2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 野村別邸”碧雲荘”の花菖蒲 | トップページ | サントリー山崎蒸留所を見学しました その1 »

2013年6月19日 (水)

天授庵の可憐な睡蓮の花

 昨日は野村別邸「碧雲荘」の花菖蒲をご紹介しましたが、今日は同じ日に訪れた南禅寺の塔頭「天授庵」の可憐な睡蓮の花をご覧ください。

013

 この日は何故か若い方が多くて、人の姿が途切れるのを辛抱強く待って撮りました。
天授庵は静寂が似合うお寺です。


018

池泉を主にした”書院南庭”です。
 睡蓮の花は池の東側に咲いています。
秋には池の周りを見事な紅葉が彩り、大勢の観光客で賑わいます。


006

チラホラ咲きの様でしたが、可憐な白を中心にピンクの花も咲いていました。

106

アップで撮った花はどれも手振れ?によるピンボケです。

100_2


108



013_2


数匹の鯉が悠々と泳いでいますが、池の主とも言える亀の姿は見当たりません。
どうしたのか?少し心配です。


015

境内の小川に咲いていた2輪の小さな花菖蒲ですが、慎ましくて心惹かれます。

019_2

南禅寺一帯の庭園は琵琶湖疏水の水が流れ込んでいますが、
こちらの池にも勢いよく落ちています。(6月10日撮影)

天授庵は1339年(暦応2)虎関師錬が南禅寺開山”無関普門(大明国師)”
の塔所(墓所)として建立しました。
 戦国時代に衰退したのを、1602年(慶長7)細川幽斎(元・首相 細川護煕氏の先祖)が再興しました。
方丈の襖絵は長谷川等伯の筆で重文です。

 

« 野村別邸”碧雲荘”の花菖蒲 | トップページ | サントリー山崎蒸留所を見学しました その1 »

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
古都人さんのブログを拝見していて
私も少しは京都通になりました(笑い)
旬の情報を綺麗な写真と共にご紹介して頂いて
私の”京 歩き”の参考にさせて戴いています。

天授庵の紅葉も新緑も素晴らしいですが睡蓮の花も好いですね
可愛いです。
こちらの庭園によく似合っていますね
しっとりしたお庭の風情を高めているそんな気がします
 そう言えば池には亀の家族連れ?が棲んでいましたね
仲良く甲羅干しをしている姿を見かけたものですが
どうしたのでしょうか?
花菖蒲の咲いている小川
小さな2輪の花色が上品なアクセントになっていますね

南禅寺界隈を歩いてると豊富な水が流れているのをよく見かけますが
天授庵に落ちている水にも勢いが有りますね

古都人さん
 おはようございます
可愛い睡蓮の花、こちらのお庭に似合いますね
静寂そのものの天授庵には華美な花は似合わない様に思います
しっとりした雰囲気のお庭に清々しい空気を感じます
アップで撮られた睡蓮、手振れですか?
可憐な様子ががよく解ります
小さくても存在感が有って元気な花ですね
白色も好いですがピンクも上品ですね
境内に小川が流れているのですか?
気付きませんでした
風情が有りますね

歳を重ねてお寺のお庭に心惹かれる様になりましたが
特に天授庵のお庭は安らぎます。

古都人さん
おはようございます。
天授庵は素敵ですよね、四季折々の良さが
ありますね。
睡蓮が美しく密やかに咲いてて静寂の
中にも華やかさがありますわぁ。
これから桔梗が咲くころもいいですね。
古都人さんがこうして歩かれて
見せて下さるのでうっとりと
して何度も見返していますの。
京都の良さを日々思います~
いつもありがとうございます♪

古都人さん   おはようございます

昨日はURLのことで御迷惑をおかけしました。
どうも駄目なようですね。

南禅寺には行くもののなかなか天授庵には
行けません。

睡蓮が清楚に咲いていていいですね。
ちらほら咲きの頃がかえっていいのかもしれませんね。

睡蓮の花を見に行きたくなりました。

taekoさんへ
こんにちわ
漸く雨が本降りになって来ましたね
梅雨に入って初めての本降りですね
かなり降る様に聞いていますが・・・
そうですね 睡蓮はここ天授庵の池に
良く似合っていますね
静かな佇まいの池に白と薄いピンクの花が
ひっそりと咲いています 良い雰囲気ですよ
滝と言うほどの大袈裟なものではないですが
琵琶湖疏水の水が引かれていて滝になって
流れ落ちています
小川はないですが池から外には何処かから
流れ出ていると思います

