2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 青もみじの大山崎山荘を訪ねる 建物編 | トップページ | 五個荘町金堂の町並み »

2013年5月29日 (水)

青もみじの大山崎山荘を訪ねる  テラス編

 前回の続きです。
大山崎山荘の建物の内部を拝見しました。
こちらは禁撮影ですが、2階のテラスのティールームは写真可能です。
 爽やかな5月の風を心地よく受けながら2種類のケーキとコーヒーを戴いて
景色を眺めたりしながら暫しの休息です。
 同行者の一人は、「建物の内部よりこちらの方が好いなあ」


005

どっしりした佇まいのテラスは三方が開けています。

006

中高年の方が静かにお話をしながらティータイムを愉しんでおられる姿が
印象的でした。


004

風に吹かれてぼんやり?遠くの景色、近くの景色を眺めている方の姿もあります。

054a1


テラスから、南東方向の眺めです。
ここからは、三川(手前・桂川、真ん中・宇治川、向こう側・木津川)が合流する直前の様子が、望めます。
真ん中の堤防は、「背割り堤」と言い、桜の名所です。
手前に見える橋は、「御幸橋」で八幡市と京都市とを結んでいます。
また、遠くに見える山々は、東山連峰の南端や大和高原に連なる山並みです。

055ab


さらに、目を南に転じますと、男山が真正面に見えます。
ここには、「石清水八幡宮」が祀られています。
山の左手には八幡市が、右手には枚方市が広がっています。
また手前の新緑は、この山荘がある天王山の一部です。

003

こちら特性の苺タップリのケーキです。
ほんのりした甘さが疲れた身体に優しく染み透るようなケーキでした。


008

下の庭から写した外観です。
 一息ついて、庭園を散策します。

 

 

 

 

« 青もみじの大山崎山荘を訪ねる 建物編 | トップページ | 五個荘町金堂の町並み »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん 
 おはようございます
懐かしいです
10年位前になりますがこちらのテラスでお茶をしました
パッと視界が広がって
とても気持ちが好かったのを覚えています
お仲間の「建物の内部よりこちらの方が好いなあ」
確かにそうですね(笑い)
 当時は建物の内部撮影も可能な所が多いでした
私もコーヒーとケーキを戴いてゆっくりさせて戴きました

こちらでお茶をされている方達は皆さん静かで
話し声も気になりませんでした
やはり環境がそうさせるのでしようか
 テラスからの眺め
古都人さんの説明を読みながら改めてその素晴らしさに
魅入っています
 再度訪れたい場所の一つです

古都人さん 
 おはようございます
こちらのテラスの中には入った?出たことは有りません。
お茶を戴かなくては何となく・・・
こんなに素晴らしいテラスだったのですね
お洒落で重厚で三方が開けていて
お茶を愉しみながらそよ風に吹かれて景色を見る
贅沢なことですね
 テラスからの眺め好いですね
手前の緑と川に架かる橋
遠くの山並み
 石清水八幡さんは南になるのですね
大山崎山荘がどれくらい高い場所に建てられているのかよく解ります

特性のケーキを戴かれて好い時間を過ごされましたね

新緑の向こうに見える外観も素晴らしいです
こちらで爽やかな風を感じて癒しの一時を味わいたいものです


天下分目の天王山。
竜馬も乗った淀川の水運。
京、大阪を結ぶ要所。
そよ風の中で私も感慨深く
コーヒーを飲み眺めました。

競馬場には一度も行かなかった。
これは残念とは思わない。

古都人さん    おはようございます

この山荘美術館には1度目はあの絵を見に行ったのです。
手入れのいき届いたお庭や建物に感動しました。

私たちもお茶しました。
ケーキも美味しかったことを覚えています。

この美術館には何度も足を運びたくなるものが
ありますね。
同行の方は最後の写真の絵を描いていましたよ。


素敵と思うのは同じなんでしょうね。

taekoさんへ
こんばんわ
テラスに入るのには別に料金が必要と言うことは
ない様ですよ 椅子に座ると係りの方が注文を
聞きにこられますが・・・
このテラスは絶好の位置に造られていますね
この山荘を造ったころの加賀氏はここから
三川の合流する風景を見られたとのことでした
今ほど木々が生い茂っていなかったのでしょうね
今は天王山の西隣の山の上からでないと見られません
そうですね このテラスでのティタイムは至福のひと時でした

