2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 新装の”京都センチュリーホテル”でランチ | トップページ | 西陣織を触って聞いて »

2013年7月28日 (日)

「あじき路地」10年目歩み回顧

 若手作家が創作活動に励みながら共同生活を送る「あじき路地」が
活動が始まって10年目を迎えました。


023

長さ60メートルほどで、両側に築100年ほどの京町家の長屋が連なります。
 後見役を務める女性が、格安で路地に面した住居兼アトリエを貸し出して、今日まで創作を後押ししてきました。


046

昨年春には近くに「ギャラリーあじき」を設けるなどして、若手作家の活動を支えています。
 10年目を記念して、この”模型展”を手始めに、来春まで様々な催しを繰り広げて路地の歩みを振り返り、節目の年を祝うとの事です。


044

「あじき路地」の長屋を含めた昭和40年代の京町家を精密に表現した模型です。
 
 この模型を造られた方(若い男性)がおられたので、いろいろと聞いてみました。
素材は特殊な紙だそうで、レザー光線による微細な切断をした素材により組み立てられているとのことでした。
 設計図は、実際の建物の図面によるものと、実測して作製したものとがあると聞きました。
模型の作成には、約1年掛ったそうです。


033

「うわ~っ可愛い」「素晴らしいなあ」の声が飛び交っていました。

026

ミニチュアの市電も走らせて、会場に来られていた人たちは喜ばれていました。

037

町家ギャラリーの窓際に並べられた京町家です。
この模型からも大きさが解りますね。
 「あじき路地」の大家さんでもあり、後見役の熊倉さんの言葉です。
「名もない若者が10年の期間で徐々に活躍してきた。
母親同然で接してきたので私の誇りです。
路地で力を蓄えて外に羽ばたいてほしい」

住所:京都市東山区大黒町通松原下ル2丁目山城町284







 

« 新装の”京都センチュリーホテル”でランチ | トップページ | 西陣織を触って聞いて »

京町家・お店」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

大路・小路・路地・図子」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
一度お訪ねした「あじき路地」
もうすっかり忘れていましたが懐かしく思いだしています
この路地をゆっくり歩くと子供の頃に帰ります
不思議な路地ですね
こちらの大家さんの心意気に感動します
この路地から巣立って行かれた若き芸術家達、頑張られたのですね
 そして昭和40年代の京町家を精密に再現
素晴らしいです

私の家も町家でした
間口が狭くて奥行が長い
通り庭の夏は涼しくて冬は寒い
そんな幼き日を思い出します
 実際に拝見したいですね


古都人さん
 おはようございます
「あじき路地」なる所が有るのは知っていましたが
何処に有るのか?と思っていました
そしてどのような路地なのか?とも
古い京町家が連なる路地が「あじき路地」だったのですね
懐かしい・・・・
亡き母の声が聞えてきそうです
 そして10年目を記念して造られた模型の素晴らしさ
1年間もかけて緻密に造られた京町家
見惚れています
懐かしくて涙が出そう
古くから京都に住んでおられた人たちが
この模型をご覧になられた感動されるでしょうね
方向音痴ですが是非お訪ねしたいです


おはようございます

まるでタイムスリップしたような町家の路地ですね。
そうしてこの路地を維持しみなさんを助けておられる方の
御苦労を思います。

模型も可愛く精巧に出来ていてみなさん感心して
おられますね。

この様な紹介写真を見るにつけ「京都へ行きたい病」がまた
再発です(笑)

古都人さん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
こちらは娘が行って来たと話していました。
これから羽ばたける人たちの応援って
素晴らしいことですね。
ここから違うところへ移られて成功された人も
おられるのでしょうね。
こういう後ろ盾があるのは心強いことですね。
模型は素晴らしいですねぇ~
見せていただけて良かった~
京都はいい町いいところだと思いますわぁ。

taekoさんへ
こんにちわ
お暑うございます
あじき路地の場所は言葉で言い表すのは
難しいところですね 大黒町通が判ると
行き易いですが 何しろ路地ですから
うっかりすると見過ごして通り過ぎて仕舞いそうか
感じです
良くぞまあこんな手間入りな作品を作られたものと
感心して見入っていました
私にはとても真似が出来ません
素晴らしい作品でした
京都の原風景とでも言いますか
京町家の美しさが見事に表現されていました

hirugaoさんへ
こんにちわ
暑いですね
そうですね この「あじき路地」の大家さんの厚意は
中々普通では出来ないものですね
それを引き継いで娘さんも遣っておられることは
素晴らしいことですね
そんな意志を受け継いで若い職人さんたちが
腕を磨いてその世界に羽ばたいていかれるなんて
頭が下がる思いがします
もう少し涼しくなりましたら是非京都へお越しくださいませ

ムームーさんへ
こんにちわ
暑いですね
そうですか 娘さんがお出でになっているのですね
知る人ぞ知る場所ですね
一見普通の路地なのですがね
京町家の模型は素晴らしい作品でした
細かいところまで神経の行き届いた素敵な作品です
根気良くこれだけのものを作られたことに感動しました
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
素晴らしい取り組みであり活動ですね。
この京町家の長屋から世界的な作家が出てくると良いですね。
一年がかりで作られた模型、本当に正確かつ精密に作られているのでしょうね。
それだけでも大変な技術だと思います。
懐かしい市電の姿もミニチュアでよみがえり、ちょっぴりタイムスリップしたような感じです。
昭和30年代をモチーフにした映画「三丁目の夕日」を思い浮かべました。

古都人さん  こんばんは
「あじき路地」のあじきは地名?それとも・・・
気に成りましたが、大家さんとの関連のようですね。
築100年の京町家の長屋は素敵ですね。
京都に住んでいたわけでも無いのに
何故か懐かしく安らぎを感じます。
若手作家の創作活動の後押しは
素晴らしい事ですね。
あじき路地の模型の素晴らしさに魅入っています。
約1年の制作日数は根気と情熱が溢れた作品で
沢山の皆さんに見て戴きたい作品ですね。
あじき路地、こちらを巣立って世界で活躍される方も
おいでかもしれませんね。
京都に古と未来を感じます。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね この路地からそんな方が誕生されたら
ここの大家さんも陰ながらの応援も報われますね
いろんな職業の方がここで技を磨いておわれると
聞きます
そうですね まさに超大作・超力作と言えますね
本当に想像に絶する根気のいる作業だったでしょう

すみれさんへ
お早うございます
「あじき路地」の「あじき」は今の大家さんのお母さんの
姓なのです 「安食」と書きます 私も判らずにいたのですが
今回のことを紹介した新聞記事で初めて知ったのです
そうですね ここからいろんな分野での職人さんが羽ばたかれる
ことを心から期待したいものですね
外観は極く普通の京町家の路地ですがそんな力を秘めた路地とは
驚きと感動を覚えます
そうですね 路地や付近の京町家の模型は見事としか言い様がない
素晴らしい作品でした
ちょぅどこれを創られた方がおられたのでお話を伺いましたが
気負うことなく静かにそのご苦労を語ってくださいました
お話にも感動しました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52548901

この記事へのトラックバック一覧です: 「あじき路地」10年目歩み回顧:

« 新装の”京都センチュリーホテル”でランチ | トップページ | 西陣織を触って聞いて »