2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・嵐山・天龍寺の蓮の花 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(時代屋) »

2013年7月 6日 (土)

四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(かんぽの宿・徳島)

 今回の旅もかんぽの宿を利用しました。
”かんぽ”には安心感と気楽さが有ります。勿論、安いですね。

では、こちらで戴いた夕食をご紹介します。
 会席「阿波の宴」です。

001

             先 付  季節の物

002

          造  り  季節の三種盛り

003

              煮 物  鯛上用蒸し

004

            鰆 照 焼 き

006

          揚 物  海老真丈 小ふぐ天ぷら

007

            鍋 物  阿波尾鶏豆乳鍋

008

             デ ザー ト
これ以外に、椀物 阿波名産そば米汁、香物の盛り合せ、白飯でした。
 空腹だったので、一目散?に食べてしまいました。
翌日の朝は、バイキングだったのですが、これもたっぷり戴いて
夕食と朝食は別腹?ですね。

010

これは料理では有りません。
室内からガラス越しの朝日、6時49分撮影です。

017

↑とは反対側です。やはりガラス越し7時02分撮影です。




      

« 京都・嵐山・天龍寺の蓮の花 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(時代屋) »

グルメ&ランチ」カテゴリの記事

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
ご馳走ですね
夕食の美味しそうなこと
品数も多くて綺麗な盛り付けですね
お味は勿論ですがやはり盛り付けも食欲をそそりますね
少しでも美味しく味わってほしいの気持ちが伝わってきます
私は一気に戴いて後からもっと味わったら好かった
やはり四国はお魚が美味しいのでしょうね
煮物も焼き物も天ぷらも鍋物、他にも・・・

私も夕食を食べすぎても朝のバイキングは
何時もの倍は戴いてしまいます

室内のガラス越しの朝日
どちらも素晴らしいです
空や川?を染める太陽は勿論の事反対側の落ち着いた朝の
景色も好いですね、

古都人さん
 おはようございます
美味しそうですね~
調理されている方の真心と優しさが感じられます
空腹の身には堪えます
お刺身大好きです。新鮮なのでしょうね
具沢山の鍋物も嬉しいですね

一目散に戴かれた・・・
お気持ちよく解ります
旅の愉しみの一つはやはり食べる事ですね
私も夕食と朝食は別腹の一人です

かんぽの宿も変りましたね
以前の評判はあまり・・・でしたが。

そしてガラス越しに撮られた朝日
空の様子は方向によって全く違いますね
当たり前のことかも知れませんが驚きと感動です

おはようございます

かんぽの宿といっても侮れないですね~
お料理を見てもそれぞれ素晴らしいし
楽しめましたね。

時々泊まりがけで出ることが出来ていいですね。
何といってもゆっくり出来ますものね。

最近泊っていないです。
ゆっくり何処かへ行きたいな・・・・

お宿からの景色も最高ですね!

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
わぁ~素晴らしいお料理の数々ですねぇ。
かんぽの宿いいですねぇ~
こんなにご馳走が、お刺身も新鮮で美味しい
でしょうね。
お出かけ先で頂くお料理は何があるのかなって
思うだけでワクワクしますねぇ~
朝日が素敵!!
やっぱり綺麗ですねぇ~
こういう朝日に出会うと嬉しくなりますね。

taekoさんへ
こんにちわ
今日も多分高不快指数でしょうね
80%を超えると大部分の人が不快と感じるそうです
不快指数は気温と湿度とから決まるそうですから
今日なんかきっと高いことでしょう
taekoさんは敏感な方なのでしょうか
私なんかは70%でも不快と思う方です
さて 最近のかんぽの宿はうんと良くなりましたね
お値段の方も以前の様に安いばかりではありませんね
最近は普通の旅館は団体で泊まることが多いので
宿泊費単独では判らないのですが 多分かんぽは
少しは安くなっているのかなと思っています
サービスの点でも結構満足出来ますしね

hirugaoさんへ
こんにちわ
私はお蔭様で義理絡みの旅行もありますが
結構旅に出ています
日帰りもありますし泊まりもあります
お金も結構掛っていますね
しかし体力的に行ける時に行っておこうと思い
出来るだけ参加しています
旅は良いです 特に京都からより遠くに離れたところは
旅気分一杯になりますね
先日も山形へ行って来ました
何れ後日ご紹介させて戴く予定でおります
かんぽの宿もそんな旅に大いに役立つ宿ですね
山形の時も2泊 かんぽの宿 酒田でお世話らなりました

ムームーさんへ
こんにちわ
こちらこそ何時も有難うございます
この旅の宿の「かんぽの宿・徳島」は あの眉山の中腹にあります
ですから部屋の窓からは徳島の町が一望出来るのです
四国三郎と言われる吉野川や小松島市などが遠望出来ました
徳島市内に入るには必ず橋を渡らなければ入れませんが
その様子なども良く判りました 特に夜景も綺麗でした
百万ドルの夜景とまでは行きませんが町の灯りや
車のライトなども見事でした
ただ写真には上手く撮れませんでした

こんばんは (◎´∀`)ノ
『かんぽの宿』や『国民宿舎』など、「公共性の高い宿泊施設の食事はあまり良くない」というのは、もう過去の話ですね。
『かんぽの宿』は郵便局の簡易保険に加入していれば、誰でも気軽に利用できると聞いていますが、リーズナブルな料金でこの食事は「言うこと無し!」ですね。
何しろ『お造り』『煮物』『焼物』『揚物』『鍋物』、さらに『椀物』にデザート!
これほど充実しているとは、本当に驚きました。
これも『郵政民営化』でサービスに力を入れたからこそ、でしょうね。
朝食バイキング、こちらもたっぷり頂いたようですね。
私も旅先の朝食がバイキングだと、「お昼はいらない」ほど食べてしまいます。
バイキングだとどうしても、「あれもこれも」と食べ過ぎてしまいます。
室内から撮られた朝日、とても綺麗ですね。『朝焼け』という言葉も似合いそうです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね かんぽの宿は今は簡易保険に加入有無は
全く関係ないでいよ
誰でも宿泊出来ます
そして宿泊料もやや安いですしサービスも良いと思います
機会がありましたら一度利用されたら如何でしょう
そうですね バイキングは好きなものが選べて
食べられますから良いですね
つい食べ過ぎて仕舞いますが・・・

こんばんは
かんぽの宿のお食事、良いですね。
一風呂あびて
浴衣でいただくのでしょうね。
量も内容も私好みです。
ビールでも日本酒でも合いそうです(笑)

いつもと違った風景というのは
やはり心躍るものです。
朝日が素晴らしいです。
料理ではありません、のコメント吹き出しました。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 夕食は殆ど方が浴衣姿ですね
勿論私もです 朝食の時は逆に浴衣姿は
少数派ですね
私は大抵地酒を戴く様にしています
それも常温でです その方が本当の美味しさが
判ると聞きましたので・・・
お値段もやや安いですしね
最近はかんぽの宿の料理もうんと良くなりましたので
嬉しいです
そうですか 吹き出されましたか 狙い的中?ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49743668

この記事へのトラックバック一覧です: 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(かんぽの宿・徳島):

« 京都・嵐山・天龍寺の蓮の花 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(時代屋) »