2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« キリシマツツジが満開の京都・長岡天満宮 | トップページ | 5月の南禅寺・塔頭「天授庵」の新緑 »

2013年5月13日 (月)

有職京料理・西陣「魚 新」で有職料理を戴きました

 京の冬の旅「みやび」(撮影禁が多く撮りませんでした)の昼食は、
御所御用もつとめた老舗料亭・有職(ゆうそく)京料理の西陣”魚新”でした。
 有職とは、諸事万端、宮中の仕来りに則って執り行うことを言います。
こちらの発祥の地は、花の御所として名高い室町幕府の置かれたところで、
その美しい風景をたたえる「七松観(ななしょうかん)」の名の起こりとなった
七本松の一本が庭に残っているそうです。


030
 

安政二年創業で、大正・昭和天皇の即位大饗の宴や今上天皇(きんじょうてんのう 現に在位する天皇を示す呼称 )の即位の茶会、又宮家にと明治維新まで仕えてこられた由緒ある料亭です。

028

御所に出入りを許されたお店のみが掲げられる、白の麻暖簾がかけれらています。


004_2

お料理を戴いた座敷です。


003

設えや調度品は流石に西陣の老舗です。

001_3

舞扇が描かれた立派な金屏風。

 さて、この日戴いたお料理です。


0061

素材を生かしたお料理は、京都の歴史と文化をあわせて、ゆっくり味合うに相応しい味付けです。

006_3



007
   
       
名物料理の「今出川豆腐」です。
色とりどりの野菜のあんがたっぷりかかったお豆腐に若狭のぐじを使った
料理です。
 旧宮家のお気に入りの料理で別名「宮様豆腐」とも呼ばれていたそうです。
江戸時代に刊行された豆腐料理の「豆腐百珍」にもでていたそうです。 
 
土生姜の香りがとてもよく、お豆腐にお味がしみ込ませてあるので、
あんとマッチして名物のお味をじっくりと戴きました。


もとは鴨川の流路であったといわれるこの辺りは、茶道三千家をはじめ
名水が数多く点在しています。
こちらには代々伝わる名水井戸が有り、藤原定家がお茶に使ったとも言われていて、山名宗全ゆかりの西陣弁当も有名です。

 尚、西陣魚新で拝見した「京雛」はこちら です。

« キリシマツツジが満開の京都・長岡天満宮 | トップページ | 5月の南禅寺・塔頭「天授庵」の新緑 »

グルメ&ランチ」カテゴリの記事

京都・西陣」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
魚新の前を通ることが有りますが
落ち着いた佇まいの料理屋さんの雰囲気で
こんなに歴史と由緒の有る料亭とは思いもしませんでした。

設えや調度品は流石に立派
金屏風の本当の値打は解りませんが、豪華ですね
戴かれたお料理は正しく京料理ですね
私も薄味、素材を生かした料理は好きです
今出川豆腐は初めてですが、
温かそうで身体が喜ぶ一品ですね

一度は戴きたい一流の老舗で京料理
何時の事か解りませんが永遠の夢です(笑い)
 

古都人さん
 おはようございます
京都には所謂”老舗”と呼ばれる由緒の有るお店が多く有りますが
魚新は他の老舗とは違いますね
御所に出入りを許された正しく由緒正しい老舗なのですね
設えや調度品に見惚れています
立派な金屏風をさりげなく部屋に飾られている
流石ですね
 お料理も上品で素材を生かしたは嬉しいですね
京都の薄味ですね
宮様豆腐と呼ばれた今出川豆腐の事は聞いたこととが有りますが
素朴で身体に優しそう
名水を使われたお料理は食感が優しいですがこちらにも名水井戸があるのですね

古都人さんは京の冬旅「みやび」に参加されて、昼食は由緒の有る京料理
贅沢な時間を過ごされましたね
 
以前にご紹介の京雛も再見しました


古都人さん    おはようございます

何にしてもやはり落ち着いたしつらいが
いいですね~
とって付けたようでない自然さが感じられます。
店構えもですが屏風にしてもこれだけを見ていたいような気がしました。

