2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今年も春の京都御所の一般公開に行って来ました ー1 | トップページ | 京都市国際交流会館ー1 庭園 »

2013年4月21日 (日)

今年も春の京都御所の一般公開に行って来ましたー2

 前回は、今年の春の一般公開の中の見どころ、3か所をご紹介しましたが、
今回は御所や御苑の春の様子をご紹介します。

 始めは、「紫宸殿」の前と言えば、そうです「左近の桜」ですね。

007a

「紫宸殿」を囲む回廊にある門の1つ西側の「月華門」から、「紫宸殿」前にある「左近の桜」を横から覗いてみました。

009a

「紫宸殿」前から「左近の桜」を見ています。
「紫宸殿」に向かって右にあるのに、何故「左近」?
京都の雛人形の飾り方、即ち内裏様が向かって右に座っておられるのと同じことです。
天皇は北を背にして、南に向かって左側に座られます。
そして、天皇(玉座)から見て左か右かで表します。

015a

ついでに、「右近の橘」も、ご紹介しましょう。勿論、未だ花も実も見られません。

038a

「小御所」と「御学問所」の前に広がる「御庭池」にも、桜が一本花を咲かせていました。

最後は、御苑の一角に華やかに咲いていた「車返桜」です。
陽が陰ってからの撮影で桜の色が出ていなくて残念ですが・・・・

062a

048a

一部をアップで撮りました。未だ結構蕾があります。

 後水尾天皇が、所用で御所を出られ、ふとこの桜がお目に留まり、御車を引き返えさせて、しみじみとこの桜をご覧になったとか。
 サトザクラの一種だそうで、八重の花を咲かせています。
「御所御車返し桜」とも言うそうです。

« 今年も春の京都御所の一般公開に行って来ました ー1 | トップページ | 京都市国際交流会館ー1 庭園 »

京都御所・京都御苑」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
御所の回廊や門の朱色は綺麗ですね
月華門から覗かれた左近の桜、眺めておられる
皆さんの姿も好いです。
「左近の桜」に「右近の橘」の言葉は京都人なら
知らない人は居ないくらい有名ですが、
さてその説明となると・・・?
何となく解っていそうで出来ません
雛飾りも
恥かしいですが古都人さんの説明でよ~く解りました
 御所のお庭はいつも綺麗ですね
池と橋と木々の緑そして石
1本の桜の花が風情を添えていて春ならではの風景です
 後水尾天皇が目に留められた車返桜
太い幹が3本あるのでしょうか?
見事な八重桜ですね
アップで撮られた花を見ていますが、優しくて可憐ですね♪

古都人さん
 おはようございます
やはり京都御所と言えば・・・
私には朱色の回廊と門です
華やかさが無い?中でひと際映えますね
門を通して紫宸殿を眺めるのも傍で見るのとは
また、違った趣が有るように思います。
今回は左近の桜が見えるのですね
私も↑のtaekoさんと同じで雛飾りの説明も
正しく言えていない者の一人です。
勿論!橘と桜も。
忘れない様にメモメモ
 ”日本に京都が有って好かった”のキャッチコピーが有りますが
京都に京都御所が有って好かった
天皇がお住まいされていて好かったと思います

車返桜、後水尾天皇の気持ちで拝見しました
古木の立派な桜ですが
花は匂うような優しさと可愛さが有りますね
この桜も京都の歴史を見つめてきたのですね

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
わぁ~朱色の門にときめきますわ。
私は朱色を見ると橋でも鳥居でも
ワクワクしますの。
こちらも綺麗ですねぇ~
桜がまだこんなに美しく咲いていましたかぁ。
京都にある数々の文化財
満たされますねぇ~
古都人さん素晴らしい御所を
見せていただけて嬉しいですわぁ~

古都人さん    おはようございます

本当に美しい朱塗りの門や建物ですね~
季節季節の美しさがあると思いますが
このさくらの季節は最高ですね。

ここではないところで橘の実を見たことがありました。
そんなこと懐かしく思い出しながら拝見しました。

いろんな疲れからでしょうか・・・少ししんどくて
今日はゆっくりするつもりです。

おはようございます。
御所こそ日本人の心の文化と伝統の原点と思います。
奥まで拝見できないからこそ
想像力を掻き立てられます。
いにしえの方々の存在を感じます。
ネットからの御所拝観受付は
非常に予約が取りにくいため
紫宸殿は一度しか拝見したことがありません。
何時間でも見ていたい思いに駆られた事を思い出します。
実際係員に注意されつつの拝観でした。
集団行動が苦手なことを痛感しました(笑)

