2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 四国・徳島県の旅ー2 うだつの町・脇町を歩くー2 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(かんぽの宿・徳島) »

2013年7月 5日 (金)

京都・嵐山・天龍寺の蓮の花

 
 広沢池から、北嵯峨田園地帯を巡って、大覚寺前から嵐山に遣って来ました。
ここでのお目当ては、「天龍寺」です。
 京都・嵐山の「天龍寺」の「勅使門」の傍の「放生池」の蓮の花は、
毎年拝見していますが、今年も様子を伺いに寄ってみました。
幸運にも見事に咲いているのに、出会うことが出来ました。
 池は、「勅使門」からの道に繋がる石橋によって、二つに分断されていますが、
何故か北の方よりも南の方が沢山咲いていました。

034a

右寄り最上部にほんの少し屋根の一部が見えているのが「勅使門」です。
「勅使門」の内側は、駐車場になっていて今や形骸化しています。
左手上には、「勅使門」から延びる石橋が少しだけ見えています。
ここに広がっている蓮は、池の南側のものです。
北側にも、ほぼこれ位の蓮池がありますが、蓮の花は殆ど咲いていませんでした。

023a

開きかけた初々しい花姿です。 
蕾と花が散った後の状態も同時に見られました。

024a

上の花より、もう少し開いていますが、可憐です。

020a

 未だ完全に開き切ってはいません。

2005jp

綺麗に開いていますね。万歳してるようです。

 

028a

満開を少し過ぎたかなと言った感じですね。
外側の花びらが、垂れ下がっています。

022a_3

二輪が仲良く並んで咲いていました。花の真ん中を撮りたかったのですが、
こちらを向いてくれませんでした。
 この池の蓮の花の色は白色に近く、薄いピンク色が花びらの先端を染めた、
こんな感じの花が多い様でした。
恥ずかしさに、ほんのりと頬を染めた乙女の様でした。
未だ暫くは、この蓮池の花が楽しめそうに思いました。



« 四国・徳島県の旅ー2 うだつの町・脇町を歩くー2 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(かんぽの宿・徳島) »

嵯峨 嵐山」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
何と可憐で優しい蓮の花
綺麗ですね~
蓮の花を表情豊かに撮られていて感心しています
特に万歳の花姿見事です。
満開を少し過ぎたかな?は楚々とした風情が感じられますね
白い花びらに花の先端が薄いピンク
仲良く並んだ二輪、可憐ですね
古都人さんのお花に寄せられる愛情を感じます
多分撮りながら声を掛けておられたのでしょうね

取材ありがとうございました。

古都人さん
 おはようございます
蓮の花って、こんなに可憐だったのですね
透明感の有る薄い花びら
思わず頬ずりしたくなるような花ですね
蓮の一生とも言える様々な花姿
工夫して撮られているのがよく解ります
どのお写真も素晴らしいです
白い花びらに薄いピンクの縁取り
正しく頬染めた乙女の可憐さに目がクギ付け
古都人さんのカメラ目線を追いながら拝見しました
何時もの事ですが1つ一つの花を見つめておられるのがよく解ります
本当にお花がお好きなのですね

おはようございます

今年も蓮の花を見ることができました。
良い花ですね~

今日の写真の中で蕾と咲き始めたのと
咲き終わったのを合わせたのが
なかなかいいですね。
天龍寺は何度か行ったことだあるのですが
多分紅葉か桜の時期だったと思います。

蓮の花の凛とした姿を午前中に見たいですね。

やはり見に行きたいです~

古都人さん
おはようございます。
まぁ~天龍寺の蓮を見に行かれましたかぁ。
数年前に見ましたが、いい雰囲気ですね。
とっても華麗に美しくとらえておられますわ。
蓮のお花を見るたび、美しさと神秘さと
で感激します。
綺麗な蓮を見せて貰えて嬉しいですわぁ。
今日も雨ですねぇ~
蒸し暑くて嫌です~うふふ
梅雨だから仕方がないですのにねぇ。

taekoさんへ
こんばんわ
花の撮影は今も苦手ですが花は好きです
以前よりうんと関心を持つようになりました
これもブログのお蔭かと感謝しております
そうですね 蓮の花の花びらの薄さは
格別の様ですね

hirugaoさんへ
こんばんわ
あの場面は偶々だったのですよ
ちょうど3態が固まっていたのです
すでに花びらが散ったものがあるなんて
思ってもいませんでした
これを見ると蓮の花の一生の
短さに哀れさを感じました
今年は何故か蓮の花との出会いが
多いです

ムームーさんへ
こんばんわ
今日は物凄く不快指数が高かったことでしょう
むしむしする中で気温が猛暑日近くありましたからね
そんな中でも蓮の花は美しく咲いていることでしょう
人間の弱さが恥ずかしいです
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
可憐なハスの花ですネェ (^o^)!
白やピンクのハスの花はみく見ますが、このように先端だけピンクというハスの花は初めて見ました。
ハスの花は大きな花なのですが、それでも『可憐』という言葉がピッタリです。
優しい色合いと花姿、私も好きな花の一つです。
この地方の蓮田もそろそろ見頃だと思います。
そろそろ見に行かねば・・・!

