2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・嵯峨野・広沢池の桜(1) | トップページ | 京都 上品蓮台寺の紅枝垂れ桜 »

2013年4月11日 (木)

京都・嵯峨野・広沢池の桜 (2)

 前回の続きです。
「広沢池」の周りを巡りながら、周りの桜を見ています。
池を巡って、池の西側に遣って来ました。
池に沿って歩ける道は、南側と西側しかありません。

013a

池の東北方向を見ています。この辺りは例の宗教団体の区域になります。
望遠で眺めて見ました。少々覗き見的で気が引けますが・・・。
沢山の桜が植えられています。

020a

さらにもう少し北寄りを、望遠で見ますと、静けさは感じられます。
かなり手入れが行き届いたお庭の様です。

021a

そして、何時も見ている茅葺屋根の建物は、さらに北寄りに見えました。
日本の原風景などと言って戴いているところにも、桜が見られます。
一般に公開されていないのが、残念です。

 今度は、池の西側の様子です。こちらにも多くの桜が見られます。

035a_2

この位置の左手は、「北嵯峨田園地帯」で、田んぼが広がっています。
その田んぼに沿って、北に狭い道が伸びています。
その道沿いに桜並木があります。その途中には、池に張り出して「弁天堂」があり、
ハンサムな千手観音石像が安置されています。
奥の山は、遍照寺山です。

061a

桜並木に近付いて見ました。ここの桜の木は、若木から成長期に入った感じの木々でした。
北に伸びている道は、このように狭い道です。

037a

桜並木の先には、新緑の木々も見られます。

 「広沢池」を、南から西へと、桜の木々を眺めつつ、巡って来ました。
こんなに桜を中心にして、「広沢池」を眺めたのは、初めてのことでした。
やがて、桜の花も散り、新緑の季節を迎える「広沢池」周辺です。

 この後、田んぼの中の小道(実は農道)を散策しながら、次の目的地「大沢池」に向かいました。
田んぼでは、早くも耕耘機が耕し作業に入っていました。

 

« 京都・嵯峨野・広沢池の桜(1) | トップページ | 京都 上品蓮台寺の紅枝垂れ桜 »

嵯峨 嵐山」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
優しい春の情景
こんな言葉がピッタリの広沢池
広沢池はやっぱり広いですね
池に沿って歩ける道は、南側と西側しか・・との事ですが
風景が全く違っているのも興味深いです
何処を見ても自然が豊か
これも広沢池の魅力なのですね
特に4枚目の風景が好きです
構図が良いですね
そして桜と新緑の木々の優しい広沢池、これも好きな風景です

これからの嵯峨野も新緑が美しくなるのですね
広沢池を取り巻く様子も変わるのですね
古都人さんの情報が愉しみです。

古都人さん
 おはようございます
桜の季節の広沢池の池がこんなに素晴らしいとは
思いませんでした
どの風景も好きで先ほどから見惚れています
何度拝見しても飽きないのもここの魅力でしょうか
手つかずの良さを感じます
茅葺屋根は日本の原風景で見られなくなりました。
最近は公開されている建物も増えましたが
やはり余り知られたくない、汚されたく無い方も居られるのですね
私も4枚目と最後の写真が特に好きです
やはり古都人さん独特の撮り方ですね
静けさが漂ってい素晴らしいです
私には真似が出来ません
若木も成長して桜の花を咲かせる時が待ち遠しいです
 桜の頃に是非出かけたい場所が増えました。

おはようございます   古都人さん

何とも春めいた周りがピンク色に染まった景色に
心までもが優しくなりますね。
田舎道といってもここはまたお洒落な感じがいたします。

私の写真を何とか褒めていただいてとてもうれしく思っています。
好きなものが同じなのでしょうね。

写真をもう少し初歩から知っているといいのですが・・・
ただ絵の構図を思い浮かべて撮ったりしています。

今はいろんな所を歩いて写真を撮るのが楽しいのです。

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
あの辺りはいい景色ですねぇ~
望遠で見れて良かったですね。
気になりながらまわりの景色と溶け込んで
いる場所ですね。
大好きな広沢の池あたり~
いつみてもよろしいですねぇ~
こうしてあちこちみせてもらえて嬉しいですわぁ。
古都人さんどの写真も素晴らしいです~♪

