2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り | トップページ | 半兵衛麩でランチ”むし養い料理”を戴きました »

2013年3月 4日 (月)

JR京都駅ビルからの眺め

 今年初めての「春の京」を、京都駅ビル内にある「ホテル・グランヴィア京都」の15階にある「スカイラウンジ・サザンコート」で戴いた後、駅ビル内を散策しました。
 その前に、「スカイラウンジ・サザンコート」から眺めた、京都市内南部の様子です。

022a

京都市内は、三方(東・北・西)を山に囲まれていますが、南だけが近くに山がありません。
遠くに見える山並みは、金剛・葛城の山々か、大和高原か吉野の山々かと思っています。
手前に見えるのは、新幹線のホームです。

024a
 上の位置から、南西に目を移しますと、東寺の伽藍群が見えます。
左寄りに見えるのは、東寺の五重塔です。
遠くの山並みは、西山連山です。

001a
 駅ビルの15階を、東に向かって少し歩きました。 
渡り廊下から見下ろした、JR京都駅烏丸中央口の改札ですが、
ここからの景色は初めて見ました。
 手前側が駅構内、自動改札を通って出ると、コーンコースで待ち合わせ場所になっているようです。

020a
  15階から見た比叡山です。
ここから見ると、2つのピークがあることが良く判ります。
左が四明ケ岳、右が大比叡です。四明ケ岳の山頂には展望などの施設がありますが、
大比叡には何もありません。
 真ん中辺りに、平安神宮の朱色の大鳥居が見えます。
その先には知恩院の伽藍群が見えます。
知恩院の御影堂は大きな覆屋に覆われていますが、平成の大修理中です。

019a
 比叡山が見えれば、勿論愛宕山も見えます。
手前のビル(上だけ)は、関電の京都支店です。
その右手の伽藍群は、西本願寺です。


15階から一気にエレベーターで2階まで降りました。

014a
 2階のホテル・グランヴィア京都の出入り口から見た、駅ビルの大屋根です。
改めて、この駅ビルの斬新さに驚かされました。
遠くに見えるのは大階段です。

そのホテルのロビーで見た、素敵な花の芸術作品です。

012a_2
 フラワーアーティストの川崎由貴さんの作品です。
ホテルのロビーを、華やかな雰囲気にしていました。
京都のお正月のイメージを感じさせてくれます。

 味覚から視覚へと、満足して帰途に着きました。

 因みにこの「JR京都駅ビル」には、
    JR京都伊勢丹(デパート)  ホテルグランヴィア京都
    The CUBE(専門店街)   京都劇場(劇団・四季の常設館だった)
    美術館「えき」          京都拉麺小路(ラーメン店街)
 などがあります。

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り | トップページ | 半兵衛麩でランチ”むし養い料理”を戴きました »

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
こうしてJR京都駅ビルからの眺めをじっくり
眺めると素晴らしいですね
15階からは見たことが有りませんでした。
改めて感動しています
南だけが近くに山がない事もよく解りました

そして渡り廊下から見下ろした京都烏丸中央口の改札の光景
これは面白いアングルですね
この位置からの撮影は古都人さんも始めてだったのですね
多分、ここから撮影された方は少ないのでは?
と思います。
駅ビルの大屋根、建った時は色々物議をかもしましたが
今ではすっかり京都駅の顔ですね


古都人さん
 おはようございます
流石古都人さん目の付け所が違いますね
どの写真も素晴らしいと拝見しましたが
特に渡り廊下から撮影された中央口の改札
当たり前の風景なのかも知れませんが
初めて見る風景に思えますから不思議ですね
古都人さんのカメラアングルに脱帽です
 駅ビルの大屋根、確かに斬新なデザインで
最初は吃驚したり違和感も持ちましたが
今では京都の玄関になりましたね。

最後の花の芸術作品周りを華やかに彩って良いですね
今日は珍しい風景の色々、旅行者の気持ち?目で拝見しました。

古都人さん   おはようございます

京都しばらく行っていないです。
京都駅15階からの展望が面白く撮れていますね~

恥ずかしいのですが望遠レンズの使い方のお勉強をしましたが
こういうところですれば良かったのですね。

写真はきっかりそしていつも華やいでいるところが
素敵です。
絵を描かれるのですね、水彩でしょうか?

taekoさんへ
こんにちわ
日頃は余り高いところからは眺めない景色を
この様に高いところから見ますと新鮮な感じが
するものですね
偶には高いところも良いなあと思いました
南の遠くの山々には前から関心があるのでいすが
実は正確には知らないのです 地図を見て見当を
付けているだけです
多分葛城・金剛か吉野や大和の山並みでは?と
思っているのです
京都駅の大屋根は何時見ても凄いなあと思います

hirugaoさんへ
こんにちわ
今日のこの写真は普通の小型デジカメの望遠で
撮ったものです
ですから本格的な望遠レンズではないので
何となくぼやっとしています
絵は水彩ですがhirugaoさんの様に
繊細で美しいとまでは行きませんね
特にhirugaoさんのデッサンは素晴らしいです

こんばんは (*゚▽゚)ノ
京都へはもうかれこれ10年以上訪れていないような気がしますが、鉄道利用(つまり京都駅利用)でとなりますと、2~30年前まで遡るかもしれません。
今はとても大きなビルが建っているのですね。
駅ビルからは京都の街が全方向一望できるのですか?
それにしましてもさすが古都人さん!
写真からでも平安神宮や知恩院などが分かるのですから!

↓記事も拝見させていただきました。
その前の記事での紹介も含め、たくさんのお雛様ご紹介いただき、
そのどれもが由緒ある素晴らしいもので、感動しました。
御殿雛だけでなく源氏雛も本当に素晴らしく、とても貴重なものを拝見させていただきました。
ありがとうございました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 1か所から全方向が展望出来る
と言うわけではありません
京都タワーですとそれは可能ですが・・・
目下タワーは改装工事中です
駅ビルからは北方向や南方向が望める
場所を探さねばなりません
そうですか 京都駅にはそんなにお越しに
なっていないのですね
何時か機会がありましたら是非どうぞ・・・
何かとお忙しいのに近江商人屋敷のひな人形を
ご覧戴きまして有難うございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49356370

この記事へのトラックバック一覧です: JR京都駅ビルからの眺め:

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村 繁邸」 ひな飾り | トップページ | 半兵衛麩でランチ”むし養い料理”を戴きました »