2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 山陽路の旅 竹原へ その3 本町通り | トップページ | 山陽路の旅 竹原へ その4 「竹原市歴史民俗資料館」 »

2013年2月 4日 (月)

松尾大社の節分祭に参拝しましたー1 鬼の舞

 今年初めて、「松尾大社の節分祭」にお参りしました。
 何故かと申しますと、「石見神楽」が奉納され、かつ「鬼の舞」が拝観出来ると知ったからです。
午前中は所要が有り、松尾大社に着いた時は既に節分祭が始まっていました。
 「石見神楽」の方は、後日にご紹介するとして、午後に行われた「鬼の舞」と 「豆まき」をご紹介したいと思います。
 両方共に、松尾大社の「舞殿」で行われ、
「鬼の舞」も「石見神楽」の皆さんが演じられていました。

 太鼓や鉦や笛などの単調なお囃子にのって、先ず4匹(と言っても良いでしょうね)の鬼が、手に舞扇と飾りが付いた棒を持って登場しました。

056a

舞と言うか、踊りと言うか、動作は激しいですが、単調な動きです。
時には、棒を床に打ち付けたりもします。

064a

鬼面と言い、衣装と言い、極めてグロテスクで、かつ派手です。
迫力満点です。

088a

衣装の模様は、「石見神楽」のヤマタノオロチが描かれている様です。
舞扇と御幣を持った鬼もいますね。鬼のリーダーの様です。

077a

何時の間にか鬼は、6匹になっていました。

092a

動きは結構激しいです。立ったり、腰を落としたり、体を回したりと
手も上下に振ったりと・・・。1時間近くの演舞でした。
鬼さん達お疲れ様です。

097a

写真を撮るのも忘れて暫し、見入っています。

104a

凄い表情ですね。

105a

こちらも負けてはいません。

鬼達は、舞殿から出て、拝殿にも向かいます。

109a

そこで可哀想に鬼に捕まった女の子、怖くて泣き喚いています。
鬼に抱かれたら、無病息災で過ごせるのでしょが、女の子はとんだ災難ですね。

 鬼達は、拝殿に行ったのに宮司さんなど神職の方達に豆をぶっつけられて
舞殿に戻って来て退散しました。

 鬼達が退散後は、いよいよ「豆まき」が始まります。
 紙に包まれた豆、小餅、みかんなどがまかれました。
 私は、豆や小餅は取ることが出来ましたが、みかんは取れませんでした。

 何故か満ち足りた気分で、松尾大社を後にしました。

尚、平安神宮  吉田神社  壬生寺の節分会の様子です。
興味の有る方はご覧ください。
 
   

 

« 山陽路の旅 竹原へ その3 本町通り | トップページ | 山陽路の旅 竹原へ その4 「竹原市歴史民俗資料館」 »

伝統行事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
殆ど毎年節分のお詣りはするのですが
今年は避けられない用事が有ってどこへもお詣りしていませんでした。
もしかしたら?古都人さんが?と淡い期待もありました。
私の勘は当たりましたね。

松尾大社の節分会は初めてです。
これが鬼の舞なのですか?
節分会も色々なやり方が有るとは思いますがこれは凄いですね
確かに或る意味グロテスクですね
衣装も派手で鬼の表情も怖い
このような鬼が4匹、6匹と踊りまわる様子は
さぞかし迫力が有ったことと思います。
お写真だけでもその雰囲気は充分伝わりました。
 
鬼に捕まった女の子の表情、
可愛そうですが面白いですね
皆さん笑って写真を撮られていますが・・・
古都人さんもその一人だったのですね(笑い)

古都人さん
おはようございます
今年は近所の方に誘われて久しぶりに吉田さんへ
お詣りしました。
日曜日で暖かい日差しに誘われて大勢の皆さんがお詣りされていました。

 松尾大社の鬼の舞は初めて見ましたが
何と何と派手な衣装に鬼の面、迫力十分
このような舞?は初めて見ました。
表情と言い動きと言い見惚れています。
舞っておられる鬼さんもお疲れでしょうが
それを撮っておられる古都人さんもお疲れになられた事でしょうね。

そして少し可笑しくて可愛そうな子供
真剣に泣いている顔に
私も笑ってしまいました。
さぞかし、女の子は怖ろしかったことでしょう
でも、女の子には良い?思い出になったかも知れませんね。