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 冬にはあんなに厳しい表情だった
この広沢池も桜が満開になると一変して春の
長閑な景色に変わりました
自然の移ろいの見事さに感動しました
こんなに大きな池がもう平安時代にはあったなんて
驚きです
これからは日一日と新緑へと変わって行きます
上手く捉えられたら良いのですが・・・

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね あの冬景色の広沢池が桜だけで
こんなにも変化するなんて日々見ているものでも
感動します 春の力 桜の力 素晴らしい力です
これからは落ち着いた新緑の季節の到来です
そうですね 感性に共通するものがある様ですね
直に見る景色 カメラを通しての景色 また違う
ものがありますね 両方楽しめればと思っております
せいぜいお楽しみくださいませ

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね あの辺りは私の歩きのコースの
一部でもありお気に入りの場所です
変化に富んだ素敵なところです
何時までも眺めていたい景色です
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは~
その昔、現役で働いていた頃は年に2回のリフレッシュ休暇は必ず京都を旅していました。
広沢の池そばの大覚寺、嵯峨野、大原、東山、そうそう醍醐寺の花見も見学しました。
懐かしい京都の景色を拝見し、若い頃を思い出し懐かしい気持ちでいっぱいになります。
丸山公園の枝垂れ桜がずいぶんと大きくなっているのにびっくりです。
やっぱり京都の桜は素晴らしいですね。
又拝見させていただきます。

こんばんは (◎´∀`)ノ
桜を愛でながらの散歩、本当に気持ち良さそうです。
歩き慣れたコースも、この季節はまた格別ではないでしょうか?

↓記事も拝見しました。
花ごとではなく、花びらが散っていく椿は、初めて知りました。
そのような椿があるのですね。

Tillerさんへ
お早うございます
京都の思い出 色々とお持ちなのですね
京都人にとっては嬉しいことです
機会がありましたら又是非京都へお出でを
くださいませ
「京 歩き」ですのでどんどん今の京都を
ご紹介して行きます

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうなんです ここを何時も歩ける
幸せ者の私です
これからは新緑を楽しみつつ歩きます
そうですね 椿は武士には嫌われたと
聞きました その点散り椿は花びらが
1枚1枚落ちるのですから好まれたのでしょう

古都人さん  こんばんは
広沢池の素晴らしさに魅せられています。
お写真全てに心和み癒されています。
初めて拝見した光景に、何故か郷愁と
素晴らしい日本の春を感じます。
広沢池はどの方向からも自然が一杯の
素晴らしい光景が望めそうですね。
木々の彩と桜と茅葺屋根、そこでは現生活でなく
昔々の生活が有っても不思議では
無い様な気もします。
素敵なご紹介に出かけて見たいなぁ~と・・・
どのお写真が一番好きかと見て見ましたが、
全てに見惚れ決められません。
古都人さんのカメラを通しての構図の捉え方、センスは
真似できないものですね。 

すみれさんへ
お早うございます
いつものことながら丁寧にご覧頂き優しいコメントありがとうございます
申し訳なくも思っています
この辺りは京都市右京区なのですが
市中からそんなに離れていないところですが
完全に田舎です 京都市内でも数少ない
自然一杯のエリアです
実はこの辺りは以前から「歴史的風土保存地区」に
指定されていて開発から守られているのです
きっとかなり厳しい制限が掛けられていると思います
そんな守られている地域を自分の歩きのコースに
出来るなんてとても幸せを感じています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51128416

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・嵯峨野・広沢池の桜 (2):

« 京都・嵯峨野・広沢池の桜(1) | トップページ | 京都 上品蓮台寺の紅枝垂れ桜 »