2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 上七軒盆踊り その2 舞妓さん | トップページ | 京都府北部・丹後半島のバス旅 その2 伊根の舟屋 »

2013年8月28日 (水)

京都府北部・丹後半島のバス旅 その1 加悦SL広場と天橋立

 10数年ぶりに、京都府北部・丹後半島一周と伊根湾巡り(こちらは初めて)
1日のバス旅を、楽しんで来ました。

 主なポイントは、天橋立・伊根湾巡り(船)・伊根の舟屋・経ケ岬などです。

 天橋立に行く途中に、トイレ休憩に立ち寄った「道の駅・シルクのまちかや」から見た「加悦SL広場」の様子です。
少し離れた場所から撮っていますので、物足りなさがあります。

001a

右の建物は、昔の駅舎を再現した「加悦鉄道資料館」です。
その周辺には、27両もの色んな車両が置かれているようです。
「加悦鉄道」は、大正14年に設立されたもので、60年間に亘って丹後ちりめんや鉱石の輸送、地域住民の足となって、活躍した鉄道でした。

005a

「2号機関車」(右奥)は、国の重文指定を受けているそうです。
可愛いSLですね。

006a_2

こちらも、かなりのクラシックSLですね。これでも力は強いのでしょうね。

003a

珍しいラッセル車(除雪車)も、見られます。
その手前にも、クラシックSLが。
右手に少し見えている丸い構造物は、手動式の転車台です。
その他、C57やC58のSLも置かれていました。また、
懐かしい客車の色々も遠くに眺めることが出来ました。

 漸く、昼食場所の天橋立を近くに見られるレストランに到着です。

020a

日本三景の一つ「天橋立」で、ほぼ全景です。
全長約3.6Kmの砂嘴に、約8千本の松が生い茂る白砂青松の景勝地です。
手前の海は、天橋立により仕切られた「阿蘇海」です。

017a_2

その松原を、大きくしてみました。
「阿蘇海」を遊覧する観光船は、橋立の左手の方から出港しています。
遠くの山並みは、大江山連峰の山々です。
 そのレストランで戴いた昼食は海に近いだけあって、お刺身が特に美味しかったです。
牛しやぶも食べ応えが有りました。
空腹でもあってのですが、「写真は」と友人に言われて(笑い)
 昼食後は、今回の目玉「伊根の舟屋」見物へ、やや慌ただしく出発しました。
実は、強風で船が出るかどうか危ぶまれていたのですが、午後1時半から出ると言うことで、1時出発です。



 

 

 

« 上七軒盆踊り その2 舞妓さん | トップページ | 京都府北部・丹後半島のバス旅 その2 伊根の舟屋 »

地域」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
羨ましいです
天橋立は小学校から遠足にそれからも一度は行きましたが
伊根は未踏(笑い)の地です
そして伊根の舟屋は憧れです

加悦鉄道が走っていたのですね
今は廃線になったのでしょうか
やはり地元の産業の衰退なのでしょうか
 SLは大好きです
可愛いのやクラシックなのや子供たちに喜ばれるSL
大人でも浮き浮きしますね
ラッセル車が有るとの事ですがこの辺りは積雪が多いのだったのでしょうか?

一転して天橋立
青い海も広い空も大江連峰の山々も素晴らしい・・・
うっとり見惚れています
遊覧船に乗った気分です
さて愈々伊根の舟屋見物ですね
愉しみです。

古都人さん 
 おはようございます
好いですね
私の憧れ伊根の舟屋へ行かれたのですね
写真等で見る度に一度行きたいが念願でした

加悦SL、SLは大好きです
梅小路蒸気機関車館に行ったことが有りますが胸がトキメキます。
こちらのSLは可愛いですね
クラシックカーも除雪車も転車台まで有るのですね
嬉しいです
レストランからご覧になられた天橋立素晴らしいですね
天候にも恵まれ、大きな青い空と海、大江山連峰の山々
そして遊覧船まで
まるで一枚の絵を見ているようです
写真を撮り忘れられるくらいに空腹だった古都人さん
お気持ちは解ります。
 憧れの伊根の舟屋、明日?が待ち遠しいです

古都人さん   おはようございます

懐かしいですね~
天橋立は高速が近くから入れるので以外と
何度もいけました。

舟屋が行ってないのですよ、やはり一度は
行ってみたいです。
涼しくなったら行きたいところばかりです。
色々行かれていますね~

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 加悦鉄道は無くなった様ですが
一部路線をJRが引き継いでいる様ですね
無くなった理由の1つはトラックなどの陸運の発達が
ある様ですが もう1つ丹後ちりめんなどの需要の
低迷もある見たいです
昔はきっと雪も多く積もったのではないでしょうか
今は多分ラッセル車の出動も余り無いのかも
知れませんね
天の橋立をこんな視線で見たのは初めてでした
橋立内を歩いたり高い位置から股覗きはしましたが・・・
橋立の長さを実感しました

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですか 高速道路が京都府北部に広がった
結果ですね
最近急速に広がった高速道路ですので中々その
状態が頭に入りません
京都市内からこの辺りまでは随分早く行ける様に
なりました
途中の休憩も「道の駅」が増えましたので便利に
なりました
トイレ休憩とお土産買いとが同時に出来ますしね
お互いのメリットも大きいことでしょう

