2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 鞆の浦”潮待ち茶屋”でランチを愉しみました その2 | トップページ | 「ひと・まち交流館 京都」をご紹介します »

2013年1月29日 (火)

京の学生 デザイン競う

 「平成24年度学生デザインコンペ きものと帯」で入賞、入選した作品23点の展示会が、京都市営地下鉄烏丸御池駅ギャラリーで開かれていました。
京都市内の大学生や短期大学生の
9大学から56点の応募が有ったとのことです。

015

コンペは京都の地場産業である和装の魅力を市民にPRするとともに、
着物や帯のデザインに携わる若手の人材育成が目的です。


012

平成23年度の京都市長賞を受賞されたデザインですが、商品化されていました。
もう一点展示されていましたが、会場の明かりで鮮明に撮れませんでした。

以下は、平成24年度の最優秀賞などの作品です。


004
             
              ” Feather ”


最優秀賞作品は、商品化される予定です。

005


003


006



002

            ” 藤 の 山 ”

008

他に入賞作品で、京都の風景を描いたデザインが目を惹きました。

010

       Kyoto in Kimono ~京都を羽織る~

若者ならではのユニークで豊かな発想のデザインに感心・感動したひと時でした。

 最後に京都市長 門川大作氏のご挨拶です。
ここに展示されている一つ一つの作品は、京都の新たな可能性です。
学生の皆さんの瑞々しい感性と世界に誇る伝統産業の技が融合した時
京都の可能性の芽は大きく開花することを、多くの皆様に実感して頂きたいと思います。
 人口の1割を学生が占める「学生のまち京都」そして、手間・ひま・心をかけて逸品を生み出す「ものづくり都市・京都」
多様な都市特性を有する京都ならではの作品展・・云々

« 鞆の浦”潮待ち茶屋”でランチを愉しみました その2 | トップページ | 「ひと・まち交流館 京都」をご紹介します »

作品」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
着物の京都、携わっておられる方達は
とても頑張っておられるのですが
各施設でも着物を着た方は無料等
特典も有るのですが
残念ながら着物離れは・・・・
そんな中でこのような催しが。
主宰された関係団体や参加された学生さんに
敬意と応援をお贈りしたいとつくづく思いながら
拝見しました
 古都人さん、ブログに取り上げられて好かったと
関係は無い私ですが。
市長のご挨拶は心に沁みますね。
受賞された作品が商品化、呉服屋さんの店頭を
飾る日を愉しみにしています。

古都人さん
 おはようございます
私も↑のももえさんと同じ気持ちで拝見しました。
どのデザインも若々い感性に溢れていて
変りましたね
素人ながらもどれも素晴らしいデザインだと
可能なら(年齢的にも)袖を通してみたいです。
気持ちも華やぎそうです。
タイトルの付け方もユニークで
成程と思ったり流石!と思いながら・・・
若さは好いですね

入賞されたどのデザインも商品化されたら
良いのにとつくづく思います。
そして一人でも多くの方に着物を着て頂くようになれば
そんな事を思いながら拝見しました

着物大好きな私でしたがもう最近は着ていませんねえ。
お正月と言えば着物を着させてもらい初詣にいったものです。

京都でこういう催しがあって若い方の生き生きした
作品の出会うとうれしいですね。

賞に入った作品は商品化されるとか・・・・
今年の市長賞に入ったのはいい感じですね~

古都人さん
おはようございます。
いつもありがとうございます。
まぁ~こういうのはとても励みになって
いいですね、若い感性ならではの
色使いや発想には目を見張りますね。
こういう人たちが活躍できる
京都であって欲しいですわぁ。
素敵な作品のご紹介ありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
若い人達の感性によるデザインには
私の様な高齢者にとっては驚きと納得とが
交錯した印象を持ちました
そして若さに羨望を抱きました
良いですね 若いと言うことは・・・
私にもかつてはあったのですが・・・

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 着物を着る人が大幅に減少して
もうかなりの年月が経ったと思いますが
京都市をはじめ関係業界では躍起になって
盛り返しを図っておられますが中々思う様には
行っていない感じです
最近は少し着物姿の若い人も見掛ける様には
なって来ましたね
京都市長賞の2点は対照的なデザインですね

ムームーさんへ
こんにちわ
こちらこそ何時も有難うございます
そうですね この様な活動がもっともっと盛り上がる
ことを京都市民としては期待しますね
そして若い人達の感性が大いに発揮されることに期待します

こんばんは (◎´∀`)ノ
若い学生さんならでは!の斬新なアイデアのデザインばかりですね。
『最優秀賞』は1点ではなく2点あるのですか?
二つの作品、とても対照的なデザインですね。
片や渋めの色づかいで、もう一方は明るく派手なイメージ。
もし、男性向けの和服のデザインにされることがあれば、私は最優秀賞の”Feather”と”藤の山”が良いかナァ (^_^)ニコッ!
”Feather”の色づかい、まるで『殿様』の着物のようです。

↓記事も拝見しました。
瀬戸内海の新鮮な海の幸、素晴らしいご馳走ですね。
お店の雰囲気と相まって、なおさら美味しく頂けたと思います。
穴子飯も鯛の釜めしも、どちらも食べてみたいです。私なら、かなり迷いそう・・・(-_-)ウーン...
お刺身がついているので、釜めしのほうが良いかな (^_^)!

慕辺未行さんへ
おはようございます
2つの記事を丁寧にご覧戴いてありがとうございます
若い学生さんの感性には驚きと感動が有りました
最優秀賞は2点有りました
やはり1点を選ぶのは難しいのでしょうね
”Feather”は始め”Father”と読んでいましたが
再度読んで理解したのです

久しぶりの瀬戸内海の新鮮な海の幸は美味しいでした
旅の愉しみは食べることにありますね
私だけかも知れませんが
今回は特に落ち着いた店の雰囲気もプラスして美味しく
何時もは早食いなのですがゆっくり愉しみながら
戴くことが出来ました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48868788

この記事へのトラックバック一覧です: 京の学生 デザイン競う:

« 鞆の浦”潮待ち茶屋”でランチを愉しみました その2 | トップページ | 「ひと・まち交流館 京都」をご紹介します »