2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 久し振りに京都・伏見の町を歩くー2 宇治川派流沿い | トップページ | 久し振りに京都・伏見の町を歩くー4 酒蔵 »

2013年3月22日 (金)

久し振りに京都・伏見の町を歩くー3 町中散歩

 「宇治川派流」から離れて、伏見の町中を歩きました。
 今回のご紹介は、出来るだけ「酒蔵」などとは切り離してと思っていますが、
なにしろ伏見の町のことですので、そうも行かないところもあります。

003a

「伏見・大手筋商店街」です。近鉄電車の「桃山御陵前駅」から、京阪電車の「伏見桃山駅」を越えて、西へ竹田街道まで約600mもある大商店街です。
「大手筋」とは、伏見城の大手門前からの道を指します。
未だ時間も早かったので、殆どのお店は開店前の状態でした。
下町の雰囲気がある、活気ある商店街で、いろいろなお店が軒を連ねています。
町名からも、伏見城の城下町の名残りが伺えます。
 銀座町・両替町・瀬戸物町・風呂屋町・鷹匠町・魚屋町などです。

006a_3
  油掛町付近で出会った、何か由緒有り気なお宅でした。
手前左手から、ずっと先の白壁の蔵まで、1軒のお宅ではないかと思いました。
手前が何かの商売の部分、真ん中が住居部分、そしてその先はお庭と蔵ではないでしょうか。
伏見の町中のお宅ですから、或いは酒造りに関係があるかも?・・・

007a_2

住居部分と思われるところを大きくして見ましたが、出格子(2階にも)や色々な格子戸が、見事です。
格子戸に、このお宅の品格の高さを感じました。
今もお住まいになっているようです。

010a
 「白菊水」の水汲み場です。
伏見の清酒・神聖の山本本家が、酒造りに使っている水だそうです。
御香宮神社の御香水と同じ水脈だとか。
数人の方が並んでおられましたが、この光景は、伏見の町の所々で見られます。

066a
 上の場所に近い辻の風景です。
「鳥せい」は、この辺りでは人気の鳥料理店で、隣には「神聖」の売店もあります。
「酒蔵開き」の日とあって、人通りが多いです。
突き当りを右に行くと「月桂冠大倉酒造」の展示館に行けまが、この辻の手前を右に行きました。

068a
 そこにあったのは、この石碑でした。
坂本龍馬は脱藩者でしたから、この藩邸に出入りが出来たかどうか?
しかし、龍馬の伏見での定宿・寺田屋は、ここからはそんなに離れてはいません。

龍馬関係で、もう1つの石碑が、↓です。

086a
 龍馬が寺田屋に泊まっていた時に、伏見奉行所の捕り手に襲われ、
手に重傷を負い逃げて来て隠れたところです。
 お龍の機転で、薩摩藩の伏見藩邸に匿われました。
龍馬の写真で、手を隠して撮っているのは、その傷のためとか言われています。

もう1つ、幕末の史跡です。

071a_2
 東本願寺伏見別院にある「会津藩駐屯地」跡です。
幕末の「鳥羽伏見の戦い」の時のものではないかと思います。

075a
 「大手筋」から少し北に行った瀬戸物屋町にある「源空寺」です。
ちょっと変わった山門ですが、伏見城の遺構を移築したものだそうです。
ここには、豊臣秀吉の持仏の大黒天が祀られています。

 次回は、いよいよ有名どころの酒蔵を、ご紹介したいと思います。

« 久し振りに京都・伏見の町を歩くー2 宇治川派流沿い | トップページ | 久し振りに京都・伏見の町を歩くー4 酒蔵 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
伏見は秀吉とは切っても切り離されない場所なのですね
近年では幕末。
今も歴史の残る伏見、魅力的な伏見当時の事に思いを馳せながら
ゆっくり散策するのも良いですね

大手筋商店街、随分立派になりました。
勤めていた頃、この商店街の中に有る”更科”で
お蕎麦を何度か戴いたことが有りました。
懐かしいです。

白菊水は何度か飲みましたが、滑らかで優しい口当たりでした
鳥せいのお食事は戴いたことが有りませんが
機会が有れば是非訪ねたいお店です

古都人さん
 おはようございます
伏見はこんなに魅力的な町だったのですね
今まで伏見については殆ど知らなかった。
いいえ、積極的に知ろうともしなかったと思います。
写真を拝見しながら説明を読んで
驚いたり反省したりです

私の伏見はやはり酒蔵と宇治川派流でした
探してみれば他にも色々魅力のある場所が
有るのでしょうね
 大手筋商店街も歩いてみたいですし
伏見城の城下町の名残の町名の場所も歩いてみたい。
見事な雰囲気の有るお宅の前も。
疲れたら白菊水の水汲み場でお水を戴いて
鳥せいでお食事して・・・・

