2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都芸術センターをご紹介します | トップページ | 京都「西陣魚新」で京雛を拝見しました »

2013年2月18日 (月)

りんごちゃんと中野真典展(その1)

 京町家「SELF-SOアートギャラリー」の前を歩いていて、可愛い”りんごちゃん”の絵に引き寄せられるように、
開け放たれた入口から声をかけました。
”りんごちゃん”とタイトルが付いているのは、中野真典さんが初めて自作の絵本”りんごちゃん”を出版されたからです。
会場にはその絵本も展示されていまた。


045

上がらせて戴いて可愛い作品を拝見。
ギャラリーにおられた方の了解を得てカメラ持参で再度お邪魔しました。
 二部屋に別けて、展示されていましたが、紹介したい作品が多く2回に分けてご紹介します。


0021
色々な動作をした可愛いこの日の主人公”りんごちゃん”です。

015
町家の和室にさり気なく飾られた、置かれた作品にホッとした安らぎを感じます。

011
             "とおりゃんせ”

紅葉の中を走る嵐電でしょうか?この作品は畳一枚分の大きさに描かれていました。

006
           ” は じ ま り ”

008
            ” さ ん ぽ 途 中 ”


016
         ” 夏 や す み ”


018
           ” つきのみたゆめ ”

022
           ” 待ちぼうけ ”
 

どの作品も愛らしくて童心に戻ったような優しい気持ちで拝見しました。
 画廊には作家さん、中野真典氏の姿が有りましたが、お客様に説明をされて
いる様子、
声を掛けるのは遠慮しましたが、若い方でした。
  ”SELF-SOアートギャラリー”
 京都市 上京区六軒町通今出川  上ル佐竹町125 TEL/FAX 075


    

« 京都芸術センターをご紹介します | トップページ | 京都「西陣魚新」で京雛を拝見しました »

京町家・お店」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
好いですね~♪
嬉しくなるような絵ばかり
若い作家さんとのことですが、きっと優しい方なのでしょうね

町家は画廊やお店など、色々に利用されていますが
手直しされている所が多いです
ここはそのままなのですね
それが素朴で可愛い絵を一段と引き立てているようです
どの絵も好きです
どれか一枚選ぶとしたら・・・
う~ん難しいですね、決められません。
タイトルもピッタリで好いです
買えるものなら、買いたい絵ばかり。
部屋の中が明るく暖かくなるでしょうね

古都人さん
 おはようございます
私も主人公のりんごちやんに
ニッコリです
色々な動作が可愛いですね

町家の畳の上に壁にさりげなく飾られた作品達
何か仄々春の風を感じます。

どの絵も可愛くて暖かみが有って
作家さんのお人柄が伺えます

特に畳一枚分の大作、”とおりゃんせ”は素晴らしい
紅葉の中を走る列車、拝見しているだけでも幸せ気分です。
この中のどれか、一枚の絵を部屋に飾ったら
優しい気持ちになれるでしょうね

古都人さん     おはようございます

まずこの町家がいいですね~
和室というのが何を飾っても合うというところが
またこの方の絵にもぴったりのような気がします。

りんごちゃんというこの絵は以前孫が描いてくれた
スーホ-の白い馬からの草原の絵を思い出しました。

心が穏やかでないときにその絵を眺めると
自分を取りもどせたことを。
小さな絵でいいからちょっと飾ってみたい絵ですね。

今日は一日雨のようです。
時にはゆっくりするのもいいものですね。

古都人さん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
ほっとさせてくれる素敵な絵ですねぇ~
作者さんのお人柄がこちらに
伝わってきていいですわぁ。
これでもか!って強烈なアピールがない素朴で
ありながら訴える物が伝わる作品って
出会うと嬉しいですね。
町家でこういう作品展が多く見られますね。
いつも素敵なご紹介ありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
久し振りのしっかりとした雨降りですね
ここ数年来 この様な町家を活性化するために
いろんな取り組みがされていますが
この画廊もその典型的な1つと言えますね
そして今回の様な癒し系の絵画などには
最適な場所と言えそうです

hirugaoさんへ
こんにちわ
久し振りの本降りの雨です 外出も諦め
のんびりと過ごせそうです
そうですね この様な絵画や作品には
京都の古民家=町家がぴったりですね
心が癒され和み暖められる絵や作品が
嬉しいです

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 全く同感です
この様な絵や作品が創造できる作家さんの
力量には感じ入ります
若い作家さんの将来が楽しみですね
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
りんごちゃん・・・、赤いホッペの女の子を思い浮かべます。
子供のころ、ホッペが赤い女の子がいるとたいてい「りんごちゃん」と呼ばれていたような気がします。
こちらの『りんごちゃん』もホッペが赤く、素朴ですね。
飾られている絵も素朴で、どこか懐かしさを感じます。

慕辺未行さんへ
お早うございます
赤いほっぺの女の子 最近見掛けませんね
多少寒いところに行かないと見られないことも
ありますが・・・
赤いほっぺとリンゴとは切っても切れない関係でも
ありますね
何れにしても懐かしい情景です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/49102311

この記事へのトラックバック一覧です: りんごちゃんと中野真典展(その1):

« 京都芸術センターをご紹介します | トップページ | 京都「西陣魚新」で京雛を拝見しました »