2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 大覚寺「嵯峨菊」 at 京都府立植物園 | トップページ | 四国の旅 讃岐~阿波へ その2 満濃池・金比羅宮 »

2012年12月15日 (土)

四国の旅 讃岐~阿波へ その1 善通寺他

 或る会(時々出て来ますが)で、一泊の「四国の旅」に出掛けました。
 今回の旅は、テーマとしては「橋」です。バス旅でした。

 京都市内を出発して、岡山を経由、先ず始めに渡った橋は「瀬戸大橋」です。

Img_5555a

本州と四国とを結ぶルートが、3つありますが、この「瀬戸大橋」は真ん中になるため、
自動車道としては「瀬戸中央自動車道」(中四さんかいライン)児島~坂出ルートと呼ばれています。
3つの中で一番早く(昭和63年)に開通しました。
合計6つの橋から成り立っています。
 途中の「与島PA」に立寄って、展望台から撮ったものです。
遠くに見える山々は四国側です。

Img_5558a

自動車道の下は、鉄道になっていて、JR岡山駅と坂出駅間を結ぶ「瀬戸大橋線」の電車が走っています。

Img_5560a

「与島」PAの展望台から、瀬戸内海の島々を展望しました。

 四国に渡って、先ず見たのは「丸亀城」でした。

Img_5583a

車窓から見た「丸亀城」です。ここの石垣は日本一の高さを誇るものだそうです。
聳える天守は、国内に現存する12の天守の1つで、京極家の居城でした。

 次は「善通寺」です。弘法大師がお生まれになったところと言われています。

Img_5591a

こちらは、伽藍「東院」の中心「金堂」=「善通寺」の本堂です。
現在の建物は、元禄12年(1699)の上棟とのこと。
ご本尊は、薬師如来坐像です。

Img_5599a

こちらは、誕生院「西院」の中心「御影堂」で、弘法大師が誕生された「佐伯家」の邸宅跡に建てられたものです。
現在の建物は、天保2年(1831)に建立されたもので、昭和11年(1936)に修築されています。

Img_5590a

ここの境内に入って真っ先に目に入ったのは、この「五重塔」でした。
総高43mあります。弘化2年(1845)仁孝天皇の御綸旨により再建を始め、
  明治35年(1902)に完成しました。
4代目の塔です。

Img_5596a

「弘法大師」の銅像です。やや優しげなお顔をされていました。
真言宗のお寺には、大抵大師の像が建てられていますが、ここに立っておられるのは当然と言えます。

 次は、弘法大師が造られたと言う「満濃池」へ向かいます。

« 大覚寺「嵯峨菊」 at 京都府立植物園 | トップページ | 四国の旅 讃岐~阿波へ その2 満濃池・金比羅宮 »

京都府外」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47776897

この記事へのトラックバック一覧です: 四国の旅 讃岐~阿波へ その1 善通寺他:

« 大覚寺「嵯峨菊」 at 京都府立植物園 | トップページ | 四国の旅 讃岐~阿波へ その2 満濃池・金比羅宮 »