maetetuさんへ
こんばんわ
そうですね ここ山崎は古代から続く交通の要衝ですね
水運や陸運など京と大坂を往来するのに通らなければ
ならない場所でした
幕末も伏見で敗れた幕軍が大坂に退去した時も通ったと
思います 淀城に居た藤堂藩が寝返って幕軍を困らせた
のもこの街道でしょうね
私も競馬は縁の無い世界です

hirugaoさんへ
こんばんわ
流石 hirugaoさん ここにお出でになっているのですね
そうですか あの絵を見にいらっしゃったのですね
ここの目玉の1つですものね
ガードマンが警戒する中での鑑賞になります
そうですか このテラスからの描写 素敵ですね
どんな出来ばえだったのか 拝見したいものです
どなたでも感じる素晴らしい景色には共感を
覚えます

古都人さん  こんばんは
大山崎山荘、素晴らしいですね。
山荘の入り口、ゲートを通れば
訪問者を素敵な世界へと招き入れてくれそうです。
今までは青もみじへの関心は大きく有りませんでしたが、
古都人さんのご紹介で、
今は心大きく魅せられています。
爽やかな風香るこの季節の中での
青もみじの装いは心安らぎます。
中世ヨーロッパ風の邸宅は、どこからも絵に成りそうですね。
テラスのティールームはお洒落で素敵ですね~
何時までも長居をしてしまいそうです。
ケーキとコーヒーも特別美味しかった事でしょうね。
テラスからの眺めが最高ですね。
説明をお聞きしながら、見渡しています。
南東方向の眺めが素晴らしく、
目にしたら感動の声を上げそうです。
素敵なご紹介で、出かけて見たい所が又増えました。

お返事コメントはお互い様でお願いいたします。

すみれさんへ
 こんばんわ
お気遣いありがとうございます
少しだけコメントさせて頂きます
そうですね
青もみじは紅葉とはまた違った爽やかな感動が有ります
5月が一番綺麗な時なのでしょうね
大山崎山荘の建物を描いておられる方は多いようです
絵心が有れば描いてみたい建物です
テラスのティールームからの眺めは最高で
爽やかな風も心地よく何時までも離れ難い気持ちでした
特に南東方面に感動しました
天気にもよりますが・・・
阪急電車からもJRからも便利です
お勧めしたい場所です

こんばんは (◎´∀`)ノ
山荘内は、訪れた人にしか分からない素敵な空間だったでしょうね。
しかし、2階のテラスでのティータイム。
素晴らしい景色を眺めながらのひと時は、格別な時だったことでしょう!
美味しいコーヒーとケーキが、心身ともに疲れを癒してくれたことでしょうね。
この山荘、あの「天下分け目の天王山」にあるのですか (゚o゚)ナニッ?!
この山の中にあるトンネルは、いつも渋滞しているのかナァ~?

慕辺未行さんへ
お早うございます
ここに山荘を造られたアサヒビールの経営者・加賀氏の
センスの素晴らしさに感動します
そうなのです あの天王山の中腹にあるのです
最近は天王山トンネルでの渋滞は聞きませんね
そうですね テラスでのひと時は至福の時でした
目からも舌からもご馳走でした
 今朝は更新されていませんのでこちらに書かせて頂きます
今日から数日間留守にします
帰宅後に訪問させて頂きます

こんばんは
初めて訪れたとき
この開放的な緑の美しさに
ひとりビールで乾杯しました。
非常に美味しかったです。
素晴らしい風が吹き
京都にはまっていく自分を再認識しました。
写真で拝見すると
改めてなんてステキな所なんだろうと思います。

建物の中には
猫足のバスタブや大きなオルゴールがあり
和洋折衷の面白みに感動したことを思い出します。

雅美さんへ
こんにちわ
漸く帰宅しましたのでコメントのお返事を
させて戴きました
何時ものことながら流石 雅美さん!
もう既にここには訪れておられるのですね
どんな情報からここをご存じになったのでしょう?
地元の人でも必ず知っているところではないのですが・・・
多くの緑に包まれた素敵な山荘です
ビールで乾杯 その時のお気持ち 良く判ります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51625516

この記事へのトラックバック一覧です: 青もみじの大山崎山荘を訪ねる  テラス編:

« 青もみじの大山崎山荘を訪ねる 建物編 | トップページ | 五個荘町金堂の町並み »