2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・白峯神宮の七夕祭 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(藍染とそば米雑炊) »

2013年7月 9日 (火)

京都府立植物園「四季彩の丘」

 平成24年6月30日、旧宿根草・有用植物園をリニューアルオープンして作られた四季彩の丘は、宿根草を中心にハスや水生植物、有用植物などを1,000種類2,000株を植栽しています。
 面積は5,600㎡。車椅子の方の目線にあわせて作られた花壇で、地面より高くなっていて、比較的暑さに弱い小型の宿根草を植栽しているユニバーサルガーデンなどたくさんの見所が有り、四季折々の植物園の愉しみ方が増えました。
園長の言葉です。
 「季節ごとの植物の変化はもちろん、今後10年、20年とかけてエリアを作り上げていく様子も見てもらいたい」
 

006

色々な場所を撮っているつもりですが、広すぎてコーナー撮影になりました。

090


096


100

最頂部の高さが3mの小さな丘が3カ所あり、自然の野山のように多彩な生え方をする植物の姿を見る事が出来ます。

077

緑に囲まれた藤棚に涼しい風が吹き抜けるくつろぎのコーナーです。
ベンチには男性の姿が・・・

094

ハスの花も咲き始めています。

084

小さな丘や池など、せせらぎのある空間です。
小さな睡蓮の花も咲いています。

001

最後は、兵庫県佐用町の民家の協力で誕生したロックガーデン「佐用の庭」です。
 この庭に使われている岩や樹木は、兵庫県佐用町に在住している今津氏から譲り受けたものを使用しています。
 2009年8月9日、兵庫県北西部では大規模な水害に見舞われました。
そのため水害対策のための河川改修工事を行うことになりました。
 今津邸の庭にはロックガーデンがあり、それが失われることを惜しんだ関係者の尽力により、庭に使用されていた岩や樹木を活用して、園内に造成されることになりました。 
(撮影 6月23日)







 

« 京都・白峯神宮の七夕祭 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(藍染とそば米雑炊) »

京都府立植物園」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
今朝は植物園便りですね(笑い)

オープンして1年を過ぎた四季彩の丘
オープンしてからも工事が続いていましたが
こんなに緑とお花が多く見られるようになったのですね
園長さんの言葉「今後10年20年とかけて・・」
そうですね
これから長い間楽しめる場所で有って欲しいです
古都人さんご紹介のコーナー
其々に特徴が有って好いですね
工夫されているのがよく解ります
どのコーナーも素晴らしいですが
今頃はハスの花も見ごろを迎えているでしょうね
皆さん思い思いに散策したり寛がれていますね
暑い日が続きますがお訪ねしたい場所です

古都人さん
 おはようございます
京都も梅雨明けが発表されましたね

古都人さんは植物園をよくご存じですね
特にご紹介の四季彩の丘は吃驚しました
こんなに見事な庭園?になっているのですね
確か昨年のオープンした時とその後1度だけ訪れましたが
あの時より数倍も素晴らしい
広い四季彩の丘が見事に蘇えり?ましたね
どのコーナーも其々特徴が有って素晴らしいです
確かに広すぎて撮り難いと思いますが流石に見事です

暑いですが是非このお庭を散策したいものです
蓮の花も見たいし寛ぎのコーナーで
ベンチに座って友達とお喋りも好いですね

おはようございます

今後10年20年かけて・・
の言葉に感慨深いものがありました。
お庭作りりにもこうした年月が必要なのですね~

佐用へは早春に行ってきましたが
確かに河川の工事が進められていました。

その石や樹木がロックガーデンとして残された
なんて知りませんでした。

いろんなつながりがあるものですね~

taekoさんへ
こんにちわ
梅雨が明けたかと思えばこの猛暑
堪りませんね
只今午後2時多分暑さのピークかと思いますが
如何お過ごしですか
私はアイスコーヒーを片手にバソコンに向かっています
何をしていても暑いです
そうですね 「四季彩の丘」見事に甦りました
未だ発展途上かと思いますがこの先の変化が楽しみです

hirugaoさんへ
こんにちわ
世の中には不思議なご縁があるのですね
やはり愛好家の世界での情報交換があるのでしょう
佐用の石がここ京都府立植物園で再生されたとは
嬉しいことです
そうでしょうね 庭園なんて一朝一夕に出来上がるものでは
ありませんものね
長い年月を経て完成度が高まって行くものですね
その変化(と言っても少しずつ)が楽しみでもあります
末永く見守って行きましょう

こんばんは
車椅子目線の高さとは!
京都府の心配りを強く感じます。
だれでも楽しむことが出来る植物園になっていくのですね。
そういう民度の高さが大好きです。
どんどん整備されているので
次に訪れたら迷ってしまいそうです。
藤棚あたりは随分涼しげに見えますが
撮影はさぞ暑かったことでしょう。


古都人さん
こんばんは。
今頃の時間にお邪魔いたします。
植物園のお花たち綺麗ですね。
色々な工夫がされてることに驚きますね。
車イスでも楽しめるような作り方は感激しますわ。
夫が車イスを使うようになって世の中の不備
や冷たさを目にするようになりました。
そんな中に優しい思いやりを感じることが
出来て嬉しいですわぁ。
おかげ様で毎日素敵な事を教えて貰っています。
今日の暑さはもう大変でしたねぇ。
明日も暑そうですね、気をつけますわぁ。

こんばんは (◎´∀`)ノ

モデムのACアダプターが接触不良で日曜日からネットに接続できませんでした。サポートセンターに相談したところ、「モデム一式交換します」とのことで、わずか2日で届き復活できました。

というわけで、3日ぶりの訪問です (^_^;;
『四季彩の丘』と聞いて真っ先に美瑛の『四季彩の丘』を思い出しました。
京都府立植物園にも同名の丘があるのですね。
車いすの方の目線に合わせて造られたというのが、素晴らしい発想だと感心しました。
ずいぶん広いようですが、まだまだこれから色んなお花が増えていくのでしょうね。
失われるはずだったロックガーデンが、こうして残されるのも粋なはからいですね。

雅美さんへ
お早うございます
流石 京都ファンの雅美さんのお言葉
嬉しく受け止めさせて戴きました
いえいえ そんなに大きくは変わっておりません
から ご安心ください メインの道はそのままですから
敢えてそう仰って戴いたものと思いますが・・・
この「四季彩の丘」は発展途上ですからその変化は
これからの楽しみではありますね

ムームーさんへ
お早うございます
どうぞお気遣いなく何時でもお出でくださいませ
全く気にしませんから
そうでしょうね 車椅子を使っておられる方でないと
気が付かないことはまだまだ多いでしょうね
もっともっと改善すべきだと思います
この「四季彩の丘」は既存のものはそのまま活用しつつ
新しい部分も造られています その部分は未だこれから
変化して行くだろうと思います それはこれかにの楽しみです
こちらこそ何時も有難うございます

慕辺未行さんへ
お早うございます
どうされたのかなと心配しておりましたが
そんなことが起こっていたのですね
一安心ですね
そう言えばその通りですね 「四季彩の丘」
但しスケールは全く違いますが・・・
あの北海道の雄大さはとてもとても・・・
この度新しく造られたこじんまりとした土の高まり
と言ったものです
この部分は未だこれから発展して行くのが楽しみです
何時も植物園の方の姿が見られます
何かをされている見たいです
そうですね 車椅子の目線は素敵な発想ですね
ロックガーデンは不思議なご縁があったのでしょうね
再生された岩や樹木たちも喜んでいることでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52201020

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園「四季彩の丘」:

« 京都・白峯神宮の七夕祭 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(藍染とそば米雑炊) »