2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・大覚寺「大沢池」の桜 (2) | トップページ | 京都・大覚寺「大沢池」の桜他 (3) »

2013年4月18日 (木)

京都・白川 芽吹きの柳

 東山・円山公園の「大紅枝垂れ桜」を見たあと、白川に出てみました。
目的は、白川畔に植えられている柳の様子を見るためです。

024a

「行者橋」の上から、上流を眺めています。柳は大分芽吹いていました。
遠くに見える山は、比叡山です。

023a

その「行者橋」です。橋の幅は50Cm位でしょうか。
恐々橋の中央まで来て、写真を撮りました。
「行者橋」とは、比叡山の荒行・回峰行の行者さんが、行の1つである「市中大回り」の時に渡られる橋です。

026a

ゆっくりと上流に向かって歩きました。細い枝が勢いよく上に伸びています。

027a

さらに上流へ。

028a

白川の流れです。川底は浅く、ゆったりと流れています。
川面に映る影は、柳の木です。
川面に届く程は、枝は垂れてはいませんでした。

033a

さらに上流に架かる橋の上から、上流を見ています。
手前の小さな橋の向こうに見える(と言っても柳の枝が少し邪魔をしていますが)橋は、
三条通に架かる「白川橋」です。
その畔には、京都市の重文指定の「三条通白川」の立派な石の道標が建っています。


そろそろ新緑に向かって、季節は進んで行くのですね。

« 京都・大覚寺「大沢池」の桜 (2) | トップページ | 京都・大覚寺「大沢池」の桜他 (3) »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
目に優しい芽吹きの柳、やわらかそうな黄緑色に目が奪われています
行者橋と言うのですか?
私もここは渡りきったことは無いです
いいえ、橋の上に立つだけでも怖いです
川底は浅くても怖いです
古都人さんの恐々の気持ちとてもよく解ります
この橋をひゅうひゅうと走るように渡られる比叡山行者さん
行の一つなのですね
普通の者が恐々は当たり前なのかも知れません
浅い川底に柳の木の影。
流石に古都人さん
カメラアングルが冴えておられますね
 
柳を仰ぎ見ながら白川沿いを散策
出来れば朝が好いですね
そんな自分自身を思い描きながら幸せな朝を迎えています

古都人さん
 おはようございます
柳の芽吹きは爽やかな5月の香りがするようです
川辺に柳は似合いますね
特にここ白川は人も少なくいつも静かな佇まい
そんな中でひと際柳の若い緑色が映えます

綺麗な川ですね
春の長閑な様子が伺えます
5月と4月が同居?しているようなそんな白川

鴨川は余りにも有名ですが
観光客の少ない白川も散策には相応しい所ですね
濃い緑の柳にならない間に、私もゆっくり歩きたくなりました。

古都人さん   おはようございます

すっかり柳の芽がのびてこんなに青々しているのですね。
このような橋は怖いです~
よく写真を撮られましたね。
初夏という感じがして素敵です。

いよいよ深緑の季節ですね。
今朝もワンコ散歩でツバメが飛び交うのにあいました。

2,3日前から庭の手入れで疲れています(笑)

古都人さん
おはようございます。
目に優しい新緑の季節になりましたね。
白川の柳は美しくていいですねぇ~
京都は年中わくわくさせてくれる
色々な所がありいいですわぁ。
桜が終わると山々の木々が緑になり
こうして川沿いの柳が青々してて素敵ですわ。
いつも京都を見せて貰えて
あらためて素晴らしい所に暮らしていると思います。
いつもお心遣い頂いて嬉しいです~♪

目に青葉。鰹のタタキも食べました。
最近は桜の風景が多く見かけてていたので
一寸落ち着いた新鮮な気分ですね。

白川をほろ酔い気分で歩きたいものです。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 白川も新橋辺りは観光の名所で
人も大勢見受けますがこの辺りの白川は
大変静かで京都通の観光客しか見受けられません
近くには知恩院からの道や古川町からの道などと
交差していますので そこからの人の流れは
多少あるかも知れません
白川に沿って柳が並んでいる風景は多分ここだけだと
思います 新橋の方は桜です
もう新緑の季節は始まりつつありますね

hirugaoさんへ
こんにちわ
新緑を見ますと初夏を感じますね
昨日や今日の気温から言えばもう初夏ですね
しかし明日からまた気温が下がるとか
3月並みの気温になる様ですよ
体調管理も大変です
そうですか 今がお庭のお手入れの時期ですか
大変でしょうがどうかご無理をなさらない様に
お励みくださいませ

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 桜の季節もそろそろ終わりに
近くなり 新緑の芽吹きの季節を迎えますね
新緑の山の様子など見ていますと
毎年のこととは言え新鮮な気持ちになります
京都はこれから衣替えをして初夏の観光客を
迎えることになりますね
こちらこそ何時も有難うございます

maetetuさんへ
こんにちわ
今年は桜の記事が続き過ぎましたでしょうか
そう思って少し趣向を変えさせて戴きました
桜の記事 もう少し続きそうです
そうですか 鰹のタタキ 召し上げられたのですね
私は未だですが そんな季節感も少なくなりましたね
早速食べたくなりましたが・・・
白川沿いをほろ酔い気分と言えば新橋の方が情緒があって
良いのではないでしょうか

古都人さん  こんばんは
お写真拝見しながら季節の
移ろいを感じています。新緑の季節ですね。
お花は勿論大好きで心和みますが、
芽吹き柳の色合いの素晴らしさに
心安らぎ癒されています。
遠くの山は比叡山なのですね。
何時も視点から見える山並みのご紹介も
あ~そうなんだと、名前を知っている山だけでも
興味深く思います。
「行者橋」50㎝ですか?私は手すりが
無い橋は遠慮したいです。
行者さんは難なく足早に、お渡りに成るのでしょうね。
今日も素晴らしいお写真に見惚れています。
プロの技ですね。
柳がこんなにも美しくて、清々しく心に届くのかと
思いながら拝見させて頂きました。

すみれさんへ
お早うございます
身に余るお言葉 恐縮です
写真歴は長いのですが腕は良い加減です
そうですね 季節は何時の間にか新緑の
季節に移りつつあります
時々目が覚める様な新緑に出会う時が
ありますが心洗われる思いがします
今年もそんな新緑にどれだけ目に出来るのか
楽しみです

こんばんは
なんて京都らしい風景なんでしょう!
日常に川があるなんてすごくうらやましいです。
古い写真で
行者橋を自転車で渡っている人を見たことがあります。
そのころと全く変わらず
京都の町並みは美しいです。
いつまでも変わらないで欲しいと心から思います。

柳の木が大好きなので見とれています。
なんてきれいな新緑なんでしょうね。
なんだか感動ばかりしています。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね 京都の市中を流れる川は
鴨川 そこに流れる賀茂川と高野川
それと桂川 それまでの大堰川・などです保津川
後は小さな川は多くありますね
この白川や高瀬川 それに琵琶湖疏水の分線も
昔は堀川も有名な川でした
平野故の現象かと思います
そうですか あの橋を自転車で 初めて知りました
一気に渡らないとふらふらとしていたら渡れないでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51201275

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・白川 芽吹きの柳:

« 京都・大覚寺「大沢池」の桜 (2) | トップページ | 京都・大覚寺「大沢池」の桜他 (3) »