2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 四国・徳島県の旅ー2 うだつの町・脇町を歩くー4 | トップページ | 雨の日 京都・妙心寺の境内を歩く »

2013年7月21日 (日)

大阪・舞洲の「ゆり園」を訪ねました その2

 前回の続きです。
大阪は舞洲(まいしま)にある「ゆり園」の見事なゆりを愛でながら歩いています。
 折り返し地点から、下に下りて海沿いの道を歩きました。
 その一帯は、「シーサイドゾーン」と名付けられています。

054a

「シーサイドゾーン」の道を、上から見ています。
見えている海は、大阪湾です。
この「舞洲」は、その1でも申しましたが、大規模な埋め立て地です。
舞洲~夢洲~咲洲と、かつて大阪オリンピック誘致を前提に造られた人工島です。

以下は、所々で見付けたゆりの花々です。

052a_4


053a

ゆりの花が嬉しそうで、喜んでいるように見えて嬉しくなります

049a_2

「ミックスゾーン」の一角です。勿論遠くに見えるのは、海・大阪湾です。

024a

香りのことを書いていませんでしたね。
「ゆり」の花独特の華やかで上品な香りが、「ゆり園」全体に漂っていました。

012b


 施設としては、休憩所やお土産店、飲食店などもありました。 
大阪湾の埋め立て地に、こんな「ゆり園」が造られているなんで、意外な感じがしました。
この後は、舞洲や咲洲の意外なところを見て回りましたので、後日紹介します。

« 四国・徳島県の旅ー2 うだつの町・脇町を歩くー4 | トップページ | 雨の日 京都・妙心寺の境内を歩く »

京都府外」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
シーサイドゾーン
海とのコラボレーション素晴らしいですね
ゆりの花が一層美しく見えます
ここが大阪オリンピック誘致の時に埋め立てられた人口島とは。
こうして見事なゆり園に変ったのですね
ミックスゾーンには色々な花色の種類のゆりの花が
咲いているのですね?

所々で見つけられたゆりの花
可愛い花姿と優しい花色に癒されます
蕊も素敵ですね

やはり華やかで上品な香りが漂っていたのですね
香に包まれての古都人さん羨ましいです


古都人さん 
 おはようございます
ゆりの香がパソコンの前の私にも香ってきました
ゆりの香は華やかな中にも上品で大好きです。
舞洲のゆり園はよい場所に有りますね
晴天が続いても海の傍ですから適度な湿度にも
恵まれているのでしょうね
シーサイドゾーンに咲いているゆりの花も
ミックスゾーンの花も
綺麗で清楚でそしてとても可愛いですね
そして元気です
確かに大阪湾の埋め立て地にゆり園が造られている
事に驚きますね
ゆりの花が終わったら次は何の花が植えられるのか?
それとも・・・
興味は尽きません

古都人さん   おはようございます

このユリ園のことブロ友さんが大阪の方で載せて
おられましたが
大阪湾が写ってやはりきれいでした。
スカシユリがこれだけの色とりどりは
うれしいですね。

ピンクもいいしと言ってやはり白が一番かな。

香りがするのがまたうれしいですね。
いろんなところに行かれていますね~

古都人さん
おはようございます。
美しく咲く色とりどりの百合園いいですね。
海が見えるなんて最高です~
滋賀県の百合園を見に行きたいといいながら
毎年行けずにいますの。
埋め立て地もこういう風に作られてると
憩いの場として素敵なことですわぁ。
たくさん見せていただけて良かった~
いつもありがとうございます♪

taekoさんへ
こんにちわ お暑うございます
こう暑いと何かをする気力が沸きませんね
「ゆり園」に行った日は今日ほどの暑さではなくて
良かったです 日を遮るものは何も無く
まともに太陽に曝されていました
色とりどりのゆりの美しさに多少は気持ちが穏やか
だったかも知れませんね
それとゆりの香りにも癒されていたことでしょう

hirugaoさんへ
こんにちわ お暑うございます
先日のほんの少しだつた涼しさが恋しいです
これから夏本番だと言うのにこの先の暑さに
果して耐えられるのかなんて弱音が出て来ます
この「ゆり園」にお友達の方も行かれてのですね
私の記事には海・大阪湾は余り大きくはなかった
でしたね 遠くにまで広がる大阪湾の様子も
一見の値打ちがありました
そして辺り一面に漂うゆりの花の香りも
気持ちを安らかにしてくれていました

ムームーさんへ
こんにちわ お暑うございます
今日はきっと猛暑日でしょうね
堪りませんね
滋賀県にも「ゆり園」があるのですね
近年は広大土地の膨大な花々を植えた花園が
あちこちに出来ている様です
これからですと「ひまわり園」ですか 迷路になっている
のもあった様に思います
地域活性化の1つの活動ですね
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
やはり圧巻です。
こんなにたくさんの百合の花、見たことありません。
彩りも華やかで
海と百合の組み合わせもめずらしい。
花を良く見ると笑い顔に見えますよね。
だから見ているほうも
笑顔になるんでしょう。
花大好きの古都人さん、
どんな花が一番お好きなのでしょうね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
人工島がこのように活用されることって珍しいですよね。
東京や名古屋・大阪もそうですが、埋め立て地や人工島は商・工業施設や見本市会場、一大住宅街が多いのですが、このような利用法は素晴らしいと思います。
色彩りどり、カラフルなユリの花、花摘みしたくなります。(してはいけないですねぇ!)
でも、もし大阪オリンピック誘致に成功していたら・・・、この姿はなかったのかもしれませんね。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 人工島とは言え
(人工島だからと言えるかも)
沿岸にこの様な「ゆり園」が造れたのでしょう
人工島の開発の1つのモデルと言えるかも知れませんね
あらゆる「ゆり」が植えられているかは判りませんが
かなりの品種の「ゆり」が植えられているだろうと思います
そうですね 花は人の心を癒し楽しませる効力があるのでしょう
私は花大好きですがその季節の花が好きですね
これからは朝顔ですね

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 大阪オリンピック招致が不成功に終わった
賜物と言えますね
あの一帯は舞洲・咲洲・夢洲と大々的な埋め立てが
行われた様で100%土地が活用されている様には
見えませんでした 未だ空地があると言うことです
そんな中での土地活用の好例と言えそうですね
バスで見て回った範囲では 超高層ビルやごみ処理場
見本市会場 スポーツセンターなどがありました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52312071

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・舞洲の「ゆり園」を訪ねました その2:

« 四国・徳島県の旅ー2 うだつの町・脇町を歩くー4 | トップページ | 雨の日 京都・妙心寺の境内を歩く »