2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ”初えびす”さんのお参りで出会った舞妓さん達 | トップページ | 進々堂 ベーカリーレストラン寺町店でランチを戴きました »

2013年1月15日 (火)

京都・社家町のお正月飾り

 上賀茂神社へ初詣した時に、新春の社家町を歩きました。
社家とは上賀茂神社に仕えた神官達で世襲されます。
 今でも子孫達は葵祭など上賀茂神社を支える役割を果たしていますが、
300ほどあった屋敷は現在10分の1ほどになってしまったとの事です。 

028

上賀茂神社のならの小川が、明神川とその名を変え、この町を清々しく流れています。
 社家は上賀茂神社の本殿より高くあってはならないため、平屋もしくは高さのない2階建てになっています。
そして、この社家の屋敷が立ち並ぶ社家町は、
国の重要伝統的建造物郡保存地区に指定されています。


027

すぐき漬「なりた」。流石に立派な門松です。

017

京都市登録有形文化財 井関家です。
上賀茂神社に仕えていた社家で、江戸時代の後期の建物と言われていますが、
現在は「香袋・におい袋 いせき」の店舗になっています。


018


玄関(大戸口)とは別に式台という貴人用の入り口です。
こちらにもお正月飾りが有ります。


022

花街で見かける餅花飾りです。

023_2


025

立派な門は固く閉ざされていました。
写真は撮っていませんが、殆どすべてのお宅では正月飾りが見られました。
最近、門松やしめ縄を飾る家は少なくなりましたが、社家町ではさすがに伝統が守られているように思われました。

« ”初えびす”さんのお参りで出会った舞妓さん達 | トップページ | 進々堂 ベーカリーレストラン寺町店でランチを戴きました »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪♪

京都・社家町のお正月飾り、・・・・・・。
居ながらにして、珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。

見せていただき、siawase気分です。
眺めて、心癒されました。
ありがとうございました。

ブログ交流って、いいものですね。
本当に、・・・・・・。

昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。

古都人さん
 おはようございます
流石に社家町
明神川の前を流れているお屋敷も素晴らしく
お正月飾りも上品ですね
毎年このような飾り付けがされているのか
立派なお宅に似合っていて
代々この地にお住いの方の文化も感じられます
伝統的な町並みに相応しい飾り付けに感動しています

最近は特に一般のお宅での正月飾りは少なくなっていますね
せめて社家町はこの伝統を守り続けて欲しいです

古都人さん
おはようございます
社家町のお正月、お正月飾りは初めて見ました。
上品で独特のお飾りも有りますね
やはり其々のお宅毎の伝統的な飾りなのか?
明神川に並ぶ社家町、これだけでも絵になる風景です。
伝統的な町並みにお正月飾りが柔らかい優しい雰囲気を
醸し出しているようです

お正月に上賀茂神社でお参りして、社家町を散策
様々な正月飾りを愉しみながら?
これもお正月ならこその愉しみ方ですね

京都市登録有形文化財の井関家の中を覗きながら
いつも入れないでいましたが
ここの貴人用の入り口さすがに風格が有りますね
そしてこのお正月飾りは初めて見ましたが上品ですね。

古都人さん

雪はいかがでしたか。
この写真のところでした、行ってみたいです~
京都の冬は寒いけれど体調を整えてぜひ行ってみたいです。

1枚目の写真長く心にありました。
お正月飾りが華やいで良いところですね。

実はカメラがまだなんですよ。

古都人さん
こんにちは。
昨日は風が強かったですね、雪に
なるかと思いましたが小雨でした。
上賀茂神社から明神川沿いの社家は
素晴らしい雰囲気ですね。
子供たちは塾がすぐそばにありいいところで
学んでいたと今更ながら思います。
門松もこういうお家ならこそ、活かされていますね。
新春の気持ちになりますわぁ~
なりたさんのすぐき食べたいです~♪
いつもありがとうございます♪

taekoさんへ
こんにちわ
上賀茂神社の社家町は中世には出来ていて
江戸中期には今の形が出来ていたと言いますから
古くからの伝統が今も日々の行事の中に引き継がれて
いるのでしょう
伝統を守り続けることは大変なことだと思いますね
正月飾りにもそれぞれのお宅の伝統が表れて
いるのでしょうね

hirugaoさんへ
こんにちわ
昨日は京都は雨だけで雪にはなりませんでした
今年は未だ積雪は見ていません
1枚目の写真 これぞ社家町 と言った光景です
上賀茂神社から大田神社に向って歩き始めて
最初に目にする光景ですね
そこで改めて気が引き締まる感じがします
カメラは修理中だったのですね

ムームーさんへ
こんにちわ
そうでしたね 雪にはなりませんでしたね
東京を始め雪に慣れていないところの大雪
大変の様ですね 京都市内も雪には慣れて
いませんものね
そうですね 実に感じの良い雰囲気です
子供さん達がかつてこの近くの塾に通って
おられたのですね
「なりた」のすぐきは未だ食したことがありません
すぐき自体 余り食べたことがないですね
初めはやや強いすっぱさが気になって
中々慣れませんでした

こんばんは
雪で混乱した1日が
ひとまず無事に終わりました。
ほっとしたところに
「なりた」の文字が・・・・・・
すぐき漬け大好きなんです!!
ちょっと漬かりすぎぐらいが特に好きです。
白いご飯でモリモリ食べたいです。

さすが、京都です。素晴らしく趣のあるお正月飾りですね。
京都のホテルで本物の餅花を見たことがありますが
本当にきれいでした。
あれは焼いて食べるものなのですか?
すいません、おなかが空いているので
食べる話題ばかりです。

こんばんは (◎´∀`)ノ
やはり名家は古くからの伝統をしっかりと守り受け継いでいるのでしょう。
門松やしめ縄、ここに住む人たちにとって、『当たり前』のことなのでしょうね。
家の中でももちろん、お正月らしさで溢れているのでしょう。
お屠蘇に立派なお節で、新年をお祝いしているのでしょうね。

雅美さんへ
お早うございます
そう言えば食べ物のことばかりですね
相当お腹が空いておられるのですね
なのにコメントを頂きまして済みません
「すぐき」がお好きとのこと さすが雅美さん!
私は食べず嫌いもあるかも知れませんが
馴染めません
千枚漬は大好きなのですがね
餅花 本物のお餅が付けられている訳ですから
焼けば食べられる筈ですね
そんなことをするのかどうかは判りません
東北の民俗で普通の大きさのお餅を付ける
のは聴いたことがありますがあれならば
食べられると思います 多分食べるのでしょう

慕辺未行さんへ
お早うございます
この社家町の各お宅での新年の行事があると思いますが
内容は判りません
京都市内の伝統的な町家ではきちんとした新年の行事を
民俗の話として聴いたことがあります
若水汲みから始まって神仏へのお参りやお屠蘇を祝うことなど
丁寧にしきたりを守っておられる様ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48657848

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・社家町のお正月飾り:

« ”初えびす”さんのお参りで出会った舞妓さん達 | トップページ | 進々堂 ベーカリーレストラン寺町店でランチを戴きました »