2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・上賀茂神社の競馬会神事・足汰式 その2 | トップページ | 京都・鳥羽の藤と施設を見る  藤の巻 »

2013年5月 8日 (水)

京都・鳥羽の藤と施設を見る 施設の巻

 「鳥羽の藤」で有名になった「京都市鳥羽水環境保全センター」の、施設を見学させて戴きました。
要は「下水処理場」です。

 家庭や工場などから集められた下水は、道路の下に埋設された下水管を通って、ここに流れて来ます。
そして、ここで幾つもの工程を経て、次第に綺麗になり、川へ放流されます。
 毎日お世話になっている下水処理の様子を、順番(公開されていた工程)に紹介します。

①「スクリーン・沈砂池 」大きなゴミや砂を取り除きます。

001a

全体の様子です。少し匂いがしました。何の? 言わずもがなです。
数年前に見学した時に比べて匂いは随分少なくなっていました。

005a

②「ポンプ場」 深い地下から、汚水を汲み上げます。

008a

静かな雰囲気でした。殆ど音は聞こえません。

次の工程の間に、ちょっと外の様子を覗いて見ました。

010a

高い塔のようなものが見えます。環境測定スポットでしょうか?

③「最初ちんでん池」時間を掛けて小さなゴミや泥を沈殿させます。

014a

全体の様子です。静かに処理中の水が、流れています。

013a

近くで見た様子です。匂いは全くしませんでした。

④「反応タンク」 空気を混ぜ、微生物の働きによって、下水中の汚れを分解します。

015a

下水は、勢い良く動いていました。流れているのでしょうか?良くは判りませんでした。

⑤「最終ちんでん池」 汚れを分解する微生物を沈殿させ、上澄水を放流しま
              す。沈殿した微生物は、反応タンクへ返します。

020a

濾過をせずに、沈殿を繰り返して、下水を綺麗にして行くのですね。

 きれいになった水は、塩素で消毒してから、川に流します。
また、汚泥は水分を抜き、焼却します。
焼却灰は、一部セメントの原料に再利用されるそうです。

 当日戴いた資料によりますと、今年10月1日検針分から、下水道使用料はマイナス3%となり、水道料金はプラス9.6%で、トータル3.7%の改定となる様です。
施設を見学した後、目的の見事な藤の花を見ます。

 

« 京都・上賀茂神社の競馬会神事・足汰式 その2 | トップページ | 京都・鳥羽の藤と施設を見る  藤の巻 »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
 下水処理場の公開は何年か前に見学しましたが
その時の印象は臭い!でした
今は匂いも少なくなったとか化学は日進月歩ですね
改めて下水処理の様子を見ていますが
下水処理とといってもこのような規模で
多くの工程を経て綺麗にし
綺麗になった水は更に消毒して川に流す。
成程と感心しながら拝見しました。

水道料金の改定(値上げ)は家計にひびきますが
記事を拝見して少しは納得しています
 藤の花は・・・?愉しみです。

古都人さん
 おはようございます
下水処理場の様子は初めて拝見しました
藤棚の無料公開は知っていましたが
施設の紹介も有ったのですね
下水処理といってもこのような規模で
幾つもの工程を経て処理されているのですね
とても勉強になりました
焼却灰は一部セメントの原料に再利用
ここでもエコなのですね

古都人さんが外へ出て・・・
外の様子に何となくホッとしました(笑い)

こちらで働かれている方達のご苦労も解る気がしました。

古都人さん   おはようございます

下水処理場をこうして見学できるのはいいですよね。
日ごろお世話になっている水道水のそのもとですものね。

最近この自治会でも見学があったようです。
どなたかのブログでツツジの花を植えていたところを
見せていただきました。

お勉強になりました。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 下水と言いますと流した後は
私達の目には全く触れませんね
そしてここまで流れて来て処理されるまで
知らないで済んでいます
処理センターを見渡しますと相当広い工場
見たいな感じでしたが やはりこれだれの
敷地が要ることが納得出来ました
私達の目に見えないところで頑張ってくれている
のだなあと思いました

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうなのです 京都市内ではこの時期
下水処理場の藤と浄水場のツツジが
何れも無料公開されます
どちらも先日拝見して来ましたが
春の風物詩的な存在になっています
どちらも大勢の方が見学に来られています
ツツジの方は満開にはちょっと行っていません
でしたが・・・

こんばんは (◎´∀`)ノ
我々が日常的に流す生活廃水は、このような施設で処理され、最後はきれいな水となり川へと流れて行くのですね。
これとてかなりの税金がかかっているのだろうなぁ・・・と考えてしまいました。
水の使い方、もう少し見直さなければ!

↓記事も拝見しました。
乙訓寺、見事なほどの牡丹の花が咲き誇っていますネ。
拝見して、いつの間にか牡丹の季節になったと実感しました。
ご住職が代々受け継いで大切に育ててこられたのでしょうね。
歴史の重みが美しさをさらに倍にしているように感じました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
当日戴いた資料によりますと
下水道使用料の改定のことが書いてありましたが
10月1日検針分から3%引き下げられて
10立方m排出量で 2,756円(税別)とありました
どれ位の税金が掛っているかは判りませんが・・・
但し上水道料金は 9.6%の値上げです
上下で 3.7%upとなります
乙訓寺のボタンのことですが 年々立派になって行く様です
凄いです 見事としか言い様がありません
見惚れていました

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
まぁ~すごい大がかりな施設ですねぇ。
日々こちらでこういうことが行われて
いるのですね。
あらためてすごい施設なんだと思いますね。
子供たちが社会見学で行きました。
藤のお花の見事な事、感激しました~
一度見たいと思いながら見せていただきまして
ありがとうございます。

ムームーさんへ
こんにちわ
先日 蹴上の浄水場へつつじを見に行ったのですが
蹴上と比べるとここ鳥羽の下水処理場の規模は
うんと大きいですね
下水ですから色んなものを含んだ水を綺麗にするのですから
処理プールでも沢山必要になる訳ですね
それらの極一部だけしか見学していませんがもっともっと処理
する工程がある様でした
子供達の社会見学には最適の場所でしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51462774

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・鳥羽の藤と施設を見る 施設の巻:

« 京都・上賀茂神社の競馬会神事・足汰式 その2 | トップページ | 京都・鳥羽の藤と施設を見る  藤の巻 »