2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都・嵯峨野・広沢池の桜 (2) | トップページ | 京都・大覚寺「大沢池」の桜 (1) »

2013年4月12日 (金)

京都 上品蓮台寺の紅枝垂れ桜

 今年から京都の桜マップに掲載された上品(じょうぼん)蓮台寺です。
ここは何と言っても境内にある4本の紅枝垂れ桜です。
今年も3回訪れてやっと3度目(5日撮影)の正直でした。


036
殆どのカメラマンが撮っておられる山門を通して見た紅枝垂れ桜。
この前を通る市バスの中からも見られます。

010_2
 初めて訪れた時(3月25日)は枝垂れ桜は未だかたい蕾で、
境内には数本の真っ白な桜が咲いていました。
早咲の桜かも知れません。
紅枝垂れ桜と道を挟んて右側になります。


038
ここの境内に咲いている枝垂れ桜の中で一番大きく美しい木です。

046_2
近くの3歳の保育園児。カメラマンの「はい! チーズ」に思い思いのポーズ。

043
そんなに広くない境内ですが、4本の桜は見ごたえが有ります。
こちらの御住職(尼さん)は、若い綺麗な方で
「こんにちは、今が見ごろでしょうか、ゆっくり愉しんで下さいね」とニッコリされて恐縮します。
 

 上品蓮台寺は”蓮華金宝山九品三昧院”と号する真言宗智山派のお寺です。
聖徳太子が創建したとされ、天徳4(960)年には宇多法皇の勅願により、
寛空僧正が再建されました。
 応仁の乱でそのほとんどが焼失した後、豊臣秀吉などの帰依を受け江戸時代には子院12ヵ寺をもつ大寺として繁栄しました。
十二坊の名で親しまれ現在残されているのはそのうちの3つだけです。
 (立札を参考)

« 京都・嵯峨野・広沢池の桜 (2) | トップページ | 京都・大覚寺「大沢池」の桜 (1) »

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
3度足を運んでこの素晴らしい桜の風景を
撮られた古都人さんに敬意を表します
満足された写真なのですね
とても納得しています
それにしても京都はお寺にも神社にも川縁にも
至る所に桜の木か有ります
有り難い事ですね
 若いご住職さんのお人柄が桜にも表れている
そんな綺麗で優しい紅枝垂れ桜
静かな境内でゆっくり花を愛でる
古都人さん、贅沢なひと時を過ごされましたね
お蔭で私も心を無にして拝見することが出来ました
可愛い保育園児のように

古都人さん
 おはようございます
素晴らしいですね
山門を通して見る紅枝垂れ桜
そして白い桜の花、季節の移ろいを感じます
それにしても見事な枝垂れ桜
満開のでしょうか?

静かな佇まいの境内に何物にも邪魔をされないで
伸び伸びと育っている桜の木。
京都の桜マップに載るのは当たり前ですね
大勢の方に来てほしくない・・・・
ひっそりの佇まいを守って欲しい

桜の木の下で記念撮影の保育園児
大きくなってからも写真を見る度にこの立派な
紅枝垂れ桜を思いだすことでしょうね

古都人さん    おはようございます

3度目の正直でこんなに素晴らしいシダレザクラの写真が撮れて
良かったですね。
撮れてというより見られて本当に満たされた思いだったでしょうね。

市バスの中からも見えるというこの桜は1枚目のお写真のように
門を入れて切り取りたいです。

素晴らしい花つきのそしてお天気も良く
良かったですね。

古都人さん
おはようございます。
まぁ~何と雅な桜のお花でしょう。
枝垂れ桜これだけ大きくてお花を
いっぱいつけて見応えがありますね。
存在感があります~
綺麗に写されていますわぁ♪
いつもありがとうございます~♪
お越し下さるのをいつも
心待ちにしておりますの。

taekoさんへ
こんばんわ
ここを初めて知った時はひっそりとしていましたが
今ではこんなに華やかな存在になって仕舞いました
そして桜マップにまで載るようになりました
場所は千本通でも静かな場所ですが
桜の人気には驚かされます

hirugaoさんへ
こんばんわ
千本通(と言ってもご存じない通りですが)で市バスは始終通っていますが
知らなかったら通り過ぎて仕舞います
知っているとバスの窓から一瞬ですが見えて何となく心惹かれます
そんな感じの桜です
やはりお寺を訪れじっくりと拝見したいものです
これからはさらに人気が増して行くことでしょう

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね お寺の桜としては煌びやか過ぎるかなと
思ったりします 
ここまで育てられたお寺のご苦労は大変だったのでは
ないでしょうか
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
通りかかったことはありますが
しーんと静まり返ったお寺だったとしか覚えていません。
手入れの行き届いたお庭でしたが
こんなに生き生きとした若々しい桜の花を見ることが出来るなんて!
これだから京都通いがやめられないんです。

桜の花と子どもたちは
幸せの象徴のようなショットです。


雅美さんへ
お早うございます
この前を通りかかられたとは何処へ行こうと
されていたのでしょう?
何時もながら流石 雅美さんですね
この辺りは観光名所はありませんものね
千本通 北大路通 近辺ですからね
桜の木と子供達 こんな光景が見られたのは
幸運でした

古都人さん  こんにちは
上品蓮台寺、振り仮名を嬉しく思います。
京都の桜の名所、ご紹介の度に美しさに魅せら
皆さんが京都へお出かけに成る事に納得です。
そして京都にお住いの古都人さんを羨ましく思います。  
桜色もいろんな色が有りますね~
夫々に綺麗で可愛く心惹かれ
いつまでも見惚れてしまいそうです。
上品蓮台寺の桜、何度も足を運ばれての
桜は素晴らしく素敵にお撮りに成りましたね。 
皆さんの目線も同じなのですね。
山門を通しての桜はしっとりと風情があり素敵です。
恋しい人(花)との対面を思い描いてお出かけだったのでしょうか?
桜を愛する事は子供も大人も同じですね。
保育児と桜、地域にも愛され、共に成長しているのでしょうね。

すみれさんへ
こんにちわ
そうですね コマーシャルではないですが
「日本に京都があって良かった」
そしてそこに住む私達京都人は良かった
と思って有難く感謝々々です
一頃京都または京都人の悪口(例えば閉鎖的
裏と表の違いなど)を良く耳にしましたが
最近は聞かなくなりました
(私の耳に入らないのかも知れませんが・・・)
実際には誤解があったと思います
と俗世のことは措いておくとして桜もそろそろ
見納めとなりそうです まだ少し名残りの桜は
続きますが・・・

こんにちは
昨年船岡山から千本ゑんま堂を目指して歩き
千本通の不思議な雰囲気に魅せられてしまいました。
また歩きたい場所№1です。

お名前がありませんお方へ
お早うございます
ようこそお越しを有難うございます
そうですね あの辺りは平安京の時代は
葬送の地でしたから何かを感じられたのでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/51116793

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 上品蓮台寺の紅枝垂れ桜:

« 京都・嵯峨野・広沢池の桜 (2) | トップページ | 京都・大覚寺「大沢池」の桜 (1) »