2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« お精霊送り 「千本ゑんま堂」 と 「千本釈迦堂」 | トップページ | 涼を求めて その1 鞍馬へ (1) »

2013年8月18日 (日)

2013 京都下鴨神社 納涼古本市

 古書80万冊以上が並ぶ夏の恒例行事、「下鴨神社 納涼古本市」が11日から16日の6日間、下鴨神社糺の森で開かれました。
 今年は京都を中心に大阪、兵庫、奈良などから40店舗が参加。 

 この古本市は野外で国内最大級、愛好家にとっては贅沢が味わえる絶好の機会の様です。
 若者の活字離れが言われて久しいですが、未来の愛好家育成を狙って近年は児童書の品揃えに力を入れらているとか。
 今回は児童書約1万冊を各店で持ち寄られたとのことです。


017

京都の最高気温 39度の午後、初日の日曜日とあってか、
大勢の愛好家が来られています。


002


010

熱心に選んでおられる女性のカバンのペンギンにも若さ。

006

浴衣姿にサンダル履きで携帯電話も現代を感じます。
皆さんが持っておられる団扇は会場で無料配布のものです。
 

008

喧騒?を離れて、静かに読書。
木陰を選んだら良いのにと・・・思いながら何となく気になります。

011


Panelimg


015

文庫・新書から学術書・美術書・仏教書などあらゆる古書と子供向けの本など、日本最大規模の児童書コーナー、100円均一コーナ↑が有りました。
又、和書や絵巻物を扱う店も有りました。
初日は、全国の図書館や学校関係者が列を作るとも言われています。

009

おまけです。会場で見かけた、ヤマト運輸の電気自動車。
「歩くまち 京都」の宣伝カーのようで、京都市長がご覧なったら大喜びされるでしょう。
















« お精霊送り 「千本ゑんま堂」 と 「千本釈迦堂」 | トップページ | 涼を求めて その1 鞍馬へ (1) »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
下鴨神社の納涼古書市は数年前に行きました
39度の猛暑では有りませんでしたが(笑い)
今年は連日の暑さでぐったりしています。

糺の森は意外と涼しいですね
それにしても古書80万冊以上とは、凄いですね
そして児童書が1万冊以上も
初日は全国の図書館や学校関係者が列を作る・・
解りますね
本の多さは勿論、お安いですものね

撮られた写真を拝見していますが
流石に古都人さん
古書市の皆さんの様子を上手く纏められましたね
来年(何時も言っていますが)は涼しい朝に
覗きに行きたいです
勿論!100円本を探しに

古都人さん
 おはようございます
暑い夏もお元気な古都人さんに背中を押されています
下鴨神社の糺の森で開かれる古本市は
地元の新聞でも紹介されますが
カンカン照りを見ると一歩が踏み出せません。
 やはり大勢の方が来られていますね
様々なショット愉しく拝見しています
それにしても多くの本が並べられるのですね
流石、野外で国内最大級だけの事は有りますね
種類も様々で見て歩くだけでも楽しそう
 確かに若者の読書離れが進んでいますね
私たちの若い頃は本を読むことが唯一の愉しみでした
自分のお金では買えなかったので貸本屋さんを利用したのが懐かしいです
今は、愉しいことが有り過ぎるのでしょうか


古都人さん   おはようございます

暑い~と言いながらこの森の木洩れ日の下で
本を選ぶなんて素敵ですね。
といいながら本はかなり処分しましたし人様から借りたり
図書館がそう言う意味で一番ありがたいです。

でも時には手元に置いておきたいのが見つかったら
買ってしまいますね。

浴衣姿で足元は靴これも今どきなのでしょうね。

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
下鴨神社の納涼古書市はすっかり有名になりました
暑くても大勢の皆さんが本を探しておられる姿は
よいものです
私も自分の小遣いでは本は買えなくて
貸本屋さんを利用したものです
今はもっぱら図書館で借りていますが
早くに読みたい本は買って読んだ後は図書館へ寄贈しています
勿論、新品ですが。

hirugaoさんへ
 お早うございます
そうですね
糺の森は木が影を作って風も爽やかでした
私も最近は図書館で借りていますが
興味の有る本は皆さん同じとみえて何処の図書館も10人以上が予約しておられます
待ちきれなくてついつい買っています
その後は出来るだけ綺麗な状態で図書館に寄贈しますが
喜んで戴いているようです
手元に置いて何時までも眺めていたい本も有りますね

こんにちは
話には聞いている糺の森の古書市。
本好きにとっては堪らない光景です。
39度でも行きたいです。

先日京都大学近くの古書店を覗いたのですが
哲学書などがたくさん並んでいて
さすが!と見とれてしまいました。
「マッチ売りの少女」なつかしいです。
読み直してみたいです。


古都人さん
こんにちは。
古本市は一度だけ行きましたがその日は暑くて
暑くて。
こういう由緒あるところで行われる
っていいですねぇ。
堀だしものの本や昭和レトロのものを
見つけた時は嬉しくなります。
待ちわびてるファンがいるのですね。
文化的なことで楽しめるのは素敵です~
わぁ~この車はいいですね、見てるだけで
楽しい~
いつもありがとうございます。

雅美さんへ
こんにちわ
京都大学近くの古書店と言いますと今出川通でしょうか
東京の神田程ではないですが数軒散在していますね
雅美さんは古書店も覗かれるのですね
流石ですね
前は寺町通にも固まってありましたね
古書店での本選びは根気が要りますね
新刊程整理されて置いてありませんから探すのが大変です
「マッチ売りの少女」など童話集 懐かしいですね

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 古本市での本探し 根気が要りますね
目的を持って古本を探すのと 何か掘り出しものが
ないか探すのと いずれにしても根気が要る作業です
何か掘り出しものを探す方が楽しいですが・・・
それと思いっきり安い古本を探し当てられた時の
喜びもありますね
こちらこそ何時も有難うございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52835657

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 京都下鴨神社 納涼古本市:

« お精霊送り 「千本ゑんま堂」 と 「千本釈迦堂」 | トップページ | 涼を求めて その1 鞍馬へ (1) »