2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村宇兵衛邸」 ひな飾り | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り »

2013年3月 2日 (土)

商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 建物

 昨日の続きです。
「近江商人屋敷」としては、3番目(最後)の「外村 繁邸」に来ました。
ここは、私小説作家だった「外村 繁」の生家です。
4代目外村宇兵衛の妹・みわに婿養子を迎えて分家したのが、この家の始まりです。
「みわ」は、繁の母です。繁は3男でしたが、兄は本家の養子に、2男は病没したため、
跡取りとなり商家を継ぎました。
しかし、文学の道を志したために、家業を弟に託して東京に住みました。

 ここ「外村 繁邸」は、「外村宇兵衛邸」の「花筏通り」を隔てた西にあり、
入り口は「寺前・鯉通り」に面しています。この様に3軒の「近江商人屋敷」は、通りを挟んで接しています。

085a

「外村 繁邸」の入り口です。
右手の道は、「寺前・鯉通り」(名前の由来は、後日ご紹介します)です。
右手奥に人(観光バスのガイドさんです)が立っているところが、
「宇兵衛邸」です。

086a_2

石橋を渡って中へ進みます。右手に見えるのが門です。

064a

門をくぐって左折して、玄関に向かいます。見えている建物は、主屋です。

084a_2

玄関ですが、こちらも簡素なものです。
普通の民家の玄関と大差はありません。
因みに、ここの総面積は 2395平方m(約730坪)、 建物は 496平方m(約150坪)あります。

070a

主屋の座敷に面したお庭です。ここにも礎石らしきもの(左手下)がありました。

069a_2

お庭の片隅にあつた「織部滑車」で、真ん中やや上に、その滑車が見えます。
織部釉を施した瀬戸焼の滑車で、江戸末期に多く作られたそうです。
後年、茶人達が井戸の飾りとして使用したそうです。

 では、ここでも中に入らせて戴き、ひな人形を拝見しましょう。
ご訪問ありがとうございます。
都合により本日、コメントを閉じています。

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村宇兵衛邸」 ひな飾り | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り »

京都府外」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49576438

この記事へのトラックバック一覧です: 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 建物:

» ひな人形、みやびやか 東近江の8ヵ所で展示始まる [ローカルニュースの旅]
100組を超えるひな人形を、滋賀県東近江市五個荘の近江商人屋敷などで一堂に展示する「商家に伝わるひな人形めぐり」が1日、始まった。貴族の生活が垣間見える御殿びなや、近江八景をイメージした創作びなが観光客を楽しませている。3月23日まで。... [続きを読む]

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村宇兵衛邸」 ひな飾り | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り »