2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都半兵衛麩にお邪魔しましたー2(応接室) | トップページ | まんまん堂でランチしましょ »

2013年6月26日 (水)

京都北野天神さんの大茅の輪くぐり 

 夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて、これからの無病息災を祈願する行事です。
この「夏越」の神事は、本来夏の終わりの行事でしたが、新暦になって以後は、
神社によって神事が行なわれる時期が違います。

 北野天満宮では、道真公の御誕生の6月に行われています。
 また、道真公の命日・25日は、縁日で終日賑わいます。

 今回は、大茅の輪くぐりの様子をご紹介します。
 まず、前日24日夕刻(5時過ぎ)に撮った楼門の完成した「茅の輪」をご覧ください。


0252

そして25日朝の様子です。

004


005

↑と見比べて下さい。この時点で憐れな姿になっています。
その様子を取材している報道カメラマンが居られます。


007

 茅(かや)を抜き取っている人たち。
 「飾られた茅を持ち帰っても何の利益もありません。
むしろ他人のケガレを自宅に引き取ることになるわけですから、
茅を抜き取らないように・・・。」神職さんの言葉です。

010

最近は、浴衣を着て茅の輪巡りをする人たちの姿が見られるようになりました。


011

茅を抜き取る心無い人たちの為に、本殿の前に小さな「茅の輪」が作られていて多くのお参りの方たちは、この茅の輪をくぐって身を清めます。

 

012

6月の京都は修学旅行生が大勢来られます
良い思い出になれば・・・・


014

横から撮っていますが、中々立派な茅の輪です。

「茅の輪」のくぐり方にも、作法があります。
まず1回目くぐって左に回ります。
2回目くぐって右に回ります。
最後3回目くぐって左に回ります。
丁度英数字の8の字になります。
 輪をくぐりながら唱える言葉も色々有るようですが
言葉の最後は、「蘇民将来(そみんしょうらい)、蘇民将来」と繰り返します。
「蘇民将来」については、説明すると長くなりますが、要は疫神との関係で古くからの伝承があります。
祇園祭のちまきにも、その文字が書かれています。

« 京都半兵衛麩にお邪魔しましたー2(応接室) | トップページ | まんまん堂でランチしましょ »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
流石、古都人さん
北野天神さんの夏越の神事にお参りされたのですね
茅が抜き取られる・・は今は当たり前のようですが
神職さんの言葉に同感しています
これも流行なのでしょうか?
何となく浅ましいと思うのは私だけでしょうか?
 完成した茅の輪は立派ですね
このまま30日まで・・と願うのは私だけでしょうか
本殿の前の小さな茅の輪も形こそ小さいかも知れませんが
立派な茅の輪ですね
 
今年は何処の神社の茅の輪をくぐって汚れを清めましょうか


古都人さん
 おはようございます
やっぱりお参りされたのですね
今朝は雨が降っていますが
25日は梅雨の晴れ間で好かったですね
私は毎年30日に八坂さんにお参りしています
理由は無いのですが何となく

茅が抜き取られる様子はテレビのニュースで見ますが
神職さんの仰る通りですね
私もこの人達の姿は修学旅行生や、他府県の人達に恥ずかしいと思います

それにしても完成した大茅の輪は流石に立派ですね
本殿の前の小さな茅の輪も大したものです
浴衣姿の若者が茅の輪巡り・・・
これが夏の風物詩になれば着物の町・京都としては嬉しい事です

古都人さん  おはようございます

忘れていました。
こちらでも車で行ける所に塩田神社がありそこで去年は
この茅の輪をくぐってきたのですが。

さすが京都ののですね~
でもこの茅を抜く人がいるなんて初めて聞きました。

今年も後半元気で過ごせますように・・・・
今朝は凄い雨です~

古都人さん
おはようございます。
もう今年もこの時期が来たのですね。
昨年は出かけたように思いますが
今年は娘だけが出掛けましたの。
こういうならわしって風情があって
素敵ですねぇ~
無心になってくぐる姿は微笑ましいです。
見せていただけて良かったですわぁ~
いつもありがとうございます。
今朝はゴミ出しも傘をさしてでした~

taekoさんへ
こんにちわ
毎年八坂さんにお参りされているのは
流石京都の方だと思いました
そもそも疫病除けの発祥の地ですものね
祇園祭が然り 疫神社があり 蘇民将来のことも
関係があり 八坂さんはそれらの本拠地です
八坂さん当日は物凄い人でしょう
私も一度お参りしたことがありますが驚きました

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですか 京都以外にも茅の輪くぐりがあるのですね
京都では大抵の神社で遣っておられます
以前は「茅の輪くぐり」巡りもしたことがありました
そんなにしてもどれだけの御利益があるのか
判りませんが気持ちの問題ですね
そうなんです 他人さんの穢れが付いた茅を抜いて
持って帰ったらと思うのですがね
そうですね 今は少し小降りになりましたが
午前中はしっかりと降っていました

ムームーさんへ
こんにちわ
茅の輪くぐりは昔の人の生活の知恵だったのでしょう
今も京都人の精神生活の1つですね
ただ只管に半年の穢れを拭い これからの
安心・安全を祈りつつ茅の輪をくぐる
要は自分の心の問題 気持ちの問題ですね
そうですね 午前中はしっかりと降っていましたね
昼前に近くのスーパーに行きましたが人は少なかったです
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
茅の輪くぐり、どのようなものかはそれとなく知っているのですが、この年までまだ一度も体験したことがありません。
茅を抜いて持ち帰る人は、何か御利益があると思って、持って行かれるのでしょうか?
神職さんの言葉は届いていないのかな?
ここ数年も運やツキに見放された感がある私、私のふだんの業のせいでしょうが、
どこかで茅の輪くぐりをし、すべての汚れを落として来ましょうか?!

慕辺未行さんへ
お早うございます
茅の輪くぐりは京都だけかと思っていましたが
ブロ友の方から兵庫県にもあることを知りました
京都以外何処まで広がっているのか興味がある
疑問です
そうなのです 他人の穢れが付いた茅を抜いて
持ち帰っても気にならないのか理解出来ませんね
そうですね 慕辺未行さんのお気持ち良く判ります
茅の輪くぐり位では拭えない重いものですものね
月並みな言葉ですがどうぞ頑張ってください

こんばんは
茅の輪くぐり。
もう一年経ったのですね。
季節の移ろいは早いです。
気持ちが追いつきません。

茅の輪くぐりは鎌倉のお寺でも
見かけました。
清々しい気持ちになりますね。
大体の方が笑いながらくぐっているので
見ているほうも笑顔になります。

茅を抜く側にはなりたくないですね。
神様が見てますから。


雅美さんへ
お早うございます
そうですか 鎌倉のそれもお寺でご覧になったのですね
お寺とは珍しいですね
そうですね 今年もそろそろ半分が終わろうとしています
時の経つのが早いですね
毎日が日曜日の身分ながら日々忙しくしていますから
雅美さんと同感の実感ですよ

こんばんは
間違えました。
茅の輪くぐりは鎌倉の神社で見かけたのでした。
訂正します。
そそっかしいので気をつけなければ!

雅美さんへ
お早うございます
有難うございます
わざわざ訂正のコメントを
それで一安心しました
しかし何故お寺には無いのか
新たに疑問が沸いて来ました
調べて見たい興味が生じましたが
さてどの様な方法で?
私の悪い癖です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/52171099

この記事へのトラックバック一覧です: 京都北野天神さんの大茅の輪くぐり :

« 京都半兵衛麩にお邪魔しましたー2(応接室) | トップページ | まんまん堂でランチしましょ »