2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く 吉田家住宅華道展 | トップページ | 祇園祭 in 京都駅ビル ~祇園祭パネル展~(その1)  »

2013年7月12日 (金)

大阪舞洲の「ゆり園」を訪ねました  その1

  今回も或る会からの一日バスツァーで、大阪から奈良方面に小旅行しました。
その中から、賞味期限がありそうな「大阪舞洲・ゆり園」(まいしまと言います)を、
先にご紹介させて戴きます。
 「大阪湾に咲く、200万輪のゆり」-海とゆりの競演ー が謳い文句です。

「舞洲」は、大阪湾の一部を埋め立てて造られた人工島で、その沿岸に造られたのが、
この「ゆり園」です。
 では、その広大な「ゆり園」に、足を踏み入れましょう。
 
先ず目に入るのは「ジグザグゾーン」です。
ゆりが、ジグザグに植えられていることから付けられた名前の様ですが、
正直言ってあまりそんな様には見えませんでした。
真上から見ないと解らないのかも知れません。

004a

写真の上の方は、大阪湾です。見学コースは右手の道を直進して、突き当りを
下の道に折り返す形になっています。

このゾーンから代表的なゆりを2つ、選んで見ました。

016a

023a_3

どちらもツートーンカラーですが、このゾーンでは比較的多く見られたゆりでした。

 次に広い面積で見られたのは、「シーサイドゾーン」の中の「イエローエリア」でした。

037a

こちらも、写真の上部は海=大阪湾です。

「イエローエリア」からも、2つを選んで見ました。

011b_2

濃い黄色と優しい黄色、其々に特徴が有りますね。

040a

個人的には淡い黄色が好きです。

 片道約400mあるそうですが、折り返し地点から、今度は海沿いの道を歩きます。

« 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く 吉田家住宅華道展 | トップページ | 祇園祭 in 京都駅ビル ~祇園祭パネル展~(その1)  »

京都府外」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
うあ~見事な百合の花。
あちらこちらと良くお出かけですね
今回は1日のバスツアー
海とゆりの競演が謳い文句の大阪舞洲のゆり園
見事なゆりの饗宴ですね
ゆりの花に圧倒されています
これだけ多くのゆりが咲いていたら香は想像がつかないくらいでしょうね
多分、辺り一面がゆりの香だったのではと想像しています
 ジグザグゾーンのツートンカラーの2種類のゆり
シーサイドゾーンのなかのイエローエリアのやはり2種類のゆり
環境も好くて
流石に伸び伸び元気よく咲いていますね
花姿も花色もとても綺麗です
この続きも有るのですね愉しみです

古都人さん
 おはようございます
何と200万輪のゆり
ゆりの香が届きそうな・・・
想像もつかない世界ですが
このような場所が大阪に有ったのですね
これが人口島とは二度吃驚です
ジグザグゾーンの古都人さんのお勧めのツートンカラーのゆり
どちらも大きくてとても綺麗ですね

シーサイドゾーン イエローエリア
何と一面が見事に黄色に染まっている
二色の濃いゆりも淡いゆりもどちらも立派ですが
淡い色合いのゆりに特に風情を感じます
ゆりの花に囲まれて好い時間を過ごされましたね
羨ましい限りです

このユリ園を写真に載せていた方がおられましたが
やはり色の好みでこんなにも違うのかと思いました。
大阪湾という海が写っていいですね~

優しい感じのお花を選ばれている古都人さん

でもここは暑くなかったですか?

「まいしま」という読み方も変わっていますね。
昨日お出かけしてみましたが夜は疲れが出て
ひょうっとしたらこれが熱中症ではないかと怖くなりました。

古都人さん
おはようございます。
わぁ~美しく咲いていますね。
大阪湾のところにこんなに綺麗な所が
あるのですねぇ~
百合がこれだけ咲いてるのをまだ見たことが
ありませんが海がそばにあると
美しさが違うでしょうねぇ。
色々な植え方がされてて工夫してありますね。
いつもありがとうございます。

taekoさんへ
 お早うございます
そうですね
正しく海とゆりの花の饗宴でした
辺り一面のゆりの香で海風も心地好く絶好のゆり園でした。
私は初めてでしたが、興奮と感動の連続でした。

hirugaoさんへ
 お早うございます
何方かのブログでご存じだったのですね
そうですね
やはり大阪湾の海が一つのアクセントになっているではと思いました
海風が心地好く暑さは感じなかったですね
 猛暑が続いています
お出かけは身体に一層の負担を掛けます
お大事になさって下さい

ムームーさんへ
  お早うございます
そうですね
私もここのゆり園は初めてで感動しました
観光園とも言えますね
至る所に工夫が凝らされていて
感心しながら見入っていました
こちらこそありがとうございます。

見事なゆりの花ですね。
花の香りも素晴らしいのでしょうね。

母から聞いてはじめておじゃまさせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

yukoさんへ
こんばんわ
初めまして お母さまからお聞きいただいたのですね
ありがとうございます。
そうですね この「ゆり園」に一歩足を踏み入れたとたん
ゆり独特の香りが園全体に漂っているのが感じられました
何しろ 200万輪もあるのですからね
これからもどうぞ宜しくお願い致します
ところでURLをお持ちならお教えいただきますよう
お願いいたします 

こんばんは (◎´∀`)ノ
大阪湾に面した人工島に、このようなユリの花園があるとは知りませんでした。
全部で200万輪!海との競演!スゴイですネ (゚o゚)オォーッ!
アップで見るユリの花、やはり高貴なイメージです。
それに豪華なお花というイメージも!
イエローエリアの写真、空かと思ったら海なのですね (゚o゚)ナニッ?!
アングルが素晴らしいです (*^ー゚)bグッジョブ!!
黄色のユリの花、濃淡の違いでずいぶん雰囲気が異なりますね。
そうですネェ・・・私も古都人様と同じ淡い黄色のユリが好みかな?!

慕辺未行さんへ
お早うござます
人工島の縁の土地を利用したアイディアですね
そこにユリを植えるというのも新しい発想ですね
こんな広い土地にユリを植えるのですから
多分多くの色んな種類が植えられていると想像します
そしてその結果がこの様な「ユリ園」となった訳です
素晴らしい結果ですね
その日 或るエリアでは花を刈っている姿もありました
花を刈り取って球根に栄養を蓄える作業の様でした
ですから「ユリ園」は年間通じての開園とは行かない
のでしょうね

こんばんは
塩分を含んだ土壌にこれだけの百合の花を咲かせるには
相当のご苦労があるかと思います。
海と百合の花の組み合わせは素晴らしいです。
これだけの群生した百合の花、圧巻です。

賞味期限とは
古都人さんらしい洒落た表現。
好きです~

雅美さんへ
こんばんわ
ここの埋め立ては海の土ではなく
他の陸地から運んで来た土だと思います
バブル時のやたら箱ものを造った時の
余った土砂をここに運んで来たのだろうと
思います
そうですね 海辺にゆり園を造ると言う発想は
ユニークですね
「賞味期限」
お気に入って戴いた様で嬉しいです
季節外れにならない様にとの配慮です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52261555

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪舞洲の「ゆり園」を訪ねました  その1:

« 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く 吉田家住宅華道展 | トップページ | 祇園祭 in 京都駅ビル ~祇園祭パネル展~(その1)  »