歴史の有る伏見の町、古都人さんのご紹介の場所を
地図を片手に歴史散歩するのも良いですね

 古都人さん     おはようございます

歴史ある町歩きは本当にいいものですね~
伏見というのはこのような町歩きが出来るのは知りませんでした。

ただただ有名なところを歩いていたようで
こうした辻を足を止めてみたいですね。

今朝はかなり冷え込みましたがお昼ころには
暖かくなるようです。
少し出歩きすぎましたので今日はゆっくりしようかな
と思っています。

古都人さん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
伏見は今では行きませんがお知り合いの
お家に何度か訪ねたおりのこと
思い出しました。
立派なお宅がありますねぇ~
こういう構えを見るのはいいですね、素敵です。
歴史上の人物が暮らしたあとを
訪ねるのも素晴らしいわぁ~
古都人さんにこうして見せていただけて
行きたい所がどんどん増えて来ました~♪

古都人さん  こんにちは
伏見の町散策、順を追ってご一緒させて頂きました。
私が知る京都は観光客が沢山の所ばかりです。
本当の京都の良さは、お住まいの方の
目線でのご紹介が魅力的なのではと思います。
「酒蔵開き」アルコールは駄目ですが、
それでも出かけて見たいと興味津々です。
お酒は駄目でも工場見学と酒粕、酒まんじゅうは
買い求めたいですね。
伏見の銘酒、4銘柄で知っているのは鶴正宗(酒粕で)だけでした。 
「派流」が?でした。そして学びました。
何も知らない私です。
酒蔵が見える風景、素敵ですね~ のんびり散策は心和み癒されそうです。
柳の芽吹きは風情を増すのではと思います。
「伏見・大手筋商店街」は大きな商店街ですね。
こちらならではの出会い、伏見の生活が感じられそうです。
歴史ある町、地名を知っての散策は又違った
ものが感じられるのではと思います。
油掛町の素晴らしいお宅も物語が有りそうです。
京都は至る所に歴史ありですね。
素敵なご紹介に、出かけて見たいとの思いが募りました。
 

taekoさんへ
こんばんわ
そうですね 伏見の町はそんなに古い歴史はありませんが
(豊臣時代から)色々な歴史の見どころが多くありますね
人気は酒蔵・龍馬あたりかと思いますが細かく見て行きますと
奥が深いですね 1日のウォーキングでは足りない位かと
思いますね
お時間がありましたら是非一度お出掛けを・・・

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうですね 伏見の町は色々な顔を持った町かと
思います
歴史的には豊臣秀吉の時代からですが その頃から
政治の中心地でもありました
その名残が明治維新後 一時「伏見市」の時期もありました
そうですね 朝は寒かったですが日中は16度位まで上昇し
朝・夕の気温差の大きさに驚いています
日が暮れてから少し寒くなりました

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね 伏見に行くには地下鉄と言う訳には行きませんから
少々不便さはありますね
近鉄か京阪を利用するか市バス(系統がやや難しいです)によらねば
なりませんものね
お出掛けが大変かと思いますので拙いブログですがお役立て
くださいませ
こちらこそ何時も有難うございます

すみれさんへ
こんばんわ
そうですね こちら伏見の町は京都の中心地の観光地と比べますと
人は比較的少ないですね そんな中で「寺田屋」は何時も人は多いです
坂本龍馬人気でしょう
そして酒蔵めぐりでしょうか
「派流」と付く流れは私はここだけしか知りません
江戸時代 淀川~宇治川と船便があってその流れが伏見に繋がっていた
ことからそんな名前が付けられたのかと推測します
「伏見港」もありました 今もその名を付けた施設があります
伏見の町中の豪邸は多分造り酒屋の関係かなと思います

こんにちは
さすが伏見。
良い街並みですね。
出格子の美しさは素晴らしいです。
とり清は15年くらい前に行った事がありますが
雰囲気のある美味しい焼き鳥屋でした。
有名なんですね。

町の中に美味しい水が湧き出ているなんて
夢のようにうらやましい話です。

会津藩は京都のあちらこちらに
駐屯所があるんですね。
色々知ることが出来てうれしいです。

雅美さんへ
こんにちわ
流石 雅美さんですね 「とり清」には行っておられるとは!
私も数年前に或る会合で初め行きました たっぷりと
焼き鳥を戴いた記憶があります
伏見の町は見たいところが多いですね
地下水が豊富なところから「伏水」=「伏見」と付いたと聞きます
町中の何か所かに名水の汲み取り所が設けられています
確か殆どが無料か寸志だったと思います
会津藩の幕末時の京都守護職陣屋は金戒光明寺にありましたが
伏見は幕末戦での屯所かと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49537321

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに京都・伏見の町を歩くー3 町中散歩:

« 久し振りに京都・伏見の町を歩くー2 宇治川派流沿い | トップページ | 久し振りに京都・伏見の町を歩くー4 酒蔵 »