2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 久しぶりの雨で大喜びの京都府立植物園 | トップページ | 天授庵の可憐な睡蓮の花 »

2013年6月18日 (火)

野村別邸”碧雲荘”の花菖蒲

 碧雲荘は天授庵で睡蓮の花を愛でた後に、「遅かったかも」と思いながら覗いてみました。
何時も静かな碧雲荘の前の通りですが、最近は人力車を見かけることが多くなりました。


023


花菖蒲はやはり見ごろには少し遅すぎた感が有りました。
前庭に入ってすぐに聞こえてきたのが、「これ以上はセキュリティが作動します・・・」の放送が聞こえてきました。
取り敢えず一枚でも撮りたいと、多分、来年は見る事すら出来ないと思って、大急ぎで撮りました。
やはり雑な写真になりましたが・・・


024

お馴染の風景で玄関前に架かっている橋の右側。

026

同じく左側にも花菖蒲が植えられています。

033

大急ぎで、庭園の外に出て撮りました。
この様に橋を挟んで両側に植えられています。

↓3枚は辛うじてアップで撮った?撮れた?花です。


125


115_2


122_2

折角の花菖蒲ですが、ゆっくり愛でることも無く、慌ただしく離れました。
 この日は3組の方たちが写真を撮っておられましたが、やはり早々に引き揚げて行かれたようです。


 野村別邸碧雲荘(へきうんそう)は、日本の実業家である二代目野村徳が、大正時代から昭和時代にかけて、京都市・南禅寺付近に築造した数寄屋造りの別邸で、「野村碧雲荘」とも呼ばれています。
2006年12月19日、国の重要文化財に指定されました。

 北村捨次郎らの設計による、数寄屋造りの高度な技法を凝らして作られた建築物と、
近代日本庭園の先駆者である小川治兵衛が作った美しい庭園があります。
 大正時代から建築が始まり、昭和3年(1928年)頃に完成したとの事です。

« 久しぶりの雨で大喜びの京都府立植物園 | トップページ | 天授庵の可憐な睡蓮の花 »

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
桜の季節にこちらを散策したことが有りますが
静かでしっとりした通りに惹かれますね
 碧雲荘の花菖蒲の見事さは噂で聞いていました
噂通り、いいえ、噂以上、見事ですね
これだけの多くの花菖蒲を育てて居られる
管理も大変だとは思いますが、「セキュリティ・・・」寂しいと言うか残念です
大急ぎで撮られたとの事ですが決して雑ではないです
焦って撮られている写真とは思えません
アップで撮られた花菖蒲も素晴らしいです

来年はこうして真近く?で見られないのですね
今年で見納めの碧雲荘の花菖蒲、ゆっくり拝見しました。 

古都人さん 
 おはようございます
碧雲荘の花菖蒲は一昨年に拝見しました
昨年は既に遅く・・・・
花の盛りを見るのは難しいですね
何度も足を運ぶことも出来ませんし・・・
 お訪ねして今年は古都人さんのブログで拝見出来たと思ったのですが
今年が最後なのですね
寂しくなります
お庭が荒らされる心配が有るのでしょうか?
気持ちは解りますがこの時期の風物詩とも言える碧雲荘の見事な花菖蒲。
焦って撮られたとの事ですが、惜別の思いで撮られたのでしょうか?
お写真はどれもとても綺麗です
特にアップの花菖蒲うっとり拝見しています

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
わぁ~素晴らしいですねぇ~
こちらのお屋敷を後ろに見てのお花は
格別な美しさがありますね。
早々に写してっていうのは気が気で
ありませんねぇ。
最近はこういう所が多くなりました。
ゆっくりと味わいたい時には
少し寂しく感じますね。
急いで写されたのにどの場面も
素晴らしい風情が出ていますね。

