2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 今年の干支「己」を集めてみました | トップページ | 山陽路の旅 鞆の浦へ その1 (港の町) »

2013年1月23日 (水)

京都・御室八十八ケ所霊場を巡る(霊場編)

 前回は、御室の仁和寺をご紹介しましたが、いよいよ「八十八ケ所霊場」を巡ります。
 以前には(膝痛が無かった時)何度か巡拝したことがありますが、
本当に久し振りの巡拝です。
前日からの雨が未だ小雨ながら残っていて、足元に注意しながら、
ゆっくりと歩き始めました。

Img_6021a

「御影堂」の傍に立っている石碑です。
石碑の下方に彫られている指し指に従って進みます。

Img_6022a

第1番の札所「霊山寺」です。
ここでは、きちんとお参りしてから先に進みました。

Img_6026a

歩き始めたところです。両側の杉林のため、薄暗いです。
向こうに見えるのは、第2番札所です。この様な大きさのお堂が、86ケ所有ります。
第1番と第88番は、それなりに立派なお堂でした。
丁寧な方は、1つ1つのお堂に、お賽銭を入れて拝みつつ歩いておられる方もおられます。
私は適当に拝みつつ歩きました。

Img_6027a

代表的なお堂です。以前お堂の中に祀られている仏像が盗まれる事件もありました。

Img_6033a

お山ですから、当然登りがあり、下りもあります。

Img_6035a

巡礼道の所々に展望ポイントがあります。
ここは「愛宕山」が間近に見える絶景ポイントですが、雨上がりの為にこのような状態でした。
残念!

Img_6038a

この霊場めぐりがある「成就山」の頂上のお堂です。
第50番の「繁多寺」です。ここも絶景ポイントでした。

Img_6045a

手前に見える小山は「双ケ丘」(兼好法師・徒然草)です。
左手下には「仁和寺」の「仁王門」が見えます。
その一帯が「仁和寺」の境内です。

 この辺りから徐々に下り道となります。
足元に気を付けながら、ゆっくりと下ります。

Img_6055a

ようやく第88番札所「大窪寺」に到着です。
何とか無事に巡礼出来たことのお礼を申し上げました。
少し膝や足に疲れが来ていましたが、ゆっくりと足慣らししながら帰途に着きました。
 多分、もう巡礼する(出来る)事は無いだろうと思いながら・・・・

« 今年の干支「己」を集めてみました | トップページ | 山陽路の旅 鞆の浦へ その1 (港の町) »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます
懐かしいです
もう、多分20年以上前になるでしょうか?
元気元気、山歩きを謳歌?していた頃
何度か「八十八ケ所霊場」巡りをしました。
小さな山だったと思いますが
薄暗い所も有って、登り下りが多く、特に下りが苦手でした。
結構歩きがい?が有ったように思います。
絶景のポイントが有ったのか?覚えていません。

私は晴天を選んで巡りましたが
古都人さんは小雨の中・・・危ないですね
滑ったら大変です。
晴天に比べて二倍以上神経も使いますし、疲れますね
 
私は一番目と当時の年齢のお堂の二か所で
お賽銭を入れて拝みました。
「一つ一つのお堂に・・・」は、余程信仰心の強い方なのでしょうね

古都人さんは、もう巡礼する機会は無いだろうと・・・
と仰っていますが
私はもうとっくに諦めましたよ(笑い)

古都人さん
 おはようございます
「八十八ケ所霊場」巡りは聞いたことが有りますが
起伏が有って一巡りするのは大変だとも
写真を拝見して説明を読ませて戴きましたが
私には到底無理な巡礼だと思いました。

でも、もし、今の身体と年齢で可能なら
幾つかのお堂にお参りしたい気持ちは有ります
山中を黙々と歩き、お堂に手を合わせる
やはり信仰心の強い方達ばかりなのでしょうね
私はそう言った意味でも駄目ですね
例え、絶景のポイントが有ると誘われても
怠惰な生活にどっぷり浸かっています

古都人さん、よく歩かれましたね
しかも写真を撮りがら
本当にお疲れ様でした

古都人さん
おはようございます。
こちらの「八十八ケ所霊場」巡りはご霊験あらたかな
感じがしますねぇ~
飾らず賑わいすぎず静かに参拝できそうですわぁ。
一度も体験したことがありませんが
素晴らしいと思います。
せいぜい神社で手を合わせるぐらいです。
いつも素晴らしい言葉をいただきまして
ありがとうございます。