古都人さん  こんばんは
天龍寺の蓮の花、池一面に沢山なのですね。
神秘的な美しさに魅せられています。
白色に先端を染めた淡いピンクがとっても綺麗です。
蓮の花のいろんな表情を見せて頂きましたが
どれもが素敵で見入っています。
開きかけた初々しい蓮、そして万歳しているような蓮の
お写真は古都人さんの技を感じます。
素晴らしいお写真ですね。
満開を過ぎた蓮のお写真も素敵で魅かれます。
花が終わった蓮はあまり気に留めていませんでしたが
拝見して、あ~そうなんだと再認識です。
蓮の花の美しさは、心の中で手を合わせて見たくなります。

うだつの町、古都人さんのご案内は、的確なお写真や
ご説明で道順、周りの景色や生活様子を想像出来て
旅をご一緒に楽しんでいるような心地よさです。
うだつの町は凄く綺麗な町ですね。
豪商ならではの立派なうだつ、現在も生活されて
いるのが素晴らしく思います。
素晴らしいお天気だったようですね。素敵なご案内ありがとうございました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね ここの蓮の花の色は白色に近く
そこに縁取りに薄いピンクと言う配色ですね
ほぼ全体的にそんな傾向の花の色でした
放生池も注意して見ないと通り過ぎてしまいそうな
場所ですので ひっそりと咲いていると言った感じ
でした
今年は何故か蓮の花との出会いが多いです
そちらの蓮田もきっともう咲いているのではないでしょうか

すみれさんへ
お早うございます
何時ものことながら丁寧なコメント有難うございます
また遡ってもご覧戴きまして恐縮です
天龍寺の放生池の蓮はここ数年前から見始めたもので
小さな池ですが池一杯に蓮の葉っぱが埋め尽くしています
池の北側は未だこれからの様ですが南側は今が見頃と
言った感じでした
白色に近い爽やかな花の色ですので見た目涼やかに
見えました
花菖蒲~紫陽花~蓮と花の連続です
自然に咲く花に恵まれて幸せを感じております
「うだつ」の町・脇町 凄いでしょう こんな町があったのか
町の入口に立った時の第一印象でした
そして進むにつれて広がる「うだつ」に只見惚れるばかりでした
町の整備も行き届き気持ちの良いひと時でした
やはり「藍」が齎した財力の大きさでしょうね
今では日常生活での「藍」が減っていますから
大変なようですが・・・

こんにちは
強い日差しの中で
どうしてこんなに清々しく咲くことができるのか。
睡蓮の極上の美しさの中に気高さを感じます。

京都は祇園祭一色なのでしょうね。
山鉾のてぬぐいを飾りながら
京都を思っています。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 蓮は謂わば泥の中に茎を張って
生きているのですがその泥の中の栄養分が
茎を育て葉を茂らせそしてこの美しい花を
咲かせるのでしょう
美しくない部分は人の目には見せず
大きな葉っぱや花を咲かせて私達を楽しませて
くれているのですね
大した植物です
睡蓮と蓮とはまた違う種類ですがどちらも美しい花を
咲かせますね
流石京都ファンの雅美さん 遠くにあっても京都に想いを
馳せて戴いているのですね 有難うございます
嬉しい限りです
一昨日は長刀鉾の稚児さんの稚児舞が披露されました
私は昨年拝見しました 記事にしています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52232564

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・嵐山・天龍寺の蓮の花:

» 「天龍寺の蓮たち」/京都(2014盛夏) [京の昼寝〜♪]
「天龍寺の蓮たち」/京都(2014盛夏) 【天龍寺(2014/7/17撮影)】 桂離宮からちょっと小用があり、嵐山に向いました天龍寺の勅使門のそばにある放生池では今蓮が咲いています本来、蓮は午前中に花が開くので、訪れたのは午後だったのでやや萎み気味でした。それで...... [続きを読む]

« 四国・徳島県の旅ー2 うだつの町・脇町を歩くー2 | トップページ | 四国・徳島県の旅 うだつの町・脇町を歩く(かんぽの宿・徳島) »