2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 「シェフの饗宴 in KYOTO」 春の京”サザンコート” | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 建物 »

2013年2月24日 (日)

商家に伝わるひな人形めぐり「金堂まちなみ保存交流館」

 20日は滋賀県東近江市五個荘の”商家に伝わるひな人形めぐり”に行ってきました。
 五個荘町は近江商人ゆかりの地で
近江八幡市、日野町とともに知られていて、”国の重要伝統的建造物群保存地区”に選定されています。
舟板塀や白壁をめぐらした蔵屋敷が並び、錦鯉が泳ぐ掘割が走る美しい街並みです。

 

 ”ひな人形めぐり”の会場は近江商人屋敷の4軒と近江商人博物館ですが、その中から3軒(中江準五郎邸・外村宇兵衛邸・外村 繁邸)の建物とおひなさまを拝見しました。

103
この竹の中の可愛いおひな様は、ひな飾りをされているお宅の建物に飾られていました。

009a

 最初は「金堂まちなみ保存交流館」でこの施設や、”ひな人形めぐり”の説明を受けてから、展示されていたひな飾りを拝見しました。


013
               押し絵ひな   (明治時代)

015
↑の内裏びなを大きくしました。
これは押し絵です。羽子板に使用されている押し絵をひな飾りにしてあり
一式ではなくコラボです(説明より) 
 押し絵ひなは初めてで、見入ってしまいました。

次は、中江富十郎家のおひなさま(昭和初期)です。
木目込みのおひなさまは、富十郎の三女(郁子)が長女の誕生に、
成長と幸せを願い手作りされたものです。


019


022
      ↑ひな壇の立派な牛車と

023
          これも豪華な”駕篭”です
 写真は室内撮影の為、フラッシュがたかれています。
見難いことをご了解ください。
 この後、”ひな人形めぐり”をして立派な、変わった?ひな人形や
商家の建物などを拝見します。

 「金堂まちなみ保存交流館」について

この屋敷は、元は外村(とのむら)宗兵衛家の建物で、後に中江富十郎家となりました。
江戸後期に建てられ、1873年に外村宗兵衛により二階建てに改築、
ニワ(土間)の南面に落棟が増築され、平屋のミズヤ(炊事場)、二階建ての座敷が追加されたそうです。
 NPO法人金堂まちなみ保存会が中心になって、観光案内や伝統的建造物の修理相談業務などを行っておられます。







    

« 「シェフの饗宴 in KYOTO」 春の京”サザンコート” | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 建物 »

京都府外」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
五個荘は懐かしいです。ひな人形とは関係の無い時に行ったように
思います。
テレビでご紹介の「商家に伝わる・・・・」を見て
行きたいなあと思っていましたが
寒い日が続いて何となく行きそびれていました。
まちなみ保存交流館でこのような立派なひな飾り。
古い商家に残るひな人形の豪華さが解るような
気がしますね。
 ご紹介のひな人形の中で特に、押し絵ひなは驚きました。
こんなことが出来るのですね
しかも明治時代に吃驚しています。

お雛さまは愛娘の末永い幸せを願って
作られ飾られるものなのですね

古都人さん
 おはようございます
以前からの憧れの地、五個荘へ行かれたのですね
しかもひな人形めぐりに。
昨年ご近所の方が行かれて、感動されていました。
 押し絵ひなは初めて見ましたが
仕草も自然で羽子板に使用されている押し絵とは
思えないですね
よ~く見たら確かにそのようにも見えますが
 室内でのフラッシュ撮影、解ります
自然な色が出難いですね

中江家のお雛さま
長女さんの幸せを願って手作りの木目込みお雛さま
母親の気持ちが伝わってきます。
それにしても、ひな壇に飾られている牛車と駕篭どちらも豪華ですね
 
”ひな人形めぐり”愉しみに拝見します

古都人さん    おはようございます

寒くても季節がやってきましたね。
この交流館も変わったお雛様が沢山合って楽しめましたね。

フラッシュをたくとどうしても色がおかしくなりますよね。

1番目の手作り雛は先日hirugaoが作ったものと同じなのでうれしくなりました。

関東では後少しですものね。
お雛様出してあげましょう!

taekoさんへ
お早うございます
今のこの時期 各地で見事な雛人形が飾られていますね
最近行ったところでは奈良県高取町や向日市など
遣り方は違いますがそれぞれ自慢のお雛様が見られます
見学者も結構多いです
今回の五個荘町は普通の時には行っていますが
ひな人形めぐりは初めてでした
近江商人達の財力の凄さを感じました

hirugaoさんへ
お早うございます
外は寒くても年中行事はきちんと
進んで来ますね
三月三日 桃の節句ですが この調子ですと
桃の花は咲くのでしょうか 心配です
しかしお雛様飾りは関係なく進められることでしょう
そうですか 一枚目と同じお雛様を作られたのですね
お雛様は早くから飾っても 三月三日が過ぎたら
直ぐに片付けなければとか
hirugaoさんではどうされているのでしょうか

古都人さん
いつもありがとうございます。
ひな人形素晴らしいですねぇ~
こちらの雛様を以前に見に行きましたが
忘れています。
近江八幡でも飾られてるのを見ましたが
お雛様の豪華な飾りはいくつになっても
胸が高鳴りますねぇ~
お写真をうっとりと眺めています~
グルグル巻きには驚かれたでしょう、昼間は
とっていますし、まだおさぼりして1回しか
巻いていませんの。
ご心配おかけしてごめんなさいませ♪

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですか 一度以前にご覧になっているのですね
近江八幡も近江商人の町ですからきっと素晴らしい
ひな人形があるのでしょうね 私は未だ見たことはない
のですが一度訪ねたいと思います
大変ですね どうぞお大事になさってくださいませ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49533833

この記事へのトラックバック一覧です: 商家に伝わるひな人形めぐり「金堂まちなみ保存交流館」:

» ひな人形、みやびやか 東近江の8ヵ所で展示始まる [ローカルニュースの旅]
100組を超えるひな人形を、滋賀県東近江市五個荘の近江商人屋敷などで一堂に展示する「商家に伝わるひな人形めぐり」が1日、始まった。貴族の生活が垣間見える御殿びなや、近江八景をイメージした創作びなが観光客を楽しませている。3月23日まで。... [続きを読む]

« 「シェフの饗宴 in KYOTO」 春の京”サザンコート” | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 建物 »