2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 建物 | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村宇兵衛邸」 建物 »

2013年2月27日 (水)

商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 ひな飾り

 建物を拝見した後は、歴史と由緒の有るひな飾りを愉しませて戴きました。
こちらにも勿論、先祖から受け継がれてきた7段や9段のひな飾りが飾られていましたが、少し違った雰囲気のひな人形を紹介します。

 東近江市五個荘に工房を構える人形師
     東之湖(とうこ)さんの「清湖雛」です。

「清湖雛」は琵琶湖をモチーフに滋賀県の豊かな自然や四季の美しさを表現したひな人形です
 滋賀県湖東地区の特産物である「近江の麻」を使用しています。


025

↑の作品からパーツごとに紹介します。

026
      十人囃子(平成20年2月 制作)
「湖面に桜をうつし、明ける近江の郷」湖周に咲く桜をイメージして制作。


028
      無垢の神(平成23年2月制作)
湖南は滋賀県の中心地。原点に復帰し、「純粋、無垢な気持ちで未来に向かって進んでいきたい」の思いで、白無垢の十二単に。


0301_2
          
  (説明を書き忘れました)

次は、「絆ひな」です。


037
          ひだまり(平成25年制作)


035

        ぬくもり(平成24年制作)
 この「絆ひな」は、一昨年3月に発生した東日本大震災で甚大な被害を受け、
復興に向け努力されている被災地に向け自身が出来る支援として、
励まし元気づけたいの思いで二対制作され、一対を宮城県岩沼市に贈られます。
写真からは解り難いと思いますが、どの人形も優しい面立ちです。
作家さんのお人柄が表れているような気がしました。

059
 最後に一つだけ、中江家に伝わるおひな様を紹介します。

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 建物 | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村宇兵衛邸」 建物 »

京都府外」カテゴリの記事

伝統行事」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
これは素晴らしいひな人形ですね
近江の麻で作られているのですね
人形そのものは小さいようですが
全体に優しい風情が感じられます
琵琶湖をモチーフにした一つ一つの作品に情景が感じられ
伝わってくるように思いました。

そして「絆ひな」
こちらは暖かい色合いの麻で作られていて
被災された方達への思いが伝わって来るようです

最後の中江家に伝わるおひな様
何とも色っぽいですね(笑い)

古都人さん
 おはようございます
このようなひな人形も有るのですね
驚きながら、魅入ってしまいました。
琵琶湖をモチーフに
ブルー系の布が多く使われている理由が解ります。
優しい色合いの十人囃子、湖面に桜が散っているように
見えます。
無垢の神の何と気高いお顔に白い十二単の姿に魅入っています。

「絆ひな」は暖色の布が使われていて
暖かい気持ちが伝わってきます。

古都人さん、珍しいひな人形、
多分、今年だけしか見られないひな人形
ここでしか見られないひな人形のご紹介
ありがとうございます。

古都人さん   おはようございます

素敵な新しい作家さんの作品なのですね。
なんだかとても新鮮で清らかな感じがいたしました。

おひな様はもう家にはないので最近は手作りのや
小さなものを飾ったりしています。

最後の中江家に伝わるお雛様にうっとりしています。

今朝はもう雨もやんでいるのでしょう暖かい感じがします。

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
まぁ~素晴らしい数々のお雛様に
うっとりしますねぇ~
新作のお雛様もいいですね。
昔ながらのひな飾りやお道具には
素晴らしい物がありますね。
見せていただいて行った気分になりました~♪
心よりの言葉をいただいて感謝しています。

taekoさんへ
こんばんわ
古来からの伝統的なひな人形も良いですが
こちらの新感覚のひな人形も爽やかさが
漂っていて何とも言えない新鮮さを感じました
創作ひな人形と言ったところでしょうか

hirugaoさんへ
こんばんわ
そうですね 今日はまさに早春の感じがしました
今まで寒かったので少しでも気温が上がりますと
凄く暖かさを感じますね
そうですね 始めのひな人形は本当に新鮮さが
溢れている様に思いました
作家さんの素晴らしい感性に心揺さぶられ想いでした

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね 古来からの伝統的なひな人形にも
その良さを感じますが
新作の新感覚のひな人形にもその素晴らしさを
感じました
作家さんの卓越した感性に魅せられて仕舞いました
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (*゚▽゚)ノ

ス・スゴイ ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
な・なんて優雅なお雛様でしょう (゚▽゚*)!
真っ白な十二単をお召しになられた無垢の神様、
翁の姿も良いですね。
翁の後ろ、高いところにいらっしゃるのは、羽衣を纏った天女か?
それとも、木花咲耶姫か?
絆ひなさんも素晴らしいですね。
人形は顔が命、というのも頷けます。
本当に優しいお顔をしていらっしゃいます。
素晴らしいものを拝見させていただきました。
ありがとうございました。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 古来からのひな人形とは
違った新感覚のひな人形でした
全体に清潔感が漂っていました
翁の後方の人形は良く判りません
そうですね ひな人形の顔の表情は
その時代を反映されますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49548553

この記事へのトラックバック一覧です: 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 ひな飾り:

« 商家に伝わるひな人形めぐり 「中江家」 建物 | トップページ | 商家に伝わるひな人形めぐり 「外村宇兵衛邸」 建物 »