2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 山陽路の旅 竹原へ その5 格子戸及び中ノ小路 | トップページ | 山陽路の旅 竹原へ その7 森川邸 »

2013年2月10日 (日)

山陽路の旅 竹原へ その6 「酒造交流館}できつね蕎麦

 昼食は竹原最古の建物で今は酒造記念館になっている「交流館」で、
素朴な手作りの”きつねそば”を戴きました。
 ”かんぽの宿 竹原”で戴いた朝食(バイキング)の品数が多く、美味しくて食べすぎたので、お昼はあっさりした蕎麦にしました。

Img_6192a
  ここは「小笹屋・竹鶴酒造」の店先です。
ウィスキー愛好家なら、もうお気付きかと思いますが、
ニッカウィスキーの竹鶴政孝氏の生家です。
江戸中期より塩造りをされていたようですが、享保18年(1733)から酒造りも手掛けるようになったとのことです。
今も奥の酒蔵でお酒を造っておられます。

048

ここの一角にお蕎麦屋さんが有ります。

047_2
店内は蔵をそのまま使われているようで、落ち着いた色合いにも旅の疲れが
とれるような気がしました。

044_3


043


046
 お店で挽かれた独特の食感の蕎麦に、薄味でしっかり炊かれた分厚いお揚げに熱いお汁がタップリ。

そば湯も全部戴いて疲れた身体に、優しさと元気を戴いた気分です。







« 山陽路の旅 竹原へ その5 格子戸及び中ノ小路 | トップページ | 山陽路の旅 竹原へ その7 森川邸 »

グルメ&ランチ」カテゴリの記事

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
立派な建物だと思っていましたが、ニッカウィスキーの竹鶴政孝氏の生家だったのですね
素朴な佇まいの中で戴く素朴?なきつねそば
好いですね
太い梁に土壁
飾り気の無い木の椅子やテーブル
田舎へ帰ったような錯覚を感じます

旅先で戴く食事は普段より美味しいと思います。
解放感が有るからも知れませんね
私もそば湯は栄養の宝庫のような気がして
何時も残さずに戴いています

古都人さん
おはようございます
歴史の有る立派な酒蔵の中で戴くおそば
お洒落ですね、贅沢ですね
建物に手を加えられていないのが好きです
中々このような素朴な佇まいの所は有りませんね

時が止まったような空間
熱々の手作りのおそばに分厚いお揚げ
そしてそば湯。
>疲れた身体に優しさと元気を戴いた気分<
古都人さん、よ~く解ります。

素晴らしいランチをされましたね。
寒い朝ですが、ご相伴させて頂いて、私も温まったような気がします(笑い)。

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
まぁ~素晴らしいですねぇ~
落ち着いた佇まいの酒蔵いい香りが
してきそうですね。
そんな中でのお蕎麦は美味しさも格別でしょうね。
お揚げさんも美味しそう!!
これぞ、昔から頂いてるお揚げさんですね。
私も頂いた気分になります~
今朝も寒くてほっとさせていただきました。
心よりの言葉に感激していますの~

taekoさんへ
こんにちわ
朝は宿でしっかりと美味しい食事を頂いたのですが
早くから竹原の町をうろうろと歩き回っていたので
少々草臥れました
休憩も兼ねて美味しいおそばを頂きほっこりとしました
お店の雰囲気も心を癒してくれました
そして午後も元気よく残る町並み見物に出掛けました
旅先での食事は何を頂いても楽しいものですね

ムームーさんへ
こんにちわ
酒蔵と言ってももう酒造りはされていない感じでしたが
入り口側にお土産などを販売し奥に部屋を造って
そば屋を遣っておられました
酒蔵の中の落ち着いた雰囲気がそば屋にもピッタリで
大変に寛ぐことが出来ました
お揚げもしっかりした厚みがあって食感が良く
そば湯も美味しかったです
こちらこそ何時も有難うございます

古都人さん

こんにちわ~
何とも落ち着いたたたずまいですね。
時を経た建具に暖簾がとても趣があっていいですね。

おあげさんのたっぷり入ったお蕎麦いいですね。
このところお蕎麦は暖かいのが一番です。

今日は出かけていました。
帰ってゆっくり拝見しました。
ありがとうございました。

hirugaoさんへ
こんばんわ
このお店は古い酒蔵の中に造られたものですが
その雰囲気に合わせてお店も造られています
そんなに広いお店ではないのですが
老舗のお蕎麦屋屋さんらしい雰囲気たっぷりでした
お蕎麦のお味も結構なものでした
蕎麦湯もしっかりと頂きました

こんばんは
良い雰囲気ですね。
良いお店に出会うのは旅の幸せですね。
分厚い油揚げがとても美味しそう。
なんだかお蕎麦が食べたくなってきました。

京都から今帰宅しました。
今回は雪景色に出会うことが出来、
あまりの美しさにもっともっと京都が好きになってしまいました。
困ったものです(笑)

古都人さんのように旅を楽しむ感性を持ち続けていきたいです。

こんばんは (◎´∀`)ノ
朝食がバイキングですと、どうしても食べ過ぎてしまいますよね。とても良く分かります。
私なんかは、それでお昼一食分浮かせたりしています (^_^;;!
こちらは本格的なお蕎麦ですネェ!
私もお蕎麦、大好きなのですが、蕎麦湯が出てくるお店も少なくなったものです。
元は酒蔵でお蕎麦屋さんというのも、何か面白いです。
ニッカウヰスキーはここが発祥の地、なのですね。
若いころ、北海道・余市にあるニッカウイスキー工場へ行ったことがあります。
ウイスキーの試飲もできて、ずいぶん飲んだような記憶があります。

雅美さんへ
お早うございます そしてお帰りなさいませ
お疲れ様でした 雪景色とはどちらでご覧に
なったのでしょう? 大変寒かったでしょう
しかしちらちら程度だったのではないかと思いますが・・・
旅は良いですね 私も旅大好き人間です
益々京都大好きの雅美さん いつでも大歓迎です
お疲れのところ早速のコメント有難うございました 

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 私も最近お蕎麦好きになっています
どちらかと言えば関西はおうどんなのですがね
お蕎麦もいろいろありますし食べ方も変化があって
奥が深いですね
そうなんです ここにニッカの創始者の実家があったとは
驚きました 
京都近辺では大山崎町にサントリーのウィスキー工場があって
いろいろと試飲出来ます 結構お変わりも出来て良い気分に
なりますよ また行きたくなりました

こんにちは
初めて銀閣寺に訪れましたが
一面の雪でそれはそれは美しく涙が出るほどでした。
府立植物園の梅林は
まだまだ固いつぼみでしたが
この辺を良く訪れる古都人さんを思いながら
楽しく歩き回りました。
京都の冬は空気が凛としていて
大好きになりました。


雅美さんへ
お早うございます
そうでしたか 銀閣寺での雪景色だったのですね
山沿いにありますから市中よりは少し寒いのでしょう
植物園にも行かれたのですね そうですね 未だ梅は
蕾がやや膨らみ始めた位ですね
実は私は前日7日に植物園に行っていたのです
梅林も見ています
来られていた8~9日は特に寒かったですね


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48322131

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽路の旅 竹原へ その6 「酒造交流館}できつね蕎麦:

« 山陽路の旅 竹原へ その5 格子戸及び中ノ小路 | トップページ | 山陽路の旅 竹原へ その7 森川邸 »