古都人さん   おはようございます

こんなのがあったのですね~
88ヶ寺が1回でめぐれるなんてありがたいお話ですね。

10年ほど前に四国の88ヶ寺を回りましたが
ツアーで一年半かかりました。
それぞれに思いで深いお寺もありました。

お寺でお経を上げお参りするのはとても
すがすがしい思いがしました。
良い経験をされましたね。


taekoさんへ
こんばんわ
ここは昔は(古臭い言い方ですが)良く歩いたものですが
最近は全く歩いていなかったのです
本当に久し振りのことで膝を心配していましたが
用心深く歩きましたので何とか乗り切れました
やはり膝に少しダメージがありました
多分もう行かないでしょうね

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですね 私もそんなに信心深いと言う方では
ないですが 神仏にはそっと手を合わせる程度です
しかし時には神頼みの場面もありますが・・・
にわか信心ではダメですよね
こちらこそ何時も有難うございます

hirugaoさんへ
こんばんわ
四国の88か所に巡拝されているのですね
私は未だ巡拝出来ていません
多分もう出来ないだろうと思います
ここ御室で勘弁して頂きましょう
簡単な巡拝方法としてデパートなどで
お砂踏みと言う行事がありますね

こんばんは (◎´∀`)ノ
およそ2時間、3kmの道のり、お疲れさまでした。
『四国88カ所巡り』、この地方にも知多半島に『西国88カ所巡り』がありますが、いずれも数日かかるものですから、とても無理なのですが、その点こちらは気軽にできそうですね。
とはいっても、やはり山ですから登ったり下ったり、大変だったでしょう。
京都市内にこれほどの『絶景ポイント』があるなんて、素晴らしいですね。
>多分、もう巡礼する(出来る)事は無いだろう・・・
そんなことありませんよ。古都人様ならまだまだ歩けるでしょうし、チャンスはまた来ると思います。

何の興味も湧かなかった石碑の指差しマーク。
今ではこんな石碑を見ると興味が湧きます。

運動とは凡そ縁のなかった京都在住の連中から
ウォーキングやハイキングに行った京都の写真がメールで届く。
羨ましい程、歳月は人を変える。

『成就山』
名前からして登っておくべきだった。

慕辺未行さんへ
お早うございます
このコースの難点の1つは石段の石は自然石が
使われていることなのです 形はまちまちですし
必ずしも平坦面が大きいとも言えませんので
大変です 慎重に歩かざるを得ません
余計に疲れます だからご利益があるとも・・・
平坦な道歩きに慣れた膝が悲鳴を上げていました

maetetuさんへ
お早うございます
もうこちらまで来られて歩かれることが無い
であろうmaetetuさんに言うのは酷かも知れませんが
京都市内から近いコースが開発されています
開発されてもう10年近くなるかも知れませんが
「京都一周トレイルコース」です 京都市をぐるりと囲む
東山~北山~西山を繋いだものです
勿論私は歩きましたよ 一度と言う訳には行きませんが
何日にも分けて歩くのです
最近「京北町」にも新しいコースが造られたと聞きます
もうそこには行けませんが・・・ 膝が良くないからです

こんばんは
京都にこのようなところがあるんですね。
知りませんでした。
愛宕山や京都の絶景を眺めることができるんですね。
お参りする人が絶えないわけですね。
それでもよほど信仰心が厚くなければ
八十八箇所を巡るのは大変だと思います。

去年鞍馬寺にお参りして
早足で坂道を降りているとき
急に膝が痛くなり困りました。
どこかが痛いというのは気が重いものです。


雅美さんへ
お早うこございます
そうですね 京都は古くからの宗教都市でも
ありますね
この御室の88か所巡拝もその一つではないかと
思います
市内には多くの霊場を巡拝コースが造られています
私も膝痛で無理は出来ません もっぱら平地歩きに
徹しています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47642460

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・御室八十八ケ所霊場を巡る(霊場編):

« 今年の干支「己」を集めてみました | トップページ | 山陽路の旅 鞆の浦へ その1 (港の町) »