古都人さん、こんにちは~♪
かわいいSLですね。
こんなSLがシュッシュポッポと煙を煙突から
噴き出しながら走る姿を想像すると楽しくなりますね。

このような位置から天橋立を見るのは初めてです。
松並木がいかに長く続いているかがよくわかりますね。
まだ一度も見たことがないので、いつか行けたら
良いな~と思っています。

伊根の舟屋はテレビの旅番組や、お友達の絵で見たことが
あります。独特の風景でこちらも一度行ってみたいと
思っていました。次回のブログも楽しみにしています。

古都人さん   こんにちは
丹後半島へのバスの旅、素敵なお出かけでしたね。
「加悦鉄道」は初めて知りました。
駅舎も当時としては凄くお洒落な駅舎の様に感じます。
SL可愛いですね~ 
27両の展示は凄く楽しめそうです。
子供だけでなく、大人もワクワクの見学でしょうね。
力強いラッセル車、可愛いSLが煙を吐きながらの走行を
思い描きながら拝見しています。絵に成りますね。
天橋立は出かけた事がありますが
初めて見る全景の光景は、記憶になく
唯近くを眺めてきただけの様です。
日本三景の素晴らしさを感じられるお写真ですね。
松並木が約8千本の松も有るとは知りませんでした。
観光船からの眺めもお楽しみに成ったのでしょうね。
伊根の舟屋、楽しみにしています。

hiroさんへ
 こんにちわ
そうですね
可愛いSLに大喜びして撮りました
トイレ休憩で時間が無かったのと
場所の移動が出来ないのが残念でした
天橋立は私もこの位置からは初めてです
改めて松並木の長く続いている様子に感動しました
伊根の舟屋は有名で映画のロケにも使われていますね
独特の風景ですね
色々な意味で見る価値はあると思います
お友達は伊根の舟屋を描かれたのですね
是非拝見したいものです
 次回もご覧戴ければ嬉しいです

 

すみれさんへ
 こんばんわ
丹後半島のバスの旅は思っていた以上に感動しました
唯、往復の時間が掛かり過ぎきました
加悦鉄道は今は廃線になっています
他の交通機関に変わったのですね
地場産業の衰退も有るでしょう
SL可愛いでしょう
夢が有りますね
唯、ここでの時間が無く場所の移動も出来ずに残念でした
天橋立の全景を見たのは初めてで長さに感動しました
観光船からの眺めは思っていた以上に素晴らしく
伊根の舟屋の生活も垣間見ることが出来ました
次回もご覧戴けたら嬉しいです

珍しいSLですね。
力強く走って役目を終え、今も愛されている。
お疲れ様でした。とタッチしたくなります。

小学生の頃、中央本線はSLかディーゼル車だった。
トンネルに入る時は、窓を閉めたり、煙が客車に入ったり
窓枠で服は汚れたり、顔や手も汚れたりでしたよ。
毎日乗っての通勤、通学は大変だったと思う。
当然、沿線の方々も洗濯物が汚れたりしたはず。
それでも、懐かしく乗りたい人も多い?
不思議で魅力のある乗り物ですね。

こんばんは
コメントされる皆さんも大絶賛の場所なんですね。
ヘンな言い方ですが
京都は京都市内だけではないんだなぁと実感します。
何度訪れても京都市内で夢中になっているので
市内から一歩も出たことがありません。
先日テレビで丹後半島の美しい景色を映していましたが
行ってみたくてたまらなくなりました。
天橋立をこんなにリアルに見るのは初めてです。
次の記事が楽しみです。

こんばんは (◎´∀`)ノ
なんとも可愛らしいSLが何台も展示されているのですネェ!
ラッセル車もSL同様、蒸気機関で走るのでしょうか?
だとしたら「スゴイ」というか、ラッセル用のSLは初めて見ました。
天橋立は20年ほど前、一度だけ訪れたことがあります。
ロープウェイか何かで山の上へと登り、例の『股のぞき』をやった記憶があります。
3.6km・・・そんなに長かったのですね。
上から見た景色とはまた違いますね。

maetetuさんへ
お早うございます
そうですね 私もSLが東海道線を走っていた
時代の人間です
そして電化されたことも体験しました
短いトンネルに入って窓を閉めずにいたことも
ありましたね 煤が入って来て少し汚れたことも
平気でしたね 長いトンネルはそうは行きませんが・・・
初期のSLは可愛いです しかしこんな小さくても
力はあったのでしょうね
SLには生き物的なものを感じます

雅美さんへ
お早うございます
今年の夏には京都府北部の観光PRに
京都府が力を入れています
京都にも海があるのですよ と言ったものです
確かに日本海側は景色も水も美しいです
その代表的存在の一つは「鳴き砂」ですね
少しでも汚れが混じるともう鳴かないと当日の
ガイドさんが言っていました
今「ジオラマパーク」も宣伝しています
北部にもどうぞお出掛けくださいませ
京都から多くの特急が出ています
舞鶴・天橋立・城崎などへ行きます

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ここに置かれている全てのSLが
加悦鉄道で走っていたものかは疑問ですが
それにしても多くの可愛いSLが見られました
ラッセル車もSLだと思いますね
今はディーゼルカーの前にラッセル機能が付けられて
いるのを見ますね
そうですね 「股のぞき」は大抵の方が遣っていますね
勿論私も遣りました
まさに天に向かっての巨大な橋ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51808940

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府北部・丹後半島のバス旅 その1 加悦SL広場と天橋立:

« 上七軒盆踊り その2 舞妓さん | トップページ | 京都府北部・丹後半島のバス旅 その2 伊根の舟屋 »