2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 松尾大社の節分祭に参拝しましたー1 鬼の舞 | トップページ | 名古屋まで初詣に -1 熱田神宮へ »

2013年2月 5日 (火)

山陽路の旅 竹原へ その4 「竹原市歴史民俗資料館」

 前回の続きです。
本町通りにある「竹原市歴史民俗資料館」の様子です。
イベントの前日とのことで、ここの交流ホールでは、竹原町女性会陶器部が作られた可愛い陶器の数々が展示されていました。
 受付におられた方にお断りして作品を撮らせて戴きました。

041

多くの作品の中から、極一部ですが、表情の面白い作品を集めてみました。

027


028_2


035_2


032
こちらは女の子が喜びそうな色合いと姿です。

029_2
夫婦雛ですが、細部にわたって丁寧に見事に作られています。

034
5匹並んだ鯉がお喋りしているようにも見えます。噂話でしょうか?

040

最後は陶器ではありませんが、竹を使った可愛い作品です。
名前の”竹原”に関係が有るのでしょうか?
 こちらの受付の方も親切で心優しく、竹原は好い町だなあと思いながら
お礼を言って心を残しながら先に進みました。













« 松尾大社の節分祭に参拝しましたー1 鬼の舞 | トップページ | 名古屋まで初詣に -1 熱田神宮へ »

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
何とニッコリするような陶器達
好いですね
文句無しに心が和みます。
作られている時のお顔が想像できます
楽しい気持ちで作られたのでしょうね
 繊細な夫婦雛は指導者の手によるものでしょうか?
本当に丁寧に作られていて感心しながら拝見しています。
竹細工も竹の丸みを利用したのも有り素晴らしいです。
もし、竹原と竹に何か関係が有るのだとすれば
良いPRになりますね。

古都人さん
 おはようございます
ブログにお邪魔して顔がほころんでいます。
可愛いですね~。
 竹原町に女性陶器部が有るとは驚きです
皆さん、日々陶器づくりに勤しんでおられるのですね。
こうして作品を展示されるだけの事は有ります
ベテランさん揃いなのでしょう

私も若い時に、少しだけ陶器を習って
お皿やお茶わんを作ったことがありますが
皆さんの作品を拝見して正直驚いています
何とユニークで見ている者の心を暖かくしてくれまる作品たち
多くの作品から古都人さんが選んでご紹介して頂いたのですね
選ばれるのが難しかったと思います
 最後の竹細工も見事で作られた方は、手先が器用で
且つ、熟練されているのでしょう
素晴らしい作品のご紹介ありがとうございます。

古都人さん   おはようございます

ここ竹原でも陶器はあるのですね。
可愛い小さな置物ちょっとしたお土産になりますね。

陶芸は少しかじった事があるのですが
むずかしいです。

焼き物大好きでいろいろ買い集めました。
これから掲載しようかしら。

竹原の町は随分魅力のあるところです。
春にでも訪ねたいです。

古都人さん
こんにちは。
竹原は魅力満載の町ですねぇ~
こういう作品まで可愛くて優しさが溢れていますね。
陶器も色々ありますね、ユニークで可愛いなぁ。
竹もいい感じがしていてほっこりしますわぁ。
古都人さんこちらは魅力がありすぎです~♪
いつも丁寧な言葉をちりばめて下さって
嬉しいです~
ワクワクしながら読み進んでいますの。

taekoさんへ
こんにちわ
竹原市女性会陶器部があると言うことは
この町の文化の深さを感じますね
女性会はあっても陶器部とは珍しいです
それぞれに個性的な作品ばかりでした
翌日のイベントに備えて一生懸命に飾り付けを
されていました
この展示は資料館の1階の「交流ホール」で
行われていました 資料館ですから勿論歴史資料の
展示がされていました 製塩や酒造関係の資料が
目を引きました

hirugaoさんへ
こんにちわ
女性会陶器部の皆さんの作品は女性らしく
可愛いのが多かったですね
私は全く陶器作りにはご縁が無かったですが
展示されているどの作品も作るのは難しい
のでしょうね 特に中を中空にするのなど
想像が付きません
竹原は山陽新幹線・福山駅で呉線に乗り換え
で約40分位です

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 竹原の町の文化の奥深さを
感じさせて頂きました 特に女性会陶器部の
皆さんの感性の素晴らしさには感動しました
作品の1つ1つを丁寧に作られていますね
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは ヽ(´▽`)/
どの作品を見ましても『遊び心』が感じられ、その表情から、作られた人がいかに「楽しんで」作ったかが伝わって来ます。
陶芸を職業とするプロの方の作品は、もちろん素晴らしいのですが、これらの作品は黙々と作ったイメージではなく、皆でワイワイガヤガヤ楽しく作っているような光景さえ浮かんできます。
竹細工も素敵ですネェ!
左奥の楽譜と楽団でしょうか、楽しそうな作品ですね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 趣味の陶芸はそれで良いのですね
先ず楽しむと言うことが大事でしょうね
私は陶芸は全く無縁だったのですが
慕辺未行さんはどうですか
きっと一度は体験されていると思うのですが・・・
竹は竹原市の地名から大切な扱いをされている
感じがしました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48323206

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽路の旅 竹原へ その4 「竹原市歴史民俗資料館」:

« 松尾大社の節分祭に参拝しましたー1 鬼の舞 | トップページ | 名古屋まで初詣に -1 熱田神宮へ »