石見神楽も愉しみにしています。 

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
松尾大社の鬼の舞ってあるのですね。
これは勇壮ですねぇ~
お面もいいですね、衣装も見惚れます。
子供さんはやはり怖いでしょうね。
こちらは豆だけではなくてお餅や
みかんもあるのですねぇ~
八坂神社は少なくて拾えないです~
見せていただけて良かったです。
それぞれの節分が楽しめますねぇ。
温かく優しい言葉をありがとうございます~♪

古都人さん    おはようございます

早速節分の様子を拝見して感激です。
節分会はそれぞれのお寺で違って興味深いものですね。

松尾大社のこの鬼の踊りの衣装が見事で
すっかり見撮れています。
他の3積もそれぞれの違いで楽しく
暖かい春を迎えられそうですね。

夜の節分会があり参加は出来ませんでしたが
昼間の写真を撮ってきました。

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 吉田さんにお参りされたのですね
 京都人は節分と言えば吉田さんか壬生さんですね
 両方にお参りされる方もおられるようで市バスの
連絡直行バスが運行されています
私は残念ながら今年は松尾さんに絞ってお参りしました
お蔭で素晴らしいショウ(と言ってはいけませんね)が拝見
出来ました
日曜日とお天気が良くて物凄い人でした 神社の方も
こんなのは初めてと仰っていました
舞殿の三方を十重二十重に人々が囲んでの見物でした
豆まきの時の大騒ぎ 怖い位でした
比較的前にいましたから後ろから押されて押されて
どうなるかと思いました
あの女の子 本気で泣いていました 可哀想にね

ムームーさんへ
こんにちわ
松尾大社の節分祭のこの「鬼の舞」は
未だ新しいもののようです
石見神楽の皆さんがセットで演じられている
ようですね 見応えはありました
豆まきとも連動していますから見物する人の
多さには驚きました また体力勝負でもありました
さすが松尾さんですね
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんにちわ
京都市内や近郊には社寺が多く各社寺が毎年
趣向を凝らして節分の行事をされますので
今年はどこへお参りしょうか迷います
伝統的な行事もあれば比較的新しいものもあります
松尾大社の節分祭は古いものでしょうが
石見神楽や鬼の舞はここで演じられるのは未だ新しい
方かと思います
見応えは十分ありました 行って良かったです

こんばんは
普段は厳かに静まりかえるイメージの松尾大社ですが
全く違う雰囲気ですね!
ものすごい迫力です。
リアルな写真に感動します。
鬼の顔はこわいのに着物の柄がきれい。
何度も見直しています。

京都の社寺の行事にめぐり合った事がないので
うらやましくてワクワクしてしまいます。
今年は一度くらい行事に参加してみたいですが・・・

こんばんは (◎´∀`)ノ
豆まきをするだけの行事ではなく、このような節分祭、とても楽しいですね。
鬼の表情、そして衣装どちらも本格的で迫力満点の踊り、見応えあったことと思います。
この鬼面と衣装では、小さな子供は大泣きして怖がること間違いないですよね。
女の子、とんだ災難だったのですが、これで無病息災!
大泣きした涙と共に、身体の中の悪いもの、すべて流れ出たでしょう。

雅美さんへ
お早うございます
京都市内の社寺の節分の行事に鬼が出て来るのは
1つは追儺式の中で登場するのが主ですがもう1つは
節分=鬼のイメージから松尾さんの様に登場するのが
あると思います 何れにしても鬼は節分は大忙しです
そうですね こちらにお越しの折に何らかの行事が
あると良いのですが・・・
京都駅ビル2階西側に京都観光案内所がありますから
そこで情報が入手出来ますよ

慕辺未行さんへ
お早うございます
とんだ災難の女の子に優しいお言葉を有難うございます
この様な現象は東北の方でもありましたね
名前が思い出せませんが・・・
大抵抱かれた子供は大声で泣いていますね
節分=鬼は楽しい行事です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49149758

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾大社の節分祭に参拝しましたー1 鬼の舞:

« 山陽路の旅 竹原へ その3 本町通り | トップページ | 山陽路の旅 竹原へ その4 「竹原市歴史民俗資料館」 »