お料理ゆっくりと頂きたい感じがしました。
今回は写真OK だったのですね。

京料理ゆっくりと頂いてみたいです。

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
わぁ~こちらは素晴らしいお料理屋さん
ですね。
所蔵のお品も一流ばかりで老舗ならでは
ですね。
さすが御所にお出入りされるだけの
ことはありますね。
お料理の美味しさに加えて品の良いしつらえに
ため息がでますねぇ~
見せて頂けて良かったですわぁ。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね この1日は心に栄養を戴いた
有意義な1日でした
目から舌から京料理の美しさ美味しさを
心ゆくまで味合わせて戴きました
特に今出川豆腐は初めてで
京都のお豆腐料理の底深さを感じて
賞味させて戴きました

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 伝統ある京料理の素晴らしさを
堪能させて戴きました
京料理の根源はやはり古くからの宮中での料理だと
聞きますので食材から料理方法まで長い期間に
作り上げられた細やかな本物の味が魅力でしょうね
時々地元の新聞に京料理を味合う会の広告が載ります
15店舗ほどの老舗の料理店が加盟されていて毎月順番に
回る様になっています 1回当り15000~2万円程度です
確か魚新さんも入っておられたと思います

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね この日は伝統ある京料理を
しっかりと堪能させて戴きまして
至福のひと時でした
京料理は目からも舌からも しっかりと
味合うことが出来ました 調度品も老舗のお店らしく
きちんと整っていました
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
う~
ため息が出るほど美味しそうです。
年に数回の京都。
美味しいお店を探すのも嬉しい目的のひとつですが
ここは別格の様子。
敷居が高そうですが
それでも食べてみたい今川豆腐です。
金屏風の舞扇の柄がなんてきれいなんでしょう。
帰宅早々着替えるのも忘れて見とれています。


雅美さんへ
こんばんわ
予約さえすれば戴けるのではないでょしょうか
確かに老舗料亭ではありますが割合ポピュラーな
お店かと思います
そうですね 老舗料亭での室内のしつらえは
やはり格式はありますね
是非一度挑戦?されては如何でしょう

古都人さん  こんにちは
安政二年創業の有職京料理・西陣「魚 新」
歴史と品位を感じる佇まいを拝見しても
老舗の素晴らしさを感じ取ることができます。
有職のご説明に、そのお料理への期待感は膨らみます。
お座敷の調度品は素晴らしく、疎い私でも
老舗ならではの品格を感じます。
お料理に魅入っています。
「京都の歴史と文化をあわせて、ゆっくり味合うに相応しい味付けです」
この言葉で、京料理、魚新のお料理を
心で味わっています。
名物料理「今出川豆腐」は特に味わってみたいです。
老舗料亭の前を通る事は出来ても、
戴く事は無い私には興味深く、そして機会が有ればの願望が・・・

すみれさんへ
お早うございます
お返事が遅くなりました
丁寧にご覧頂いてのコメント嬉しく拝見しました
そうですね 初めてのお店にはどんなところでも
入り難いですね ましてやこの様な老舗料亭には
特にその様に感じて入れません
今回の様な団体での入店ですと気楽に入ることが
出来ますね
京都市内では老舗料亭の味めぐりと言う企画があって
10数店が加盟されていて毎月1店ずつ食べ歩くものです
予め申し込んでおいて行くと言う形です
料金がやや高いのですがこれですと謂わば団体のようですので
参加し易いです と言いつつ私は未だ行ったことはないのです
参加したいと思いつつ未だ実行出来ていません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49724868

この記事へのトラックバック一覧です: 有職京料理・西陣「魚 新」で有職料理を戴きました:

« キリシマツツジが満開の京都・長岡天満宮 | トップページ | 5月の南禅寺・塔頭「天授庵」の新緑 »