2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 2013 京都下鴨神社 納涼古本市 | トップページ | 涼を求めて その1 鞍馬へ (2) »

2013年8月19日 (月)

涼を求めて その1 鞍馬へ (1)

 京都の北地域・洛北は、少しは涼しいのではと、「鞍馬」に出掛けました。
貴船と鞍馬とは山を隔てて隣合わせにあり、
双方行き来も出来ます。

叡山電車に乗り、貴船口駅の次が「鞍馬駅」です。
乗ったのは、900系・パノラマカー「きらら」号でした。

006a_2

その「きらら」号の車内風景です。窓は大きく、その窓に向かう形で座席が造られています。
沿線の景色の移り変わりを満喫出来ます。

008a

鞍馬駅で下車後、「きらら」号の全体を撮りました。2両編成です。

013a_2

終点の鞍馬駅舎です。風情が何とも言えず良いですね。

012a

 駅舎の内部の様子です。色々な展示が見られました。
奥に見える車体は、昔の叡電のものです。前部のみ展示してあります。
鞍馬と言えば、天狗ですね。

 

その天狗のデッカイのが、駅前にどんと置かれていました。

 

014a_2

長い鼻の塗装が剥がれ掛けていて、ちょっと可哀想ですね。

駅前から少し歩くと、もうそこは「鞍馬寺」の山門です。

016a

山門で「入山料」を払って、入りました。
登りは九十九折れの道を行くことになります。




« 2013 京都下鴨神社 納涼古本市 | トップページ | 涼を求めて その1 鞍馬へ (2) »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
二両編成のパノラマカー
好いですね~
こんなに綺麗な車両が出来ているのですね
窓からの景色を眺めながら電車の旅
そして降り立ったのが風情の有る鞍馬駅
 ここで落雷に遭い停電したことが有りました
うす暗い駅舎で大勢の人と不安になりながら
早く復旧すれば良いのにとそればかり思っていたことを思いだします
 駅舎は昔と少しも変わっていないですね
懐かしいです
私が乗ったのは残念ながら奥に見える車体でした

綺麗な朱色の鞍馬寺の山門
もう随分前になりますが歩いて上った記憶が有ります
九十九折れの道・・・
もうすっかり忘れていますが愉しみです


古都人さん
 おはようございます
猛暑の続く今年の夏
鞍馬寺へお参りしようと思われたのですか?
流石は古都人さんです

窓の大きいパノラマカー「きらら」気持ち好いでしょうね
沿線は今でも緑が多く古い家並みも残っていて癒される光景です
贅沢な時間ですね
 鞍馬駅舎、変っていませんね
大好きな駅舎の一つです
このような風情の有る駅舎は少なくなりました
鞍馬寺まで歩いて・・・
結構キツイ山道ですね
夏に鞍馬寺まで歩いて上る
私には想像も出来ませんがお元気ですね
何より、歩いて上ろうと思われたのが素晴らしい
ケーブルが有りますよね?

電車を降りると木の芽煮、ちりめん山椒のいい香り。
懐かしいですね。
こちらでは、手に入らない味です。
牛若丸を想像しながら貴船、鞍馬のハイキングコース何度か出かけました。
街中から少し電車に乗るだけで別世界。
夜は星もよく見えた。
当時はこのようなパノラマ電車はなかった。
いいなあ・・・

少しでも涼しげなところへ・・・
思いは同じですね。
緑多いこのあたりはゃhりかなり涼しげなのでは
ないでしょうか。

大きな天狗の置物に駅舎も京都らしく
しっとりしていますね。

これから鞍馬寺迄階段ですか?
凄いですね~
私も山へと思うのですが今年はロープウエーに
しようかと考えています。

taekoさんへ
お早うございます
いえいえ タイトルにあります様に 涼を求めて
行ったのですよ 少しでも涼しい思いをしたくて
やはり少しは涼しかったですよ
九十九折の道も結構木陰があって所々で
涼しさを感じたりして歩いていました
下りは足や膝に配慮してケーブルカーに乗りました
次回にご紹介させて戴きます

maetetuさんへ
お早うございます
そうですね どちらも鞍馬の名物ですね
お昼にちりめん山椒をのせたご飯を戴きました
美味しかったです
鞍馬から貴船へのコースはあの辺りの定番コース
ですね 今回は暑さを考えて行きませんでした
夜の鞍馬を体験されているのですね
そうでしょうね 星がきれいだったことでしょう
今の私は夜は敬遠です
パノラマカーは確か数年前に導入されたと思います
鞍馬線の後半は景色が素晴らしいです 特に紅葉の
季節は紅葉のトンネルを通るところもあったと思います