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね ここは四季を通じて見応えのある
風景が広がっていますね
静かな中にひっそりと咲く睡蓮 良いですね
大袈裟でなくて静かに色んな花が見られるのが
ここを訪れる楽しみです
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんにちわ
どうぞ拙いブログですが ここでお楽しみ戴ければ
嬉しいです 
今は睡蓮の花の見頃でしょうか
あちこちの睡蓮の名所?が紹介されていますね
そして紫陽花の紹介も増えて来ました
梅雨時の花の競演ですね

こんばんは (◎´∀`)ノ
南禅寺塔頭「天授庵」、昨日の碧雲荘と共に、私にはずいぶんお馴染みになりました。
今は休まれていますが、コスモス様平安人様(つまり古都人様ですが)のブログで、こちらも何度かお目にかかったことがあります。
ブログだけのお付き合いですが、3年ぐらい経つでしょうか?!
碧雲荘も天授庵も、訪れたことは一度もないのに、懐かしい気がします。
堂々とした本堂に、池に浮かぶ可憐なスイレン。
優雅に泳いでいる鯉、まるで黄金のような色ですね。
その上の写真のスイレン、池に映る姿も見事ですが、それ以上に花が光り輝いているように見えます。
小川の花菖蒲、何て素敵なんでしょうか!
静かで厳かな雰囲気、わびさびを感じさせるところですね。
心が洗われたような気がしました。

古都人さん   こんばんは
天授庵は新緑、紅葉、雪など四季を通して
素晴らしいと思ってはいましたが
睡蓮の花は知りませんでした。
天授庵は静寂の中での佇まいで有ってほしいです。
でも訪れ心和みたいと、思いと行動は異なります。
書院南庭のお写真に古都人さんの
眼差しを感じています。
水面に映る緑も一枚の絵で、書院南庭の素敵なご紹介ですね。
池一面の睡蓮、可憐に咲いていますね~
白とピンクの睡蓮は神秘的で
お庭に古から咲き続けているようです。
お庭の各所に魅せられそうですね。
2輪の花菖蒲、鯉、水の流れからも天授庵の
雰囲気を届けて頂いたように思います。
↓野村別邸の花菖蒲、素敵ですね~
素敵にお撮りに成って、うっとりと拝見させて頂きました。

遅い時間での訪問、申し訳ありません。
どうぞ読み捨てにしてくださいね。
お返事コメント、お気遣いございませんように。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 長いお付き合いになりましたね
総て良くご存じです
南禅寺に来た時にはほぼ必ず寄るところばかりです
どちらも四季を通じて花が見られる最高の場所です
そろそろ碧雲荘の一般公開があっても良い時期なのですが
中々実現して戴けません

すみれさんへ
お早うございます
何時ものことながら丁寧にご覧戴き
優しいコメントも戴きまして有難うございます
お心遣いに感謝しながら一言
御礼だけ申し上げさせて戴きます
心の中ではこのような事で好いのか?の気持ちは有りますが
お言葉に甘えさせて頂きました

こんばんは
静かに涼しげに咲く睡蓮を見ていると
外の激しい風や雨音を忘れます。
台風が近づいているようです。
京都はどうなのでしょうか。

小さな花菖蒲、なんて素敵なんでしょう。
南禅寺の緑に染まる境内を思い
ぼんやりとしてしまいます。

雅美さんへ
お早うございます
京都は一昨日から雨が降ったり止んだり
時に激しく降ったりしています
今も少し降っています
台風はかなり離れた太平洋上を通る様ですが
どんな影響があるのか 多少心配しています
ここ天授庵の睡蓮の花も時に激しい雨に打たれている
かも知れませんね
梅雨時の天授庵も静かな佇まいを見せています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51987000

この記事へのトラックバック一覧です: 天授庵の可憐な睡蓮の花:

« 野村別邸”碧雲荘”の花菖蒲 | トップページ | サントリー山崎蒸留所を見学しました その1 »