神奈川は朝から冷たい雨が降っているので
一週間後の京都の準備をすることにしました。
京都を思うとドキドキします。
もうすでに私の旅は始まっています。


taekoさんへ
こんにちわ
5月も近いと言うのにこの寒さ 今年はどうなつているのでしょうね
朱色と言う色は魔除けの意味もあるとか聞いたことがありますか゜
目が覚める様な良い色ですね
回りを引き立てる色でもあります
「左近の桜」大分花が散っていましたがそれでも見応えがありました
流石です
「車返し桜」ですがもう1本 細い木が左の方にあった様に思います
「御池庭」は広くていろんな木が植えられていて何時も多くの人が
見入っておられます 撮影されている方も良く見掛けます

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 朱色と言う色は良く目立ちますし
気持ちを高揚させる働きがありますね
その代表的な存在が平安神宮の大鳥居の
朱色ですね 遠くからでも鮮やかに見えます
「左近の桜」は散り始めていましたが未だその
美しさを保っていました
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんにちわ 
朱塗りの建物は本当に美しいです
御所にも季節ごとの美しさは有りますがやはり春が特に好いですね
お疲れになられたのでしょう
以前から少し心配していました
どうぞお大事になさってくださいませ

雅美さんへ
こんにちわ
そうでしょうね 参観申込みは大変な様ですね
その点地元は比較的楽です 直接宮内庁の
京都事務所に出向いて申込み出来ますからね
実は最近そうして桂離宮と修学院離宮に参観
して来ました 申込みしたその場で日程さえあれば
即決出来ましたから
そうですね 1週間後になるのですね
何かお尋ねになることがありましたらどうぞ
ご遠慮なく仰ってくださいませ

古都人さん  こんばんは
「月華門」の朱色の鮮やかさと
そこから臨む左近の桜が素晴らしいです。
人影も撮影時の思い出と成りそうですね。
「左近の桜」と「右近の橘」も深く考えずに
見てきたように思います。
詳しいご説明に納得し、学びました。
「御庭池」の桜、緑の中で一際綺麗に見えますね。
木々の緑も素晴らしい彩です。
後水尾天皇のお目に留まった「車返桜」に
魅せられています。
しみじみとご覧に成ったそうですが
八重咲きの優しい色合いの可憐な桜は
心に深く届いたのでしょうね。
歴史を感じ、高貴な方々が愛でられた桜、
現在、同じ桜を愛でられるのも感慨深いものがあります。
お写真、いつも素敵にお撮りに成りますね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
これが本物の『左近の桜』と『右近の橘』なのですね。
いやはや、感動です。
実は恥ずかしながら、つい最近までどちらも知らなかったのです。
利用しているココログの『ココログ広場』、私はさらにインターポットも利用し楽しんでいるのですが、以前ビンゴの景品でインターポットの庭に飾れる『左近の桜』と『右近の橘』があったのです。
運良くどちらもゲットできたのですが、その時点では京都御所にそれらがあることは知りませんでした。
たまたまインターポットを通じて知り合ったプロ友さんが教えてくださいました。
八重の里桜、大切に守られているせいか、品格が感じられます。
御車を返してまで見入った様子、納得できます。

すみれさんへ
お早うございます
京都御所は年2回 春と秋 に行われますが
やはり春の方が華やかで素敵です
特に「左近の桜」は散り始めていましたが
それでも華やいで見えました
記念撮影もこちらの方が多かったです
(当然と言えばそうですよね)
毎回御所の公開は興味が尽きません
後水尾天皇(または上皇)は何かと話題の
多い方でしたが美意識も凄い方のようです
先日後水尾上皇が造られた修学院離宮を
拝見しましたが素晴らしいものでした

慕辺未行さんへ
お早うございます
「左近の桜」について慕辺未行さんが関心を
お持ちの様に思いましたので今回じっくりと
見て来ました 早くも散り始めてはいましたが
未だ未だその貫録は保っていました
実は私もこんなに「左近の桜」を見たのは
初めての様に思います
「車返し桜」は御苑の中では近衛邸跡の糸桜と
双璧の存在ですね 全く違った桜ですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51272102

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も春の京都御所の一般公開に行って来ましたー2:

« 今年も春の京都御所の一般公開に行って来ました ー1 | トップページ | 京都市国際交流会館ー1 庭園 »