古都人さん     おはようございます

セキュリテー・・・・がきつくてなのでしょうね。
せっかくのお花なのに残念でしたね。

でも大丈夫です、ちゃんといい雰囲気が出ております。

どうしてなのでしょうね、UHLは変わって居ないのにね。

昨日の街とは神戸の街の方、三宮とかを言うのです。
私が住んでいるのは北区で六甲山の裏側にあたるので
街に行くというのはそう言うことなのです(笑)

taekoさんへ
こんばんわ
そうですね 多分不心得な人がいてこんなになって
仕舞ったのかと思いますが残念でなりません
決められた位置から見たり写真を撮ったりでは
何にもご迷惑を掛けることは無い筈ですのに・・・
折角見事に咲いている花菖蒲を多くの人に
見せて欲しいものです

ムームーさんへ
こんばんわ
そうなんです 折角美しく咲いた花菖蒲を皆に
見せて欲しいものです
花達もきっとそれを望んでいることと思いますね
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうなのですよ 折角美しく咲いた花菖蒲
もっと自由に見せて欲しいものです
URL どうしてなのでしょうね
取り敢えず貼れてホッとしましたが
そうですか 街と言うのはそう言うことなのですね
その様に皆さん仰っているのですね
良く判りました 有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
碧雲荘。一枚目のお写真の光景、訪れたことがない私もすっかりお馴染みです。
コスモス様から頂いた碧雲荘の絵がありますので (^_^)!
花菖蒲、例年ならまだ少しは咲いているのに、今年は空梅雨で気温も高いせいか、もうほとんど終わっているようです。
しかし古都人様が訪れたときは、まだまだ見頃だったのでは?!
花菖蒲と純和風の数寄屋造り、やはりそれこそ『絵』になります。
花菖蒲の背景には、このような『和』の情緒が似合いますね。
紫に白、そして藍色、とてもキレイです。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか コスモスさんからの絵で
ご承知戴いているのですね
碧雲荘の佇まいと花菖蒲は本当に良く合っていますね
なのに自由に見られないとは残念です
桜の時期でも良い場所ですので尚のことです
そうですね 今年の梅雨の状態ですから
花菖蒲にも異変が生じているのですね

古都人さん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

南禅寺には何度となく行ったことがありますが、
ここは全然知らなかったです(汗)
庭園は現在公開されていないのでしょうか?
一度、公開時に訪れてみたい気がします^^
明日から京都の実家に帰りますが、
台風が近づいているようですし、
時間的にもあちこち見て周ることは出来ないかも・・・。

cyazさんへ
こんにちわ
ここ野村別邸・碧雲荘は以前は隠れ名所でしたが
それも桜の時ですが・・・
今は桜の時は多くの人が来ています
一般公開は久しく行われていませんね
私はその時に拝見していますが・・・
もっと広く公開して欲しいと思います
今 漸く雨が本降りになって来ました
こちらこそTBありがとうございます

こんばんは
美しいです。
まさに屏風絵ですね。
ただただ見とれるだけです。
日本を誇りに思います。
作られた方の感性に感謝したい思いです。
こうして写真で眺めることが出来て幸せです。
大切に保存して後世の人々にも見てもらいたいです。

リアルタイムの京都を見せていただきありがとうございます。
仕事の調整がつかず
しばらく京都に行かれないかも・・・・と激しく落ち込んでいるので
嬉しくてたまりません。
古都人さんはいつも複数の方と行動されるのですか?

雅美さんへ
お早うございます
身に余るお言葉有難うございます
この美しい光景がもう見られなくなる恐れも
ありそうなのです
もっと大きな心でこの時期だけでも見せて欲しいと
願うばかりです
そうですか お仕事お忙しいのですね
どうぞ拙いブログですが少しでも雅美さんのお気持ちを
和らげるのにお役に立てばと思います
そうですね 行動は1人の時もあれば複数の時もありますよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51987477

この記事へのトラックバック一覧です: 野村別邸”碧雲荘”の花菖蒲:

« 久しぶりの雨で大喜びの京都府立植物園 | トップページ | 天授庵の可憐な睡蓮の花 »