古都人さん、おはようございます♪
鞍馬や貴船のことは夏になると毎年のように
テレビの旅番組で紹介されています。
叡山電車、一度は乗ってみたい憧れの電車です。
美しい景色を眺めながら電車の旅は格別でしょうね。
鞍馬駅舎、風情がありますね。
色々な展示物を見ていると、これからの旅の楽しさを
一層掻き立てられるような気がしますね。
駅前の天狗のオブジェ、大きいですね。
目があったらぎょぎょぎょとしそうですね
鞍馬寺の山門、立派ですね。
鞍馬寺は牛若丸が修業をした寺として有名ですよね。
次の御紹介も楽しみにしています。

hirugaoさんへ
お早うございます
そうなんです こんなに猛暑続きですので
少しで涼感が得たくて出掛けました
それ程の高い山ではないので凄く涼しいとは
行きませんが行った甲斐はありました
暑いですが登りはゆっくりと歩けば良いのですが
下りは足や膝に来ますので歩きは止めてケーブルカーに
しました ケーブルはあっと言う間の時間でした

hiroさんへ
お早うございます
そうですか 鞍馬・貴船は夏の旅番組の常連ですか
そうですね 鞍馬は魔界で 貴船は川床で 涼味を
誘うのでしょうね
叡山電車は鞍馬線と八瀬線とかありまして
どちらも人気路線です それと沿線に幾つかの大学の
キャンパスがあり若い人も大勢乗っています
天狗は鞍馬の人気者ですね
鞍馬天狗と言いますが牛若丸が剣術を習ったのも
その天狗の仲間だと言う伝説があります
天狗の仲間は愛宕山にもいました
天狗の団扇は叡電や京都バスのマークにもなっています

古都人さん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
この電車はいい景色のところを走りますね。
車窓風景大好きです。
鞍馬駅の風情がある駅舎に土産物店いいですね。
久しぶりに見せていただいて懐かしいです~
上に登れば神が降臨した?って思わせるような
所もありますね。
古都人さんのご紹介楽しみです♪

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね この叡電鞍馬線は後半の景色が良いですね
特に紅葉の季節は素敵です
紅葉のトンネルを通る感じがします
そうですか 鞍馬は久し振りの光景でしたか
鞍馬山は神秘の山の様ですね 魔界にも繋がるとも
聞きます
また鞍馬寺の行事も不思議なものがある様です
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
去年4月に初めてお参りして
鞍馬の神秘に魅了されました。
素晴らしいところですね。
帰りの坂では膝が笑って困りましたが。

「きらら」なんて眺めが良いんでしょう!
空まで見えますね。

京都に行きたいです。
10月の連休と思っていますが
ホテルがやけに高くなっていて落ち込んでいます。
頑張ります(笑)

こんばんは (◎´∀`)ノ
叡山電鉄、今はこんなおしゃれな列車が走っているのですね。
私は高校時代と学生時代にも乗ったことがあると思いますが、レトロな感じの列車でした。
そうそう、鞍馬駅の内部の写真の奥に見えるあの列車です (^_^)ニコッ!
あの列車に乗って貴船や鞍馬へと足を運んだような記憶が・・・。
鞍馬駅のこのレトロ感、好いですネェ w(^o^)w!
この風情、いつまでも保ち続け残してほしいですね。

↓記事も拝見させていただきました。
このような古本市、掘り出し物も見つかりそうで良いですね。
我が家にもずいぶん推理小説があり、売りたくても二束三文で、ほとんどタダ同然のような値段でしか買い取ってもらえないものばかり。
1冊10円ぐらいでいいから、このようなところで売りたい(処分したい)なんて思いました。

雅美さんへ
お早うございます
そうでしたね 去年4月に行かれたのでしたね
そうでしょう 何となく感じるものがありますね
(もっともそんな先入観も作用しているのかも
しれませんが・・・)
ご存じかと思いますがケーブルカーが100円で
利用出来るのですよ うんと楽に下山出来ました
そうですか 京都のホテルの料金 上がっているのですか
申し訳ないですね
10月の連休とは13~14日ですね
心から歓迎申し上げます

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね このパノラマカーは1編成だけかと
思いますね この他にも新しい車両は導入しています
殆どワンマンカーです
そうですね 昔は鞍馬駅に置いてあるあの車体でしたね
この路線はカーブもあり坂もあって強力なモーターが
付けられていると思います
そうですね 古本は本当に安くしか引き取ってくれませんね
仰る様に1冊 10円程度ですね 
私は新刊は読んだら近くの市図書館に寄贈しています
ですから丁寧に扱って読むようにしています
納涼古本市は個人では出店出来ないと思いますよ
フリーマーケット見たいな古本市があると良いのでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52722001

この記事へのトラックバック一覧です: 涼を求めて その1 鞍馬へ (1):

« 2013 京都下鴨神社 納涼古本市 | トップページ | 涼を求めて その1 鞍馬へ (2) »