆の行事
先祖を大切にする心が受け継がれて欲しいです
子から孫へ・・・
手を合わせる丁寧に頭を下げることが何となく少なくなったような気がします
形は兎も角、自分たちの先祖が有って
今自分がこうして暮らしている
当たり前の事を忘れている日々
反省しながら古都人さんとご一緒させて戴きました


古都人さん    おはようございます

このような風習が今も残されて引き継がれているのは
いいものですね。

若い人の中にはお仏壇もないしこのような行事を
知らない人も多いですね。
まあ、我が家のお寺さんは亡き人はいつも身近にいて
あの世はないなどと言われていますが。

送り火も終わりました。
早くこの酷暑が落ちついてほしいですね。

ムームーさんへ 
 お早うございます
そうですね
お精霊さんのお迎えとお送りは
京都に受け継がれている伝統的な行事です
五山の送り火そうですね
何時までも残して欲しいと思います
心の問題としても

taekoさんへ
 お早うございます
例年千本釈迦堂でお精霊送りをされていたのですね
そうですね
五山の送り火を境にして涼しくなる京都ですが
今年は異常です
今 自分たちが普通に暮らしているのも
先祖のお蔭と思う気持ちは大切ですね
実際は忘れがちですが
お精霊さんをお迎えお送りすることによって
改めてその思いを強くします

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
お精霊さんをお迎えしたりお送りするのは
先祖が有って今が有るの気持ちを大切にすることでしょうね
科学が進んだ現代ならこそ
こういった風習、心の有り方は大切だと思います
「五山送り火」に手を合わせるのも同じことですね

この暑さは何時まで続くのか
早く涼しくなって欲しいものです

古都人さん  こんにちは
お盆ですね。
ご先祖様が有って今の自分の存在が
有るわけですが、我が家のお盆は
遠すぎて何も無く
拝見していてご先祖を敬う心を
考えさせられました。
京都のお精霊送り、お盆の慣わし
心を込めての合掌は、御参りする事での
ご先祖への感謝の思いが
自分自身の心に大きなものとなりそうです。
近くに大きなお寺も無く、比較的新しい住まいのお盆は
ショッピングセンターの広場にお精霊送りの
受付がもうかけられています。
京都に比べると随分と違います。

すみれさんへ
 こんばんわ
そうですね
多分多くの方が故郷を遠くに離れて暮らして居られると思います
京都のお精霊さんのお迎えと送りは伝統的なものです
このような形をとるのは、京都独特のものでは無いかと思います
普段は先祖の事を忘れて暮らしています
一年に一日位は先祖を敬い感謝をする日が有っても好いのでしょうね
例え場所は何処であっても心の問題だと思います

こんばんは
千本ゑんま堂も不思議な空気が流れているところだと思ったら
そういういわれがあるんですね。
去年初めてお参りし
大きなゑんま様に恐れをなしました。
京都に行くとあちらこちらで恐れをなしているような気がします。
お盆が過ぎて
京都も少し静かになるのでしょうか。

雅美さんへ
こんばんわ
あの辺りは所謂葬送の地への入口ですね
平安京の葬送の地・蓮台野の入口に当たります
六道珍皇寺は東の葬送の地・鳥辺野の入口です
当時は日本一の人口の平安京ですから
それなりの葬送の地が必要だったと思います
五山の送り火も終わってこれからの京都は
さしたる行事もなく静かになるかと思いますね

古都人さん今晩は
毎日京都も暑いですね・・此方も高齢者の方達は毎日暑いな・・
が合言葉です・・(*^-^)
千本ゑんま堂にお参りされたのですね・・暑かったでしょう
お疲れ様です・・水塔婆を流して鐘をついて
鐘の音に乗った、おしょらい様をお迎えする・・そして送り火の日に
またあの世にお帰りに・・京都はいいですね・・仏事がはっきりしていて
私もこの様なことは随分齢を重ねてから知りました(*^-^)
若い時は子育てに一生懸命で・・その子達も皆大きく成り
フッと自分を顧みると、自分も齢で仏事の大切さに
心惹かれる事・・多々ありますね・・

こんばんは (◎´∀`)ノ
昨日、『五山の送り火』が行われたそうですね。
昨夜はネットのニュースで、今朝は新聞でも見ました。

身近にこのようなお寺があると、ご先祖様をお迎えする心構えができますね。
そしてお盆の間、帰ってこられ、そしてゆっくりと再びあの世へと送りだす・・・。
本当に素晴らしい風習だと思います。
しかし、ご先祖様たちの精霊が帰ってくるのに、閻魔様のお許しが必要だったとは?!
ご先祖様たちも大変ですネ!

咲子さんへ
お早うございます
本当に毎日猛暑が続きますね 何時まで続くのでしょうね
そうですね このような仏事は遣らなければと思いつつも
気持ちに余裕がないと中々出来ませんね
親がいる間は親が遣ってくれていましたから傍でただ見ている
だけでしたが親を亡くしてから初めて自分が遣らなければと
言う気持ちになりました
それから少し仏事や法事のことを勉強する気持ちにもなりました
今は私がいなくなったら遣ってくれるのか心配していますが
その立場に遣ってくれることでしょう

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね やはり京都は長い歴史の中で
この様なお盆の行事が出来上がったのでしょうね
京都以外にもその土地独特のお盆の行事がある
様ですね 
死後の世界(あの世)との行き来にはお精霊さんにも
そのルールに従って行動されていることでしょう
それらを取り仕切っておられるのが閻魔様ですね
閻魔様は怖い存在です
六道の世界も中々大変な様です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52902009

この記事へのトラックバック一覧です: お精霊送り 「千本ゑんま堂」 と 「千本釈迦堂」:

« 京都市学校歴史博物館をご紹介します | トップページ | 2013 京都下鴨神社 納涼古本市 »