2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 久し振りに京都・伏見の町を歩くー1 酒蔵開き | トップページ | 久し振りに京都・伏見の町を歩くー3 町中散歩 »

2013年3月20日 (水)

久し振りに京都・伏見の町を歩くー2 宇治川派流沿い

 新酒を戴いてから伏見の町を歩きます。
伏見の町は、豊臣秀吉が伏見城を築いて以来、城下町として発展しましたが、江戸時代には東海道の淀川の港として、大いに賑わいました。
 また、良水に恵まれ土地であったことから、明治時代以降酒造業が隆盛となり、
伏見の酒として全国に広がりました。

 その淀川~宇治川の流れを取り込んだ「宇治川派流」に沿って歩きました。

033a_2
 「宇治川派流」に沿った道に下りる手前にあるのが、この「建長寺」です。
弁財天が祀られています。境内には「閼伽水」があります。
山門や築地塀の朱色が褪せているのが、寂しく思いました。


036a

「派流」沿いの道から、眺めた風景です。右手に見える塀は、「大倉酒造」の裏手になります。

040a_2

 「派流」沿いには、柳が植えられていますが、今は残念ながら、こんな景色です。
見える酒蔵は、同じく「大倉酒造」のもので、こちらの銘柄は、「月桂冠」です。

045a_2

今来た道を、振り返って見た景色です。柳の芽吹きが待たれます。

046a1

 蓬莱橋の手前から「派流」を離れて、道路に出ました。
暫く進むと、観光客に人気の「寺田屋」前に来ました。
多くの人達の姿があります。
 幕末近く、ここでは薩摩藩士による「寺田屋騒動」や、土佐脱藩浪士・坂本龍馬や女将のお登勢、そして後に龍馬の妻になつたお龍など、有名な史跡です。

 この後 「宇治川派流」から離れて、伏見の町を散策しました。



« 久し振りに京都・伏見の町を歩くー1 酒蔵開き | トップページ | 久し振りに京都・伏見の町を歩くー3 町中散歩 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
宇治川派流の風景、何時みても何度見ても素晴らしいですね
こちらで絵を描いておらる方が四季を問わず居られます
古都人さんが歩かれた日は人影も無く
青空と川の流れそして続く酒蔵
素晴らしいです
 柳が芽吹いていないのは寂しい気もしますが
そのかわり景色がすっきりしていますね
柳の芽吹きと共に大勢の方が散策されるのでしょう
 観光のスポット寺田屋はいつも多くの人達で
賑わっていますね
私も若い頃初めてここに来た時は歴史に浸って?感動したものです
その頃の自分が懐かしいです


古都人さん
 おはようございます
やはり宇治川派流に沿って歩かれたのですね
私も必ずこの道を歩きます。
最近は訪れる事も無くとても懐かしく拝見しています
建長寺の山門や築地塀の朱色がここの特徴だったのですが
寂しいですね

柳の芽吹きが無い時で人影も無く風景もスッキリして
川の流れも酒蔵もとても綺麗に見えますよ
青空の下、古都人さんがゆったり歩かれている様子が目に浮かびます
 寺田屋も久しく行ってませんが
お登勢やお龍の健気な姿や寺田屋騒動を思いますね。
大河ドラマを見て感動したものです
久しぶりに訪ねて見たくなりました。
 
いつも、古都人さんの行かれた場所は
魅力的で行きたくなりますね

古都人さん     こんにちわ~

新酒を頂いてから また歩くこの道は素敵ですね。
どんなお酒がお好みなんかしら?
お酒はあまり頂きませんが何でも辛口の方が好きです。

河沿いの散策は建物が木造でいいですね~
柳の芽も出てきていいものですね。

今度はhirugaoがこちらを案内していただきたいです。

古都人さん
こんにちは。
いつもお心にかけて下さってありがとうございます。
まぁ~素晴らしい所へお出かけですね。
ちら~って通過しただけです。
風情のある素晴らしいところですね。
これから柳が芽吹き青々して菜の花や桜が
土手を彩る季節がたのしみですね。
寺田屋はやはり人気スポットですね。
京の街はどこでもが歴史に彩られていますね。
見せていただけて良かったです~♪
行きたいです~♪

taekoさんへ
こんばんわ
日が長くなりましたので この時間ですから
「こんばんわ」と書きましたが外は未だ明るいです
伏見の町を歩く場合のベスト・ロケーションですね
宇治川派流沿いの道は・・・
大抵の方はここを歩いておられることでしょう
この日この道でモデルを使っての撮影もされていました
柳が新緑になったころ一度是非お出掛けくださいませ

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうですね どちらかと言えば辛口の方が良いですね
以前に一度戴いたことがあるのですが本当の「原酒」が
願望なのです アルコール度数もやや高く少しとろりとも
していました その後は再びお目に掛かれていません
そんな日本酒がのみたいなあと思っているところです
そうですね ここをご一緒出来れば嬉しいですね

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね 伏見の町は素敵なところが
あちこちにありますね
酒蔵の町とともに歴史にちりばめられた町でもありますね
柳の木の青い芽も間もなくのことでしょう
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
このあたりはガイドブックに良く紹介されていますね。
さすがにきれいに整備され歩きやすそうです。
何度も同じ事で感心しますが
立て看板や電線がないので空が広く見えます。

柳の新芽は大好きです。
芽ぶけばまた景色が変わり一層魅力的になりますね。

4月下旬の京都をとことん歩くつもりで
ウォーキングシューズ購入しました。
どこに行こうかワクワクします。

こんばんは (◎´∀`)ノ
京都は何度か訪れましたが、駅から北のエリアばかりで南の伏見のほうはほとんど歩いたことがありません。
こちらも風情ある街並みが残っているのですね。
学生時代に旅先で知り合った方のご自宅や下宿に泊めていただいたことがあります。深草と木幡でした。その時にのんびり歩いてみればよかった・・・と今さら思いました。

雅美さんへ
お早うございます
そうですね この辺りは伏見の町歩きでの
お奨めポイントですね
若し良ければ雅美さんの京都ウォーキングの
1つの目的地にお選びくださいませ
旅のプランの段階も楽しみの1つですね
どうぞベストプランをお立てください

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですか 深草と木幡に泊まられた
ことがあったのですね
その時はその辺りを歩かれたのですか
そうですね 京都観光は北の方に主要地が
集中していますね
南北の境界をJR京都駅を基準に考えて
南の方はどちらかと言えば準工業地帯とされています
建築の高さ制限も緩和されています
京セラの本社ビルが既に建っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49509926

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに京都・伏見の町を歩くー2 宇治川派流沿い:

« 久し振りに京都・伏見の町を歩くー1 酒蔵開き | トップページ | 久し振りに京都・伏見の町を歩くー3 町中散歩 »