2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« padma cafe naturol food vi;llage | トップページ | 天空の城・竹田城跡に行く その2 »

2012年12月21日 (金)

天空の城・竹田城跡に行く その1

 かねてから一度是非行きたいと思っていた「天空の城・竹田城跡」、
その想いを決定的にした映画「あなたへ」(高倉健・田中裕子主演)を観た後に、丁度タイミング良くバスツアーの広告。
早速申し込み11月末に行って来ました。
 集合場所(午前7時15分集合)に行くと、なんと参加者の多いこと。
聞けばバスは2台出るとのことで、改めて人気の凄さを思い知りました。
途中何箇所寄って、午後現地に到着しました。

 大型バスは、城跡の近くまで行けない(道幅や勾配の関係で)ため、
マイクロバスに乗り換えて麓まで行きました。
そこからは山道を歩きます。

Img_7432a

先ず始めに、竹田城の縄張り図 すなわち設計図をご覧願います。
ボランティアガイドの方が仰っていましたが、図の形は「三ツ矢サイダー」のマークに似ていると。そう言われればそうですね。
ガイドさんは、お寺のご住職で、写真家でもあるとのことです。
 
城跡の大きさは、南北約400m 東西約100m。
左側(北千畳)にある「大手門」から、城内に入ります。
真ん中が「本丸」で、「天守」。

Img_7473a

バスの車窓から見た「城跡」の様子です。画面の中央辺りが、下から見た「城跡」の形です。手前に見える川は、「円山川」です。

Img_7436a

バスの中継地から見た「城跡」、右手の石垣が、「天守」跡です。

ここからマイクロバスに乗り換えて、さらに「城跡」に近付きます。
それでも、バスを降りてから山道をかなり歩きました。

Img_7447a

漸く城の正門である「大手門」跡に着きました。城独特の守備の形「虎口」です。
道は直線的ではなく、屈折しています。攻め入る勢いを弱めるための工夫です。

Img_7448a

位置を変えて、見ています。

Img_7449a

「大手門」跡辺りから城下を見ています。
「竹田城」跡のある山の標高は353m、三角点の標識もありました。
下には兵庫県朝来市和田山町が見えます。

Img_7452a

「大手門」から「三の丸」「二の丸」と来て、「本丸」跡に着きました。

Img_7453a

石垣に近寄って見ました。いわゆる「穴太積み」と言う積み方で、石は、この周辺で採ったものだそうです。
 この後も、城跡を見て回りますが次回ご紹介します。

  頂いた資料から「竹田城」の歴史について、。
室町時代に起こった「嘉吉の乱」(1441年)後、山名氏と赤松氏の間に深刻な対立が生じた時に、赤松氏に対する山名氏方の最前線基地のひとつとして、竹田城が築城されました。
 以後、太田垣氏7代にわたり城主となりましたが、天正5年(1577)羽柴秀吉の但馬攻めにより、羽柴秀長(弟)が城代となり、これ以降、竹田城は織豊方の拠点城郭として機能しました。
 その後は、秀長の属将・桑山重晴が、さらに赤松広秀が城主となりました。

« padma cafe naturol food vi;llage | トップページ | 天空の城・竹田城跡に行く その2 »

京都府外」カテゴリの記事

地域 歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48358404

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城・竹田城跡に行く その1:

« padma cafe naturol food vi;llage | トップページ | 天空の城・竹田城跡に行く その2 »