2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 建物 | トップページ | JR京都駅ビルからの眺め »

2013年3月 3日 (日)

商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り

 近江商人屋敷のひな飾りも最後になりました。
外村家(外村繁邸)の建物などを拝見した後は、こちらに伝わる歴史あるおひな様などを拝見しました。


119
           源氏枠飾り (明治時代)
御殿の屋根を取り払って雛人形の姿を見やすくしたものを源氏枠飾りと読んでいます。


107
          外村家のおひな様(明治時代)です。
当家の主人だった外村吉太郎が、明治31年に生まれた長女と志の、
健やかな成長を願ってそろえた、親王飾りのひな人形です
(と志は、外村繁の実姉)

132
         同じく外村家のおひな様(昭和時代)


137
 
           御 殿 雛 (昭和時代)
御殿雛は外村宇兵衛邸でも紹介しています。

133
       外村みわさんの晴れ着
みわ(明治11年~昭和37年)は、外村繁の母親
絹の光沢は衰えていなくて豪華で上品でした。

 滋賀県東近江市五個荘の商家に伝わる豪華で歴史を感じるひな飾りなどを拝見して、
豪商・近江商人の文化に触れた気がしました。
 写真は80枚ほど撮りましたが、ひな飾りに拘らずに紹介しました。

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 建物 | トップページ | JR京都駅ビルからの眺め »

京都府外」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
まず、↓の繁邸、やはり素晴らしいですね
感心しながら拝見しました。
3軒の近江商人屋敷が接している
まるで明治?大正?時代の光景に思い浮かべてしまいました。
 さて、こちらのひな飾りも素晴らしいの一言です
源氏飾りは京都市文化博物館に展示されているのを見ましたが
こちらののもそれに負けない位立派ですね。
外村家のおひなさま、特に明治時代の親王飾り
上品で素晴らしいです。

そしてそして、外村繁さんの母親の晴れ着
確かに絹の光沢が美しくて、豪華ですね
今の時代では考えられない贅沢な晴れ着
これもこちらの家宝なのでしょうね

3軒のひな飾りを拝見して
豪商と言われた近江商人のロマンと文化を感じました。
寒い中での取材ありがとうございました。

古都人さん
 おはようございます
今朝は冷えますね
↓の外村繁邸の総面積で他の近江商人屋敷の広さも
想像できますね。

愈々近江商人のひな人形巡りも最後なのですね
源氏枠飾りも初めて見ました
確かに屋根が無い方がひな人形の姿がよく見えますね
これは明治時代との事ですが
今まで大切に守って来られたのですね
外村家のおひな様はお父さまの娘への愛情が
ひな人形に、特に顔に表れているようです
明治時代と昭和時代ではひな人形も違いますね
昭和の方がモダンに思えます

最後の外村みわさんの晴れ着
写真でもその素晴らしさは充分解ります
やはり質の良い物は時代を経ても変わることなく
その美しさを保っている
そんな感慨が有ります。

近江ひな人形巡り毎回楽しく拝見しました。
取材ありがとうございました。

近江商人発祥の地東近江市五個荘では歴史的な町並みを生かし、
近江商人のふるさとに伝わるひな人形を展示公開
「にんげん雛まつり」と「清湖雛」を楽しみにcoldsweats01
しかし、岐阜と滋賀の県境大雪でsnow
毎年の、白壁と舟板塀が特徴の近江商人屋敷へ行けず
断念して、帰るがdespair
古都人さんのRSSを表示してますので、
楽しく拝見しました、違ったアングルから捕らえられ
再発見しました。ありがとうございました。camera

先日京都へ北野天満宮梅花祭へ
http://4travel.jp/traveler/isazi/album/10753596/

古都人さん    おはようございます

こちらの町並みを昨日検索いたしました。
いいところですね~
行ってみたくなりました。(すみません、毎回言っていると思います。)
古いお雛様の冠の飾りが豪華でとても素敵ですね。

いろんな周りのことなど着物も素晴らしく絹の光沢が
お写真でも出ていて素晴らしさを感じました。

今日はお雛様です。
きっと散らしずしとお吸い物だと思います。

今日は楽しい雛まつり~♪

古都人さん
こんにちは。
雅で厳かなお雛様たち、こちらで飾られてこそ
値打ちもありますね。
大勢の方々の目に心にしっかりと
とらえられましたよね。
古都人さんがこうしてご紹介されて
見せて貰えて嬉しいですわ。
昔の豪商のお家は素晴らしいですね。
絹の光沢に目が~
今年は見に行けなかったですけど
良かったです~
いつもありがとうございます♪

taekoさんへ
こんにちわ
3軒の近江商人屋敷のひな飾り それぞれに
そのお宅の歴史を感じさせるものでした
建物などはそんなに贅沢なものとは思いませんが
親の子供に対する愛情の現われの1つとも思える
ひな飾りにはそれなりのお金は使っておられたことが
良く判りました

風に吹かれて旅人さんへ
こんにちわ
ようこそご覧くださいまして有難うございます
毎年 五個荘町にはお出掛けの様ですね
今年は残念でした 今年は積雪地帯は凄いですね
お役に立てて嬉しいです
北野天満宮の梅花祭の記事 拝見しました

hirugaoさんへ
こんにちわ
どうぞご遠慮なく仰ってください 「行ってみたくなった」と
何時かはきっと行って戴く機会はあることでしょう
hirugaoさんの旅心をくすぐりますが・・・
おひな様の冠はイギリス辺りの女王や王女さまの
冠に負けないものだと思います
日本古来の伝統に裏打ちされた立派な作りだと思います
そうですね 今日は「桃の節句」 雛祭りですね
お祝い事をされるのですね

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 3軒の近江商人屋敷のひな人形
お楽しみ戴けましたでしょうか
豪華 雅 歴史 などそれぞれに特徴ある
雛飾りでした
これからもずっとしっかりと守って行って戴きたいものですね
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
ひな祭りですね。
年度末でじたばたしていると
こんな行事までうっかり忘れ
心の潤いが減っていることを反省します。
全く本当に反省です。
多忙を極めつつも雅な気持ちを忘れない
近江商人を見習わなければ!
あでやかで品のあるお顔のお雛様ですね。


雅美さんへ
お早うございます
年度末でご多忙とのこと
くれぐれもお体に気を付けてくださいませ
少しでもお忙しい中での癒しになれば
嬉しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49570038

この記事へのトラックバック一覧です: 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り:

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 建物 | トップページ | JR京都駅ビルからの眺め »