2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 初詣2013 (その3)二条城~今宮神社 | トップページ | 京都 石畳の街を訪ねてー9(祇園 西花見小路) »

2013年1月 7日 (月)

初詣2013 (その4) 吉田神社

 お正月3ケ日は、例年通り行動的に過ごしました。
3日は、黒谷・金戒光明寺(今年のNHK大河に因んで、会津藩墓地にお参り)から真如堂(日本最初の映画撮影記念碑を見て)、萩の寺・迎称寺(崩れた油土塀を見て)から、吉田山に登り三角点にタッチして、「紅燃ゆる・・・」の石碑を見て山頂展望台へ。
そして「吉田神社」に参拝しました。

Img_7682a

「吉田神社」の境内です。右手前の広場では、毎年節分の日に「火炉」が据えられます。
古いお札とか正月の注連縄などがそこで焼かれます。

鳥居をくぐってさらに中に進みます。

Img_7681a

こちらでも親子連れが、お参りをされている最中でした。
手前左手では、お守りやお札などが授与(と言っても初穂料を払って)される建物です。

Img_7672a

拝殿では、丁度神職さんが祝詞を上げておられるところでした。
拝殿の中には、色んなものが飾られたり置かれたりしてあります。
奥に見えるのが本殿です。
ご祭神は、建御賀豆知命(たけみかづちのみこと)、伊波比主命(いわいぬしのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめかみ)などです。

Img_7674a

境内の建物には、吉田幼稚園児による共同制作の「巳の大絵馬」が置かれていました。
ヘビのおもちゃを貼り絵で作っています。

普通の大きさの絵馬の中から、巳年に因んだものを探して見ました。

Img_7673a

Img_7676a

「吉田神社」には、未だ多くのお参りするところがありますが、それは「節分の日」にさせて頂くとして、専ら空腹との戦い?お昼は何処で戴くかの方が大切になってきました。

« 初詣2013 (その3)二条城~今宮神社 | トップページ | 京都 石畳の街を訪ねてー9(祇園 西花見小路) »

神社」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪♪

「吉田神社」に参拝、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
眺めて、心癒されました。
ありがとうございました。

昨日も、嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝、深謝、深謝です。

古都人さん
おはようございます
私も昨年の秋、会津藩墓地にお参りしました。
墓地に眠る人たちの無念の思いを感じて
心がシーンとなったものです。

吉田神社は節分の時に2~3度お参りしたことは
有りますが、出店は勿論の事大勢の参拝客で
賑わっていました。
新年は落ち着いてお詣り出来そうですね
神職さんの祝詞を上げておられる様子にも
清々しさを感じます
 ヘビは嫌いですが、絵馬のヘビは愛らしくて
好いですね
勿論、吉田幼稚園児の貼り絵も一生懸命作っている園児たちの
姿が目に浮かぶような微笑ましさを感じます
長閑な新年、穏やかな初春を思います。

古都人さん
 おはようございます
3日に歩かれた道を地図で辿ってみました。
距離もですが、結構坂道が有りますね
古都人さんの健脚がよく解ります。
愈々、大河ドラマ”八重の桜”が始まりましたね
これからが愉しみです。
会津藩墓地には是非お参りしようと思っています。

吉田さんは節分の日は歩けないくらいの人人人ですが、お正月はそうでも無いのですね
私は何故か神社の建物や鳥居の朱色が好きです
気持ちが明るくなるような気がして。
 幼稚園児の貼り絵のヘビ、このような可愛いヘビなら大歓迎です(笑い)
絵馬のヘビさんも。

ところで、お昼は何を戴かれたのでしょうか?

古都人さま

朱色の鳥居や拝殿が清々しく美しいですね。
こうしてお参りしながら写真も撮れるのは元気な
証拠とhirugaoも喜んでいます。

吉田神社またまた行ってないところです。
京都へのあこがれはいつもです~❥

古都人さん
おはようございます。
まぁ~吉田神社にお参りされましたかぁ~
朱色を見るとわくわくしますが、素晴らしいです。
絵馬のヘビさんいろいろなのがあって
楽しいですねぇ~
節分には大勢の人で歩けないですね。
見せていただけて良かったですわぁ。
いつも温かい言葉をかけてくださって
ありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
3日は良く歩きました 
同行者には今日はアップタ゜ウンに覚悟をと
宣言してスタートしました と言っても大きな坂は
吉田山に登った時位ですが・・・
吉田山の上から吉田神社までは意外に近かったです
長く続くと同行者からブーイングが来ますからね
お昼は百万遍で食べました
さて何を食べたでしょう? 思っていた店がなく
あの有名な「吉野家」で食べたのです
「焼き鳥つくね丼」と「けんちん汁」を
意外と美味しかったですよ
その後は京都駅に向かったのです
見たいものがあったので・・・

hirugaoさんへ
こんにちわ
神社には伊勢神宮の様に白木の社殿と
ここ吉田神社の様に朱塗りの社殿とが
ありますね
白木は神聖な感じがしますが朱塗りは
華やかな感じですね
どちらも感じとしては良いですね
朱色も邪気を払う様な意味があるのでしょう

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね 朱色は人の気持ちを爽やかに
引き立ててくれるのでしょうか
朱色にも変化があるのかも知れませんが
ここ吉田さんの朱色は明るい感じがしました
この時期に吉田さんにお参りしたのは初めて
ですが毎年節分には必ずお参りしております
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは
吉田神社には
まだお参りした事がありません。
節分のときには沢山の人が訪れるんですね。
家に大きな京都の地図が貼ってあるので
すぐにチェックしました。

園児のヘビの貼り絵、最高です。
全然こわくありません(笑)

こんばんは (◎´∀`)ノ
吉田神社・・・すみません、知りませんでした (^_^;;アセッ
しかしこちらも立派な神社ですね。
拝殿も素晴らしく、扉や柱、鳥居の朱色がまた一段と映えますね。
幼稚園児が作った貼り絵の絵馬も、とてもユニークです。
貼り絵で作られたところが斬新ですね。

雅美さんへ
お早うございます
京都市内で節分詣りは吉田神社と壬生寺が
その代表格なのです
当日はその両方を結ぶ直通の市バスが
ピストン運転されます
社寺1つずつあると言うのも京都ならではの
ことでしょうか
吉田さんには大元宮と言う不思議な場所もあります

慕辺未行さんへ
お早うございます
いえいえお詫びして頂くことは全くございません
京都には多くの社寺がありますから
全部知ることは不可能です
そして吉田神社は観光的なところでもありません
ただ節分詣りの代表的存在なのです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48592833

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣2013 (その4) 吉田神社:

« 初詣2013 (その3)二条城~今宮神社 | トップページ | 京都 石畳の街を訪ねてー9(祇園 西花見小路) »