2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« ”からふねや”熊野店でランチしました | トップページ | 晩秋の乙訓の里を歩く その2 粟生光明寺 »

2012年12月 7日 (金)

晩秋の乙訓の里を歩く その1 大原野神社

 新緑の頃から、知人らと、この辺りを歩く計画をしていたのが、漸く晩秋になって実現しました。
 「乙訓の里」とは、西山連峰に沿って拡がる地域で、向日市・長岡京市など、
昔の「乙訓郡」(おとくにぐん)一帯です。

 まず始めに訪れたのは、「大原野神社」です。
ここは行政区分では京都市西京区になり、近くまで京都市バスが走っています。
 
 
神社に近付くと、大勢の人達と遭遇、何事かと見れば、「西京区健康ハイキング」の皆さんでした。
 殆どの方が、参拝せずに拝殿の手前を右に入って行かれました。

Img_7530a

今はもう言わなくなった「官幣中社 大原野神社」の一の鳥居前です。
黄色の上着の彼女は、何か記録を取っている様子。
中々動きそうに無く、そのまま撮らせて頂きました。

一の鳥居をくぐり、二の鳥居の手前の様子です。

Img_7528a

 二の鳥居の手前の光景です。未だ結構紅葉が楽しめそうでした。
今回は紅葉が目的では無かったのですが、余りの綺麗さに思わずカメラを
向けてしまいました。

Img_7516a

さらに、参道に入りますと皆さんが一様に紅葉に魅入っておられます。

Img_7520a

社殿の前も、この様な有様です。全体的に真っ赤なモミジが目立ちました。

Img_7517a

社殿も、負けじとばかり朱色が鮮やかでした。

お参りを済ませて、ふと見ると

Img_7519a

狛犬ならぬ「狛鹿」さんです。紅葉に染まった目は赤く・・・。

Img_7525a

こちらは「猿沢の池」ならぬ「鯉沢の池」です。
池自体は特徴のある池でも、特別美しくも有りませんが、
池面に映った青空に惹かれて思わずシャッターを押しました。

ここで、「大原野神社」について少々。
ご祭神は、建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)など4柱。
延暦3年(784)の長岡京への遷都にあたり、桓武天皇の皇后・藤原乙牟漏が春日社の神霊を勧請したのが、
始まりと伝えられています。

この後、光明寺に向かって長閑な道を歩きます。

« ”からふねや”熊野店でランチしました | トップページ | 晩秋の乙訓の里を歩く その2 粟生光明寺 »

神社」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
今回は紅葉が目的では無かった・・・
確かにこの光景を見れば誰だってカメラを
向けてしまいますね
ウオーキングの方でしょうか?
紅葉に魅入っておられますが私も魅入っています
  社殿は最近お化粧直しをされたのか
私が訪れた何年か前に比べると眩しいばかりの
鮮やかさ。
狛鹿さんは珍しく有ませんか?
勿論、随分前からここに鎮座していたのでしょうが
覚えが有りません。
 自分が以前に訪れたことが有る場所を
こうしてご紹介して戴けると
懐かしさと新たな発見が有って嬉しいです。

古都人さん
 おはようございます
寒いですね~~

ご紹介の大原野神社の近くに、知人が住んでいて
紅葉を見に来ないか?と誘われましたが
交通の便が悪くて何となく敬遠していました。
今、後悔しています
こんなにも綺麗な紅葉だったのですね
特に参道を彩る色とりどりの紅葉にうっとりです
今年は古都人さんのブログであちらこちらの素晴らしい紅葉を拝見しましたが
そして、もう終わりかなあ?と思っていましたが
京都市内を少し外れるとまだまだ紅葉は元気?
なのですね。
驚きながら感動しています。
 狛犬さんは好きで必ず写真におさめますが
鹿さんは初めて見ました。
お目目が赤い鹿さん、可愛いお顔です。

紅葉の季節は終わりましたがやはり一度訪ねたい
神社になりました。
 この後、行かれた光明寺は紅葉の名所ですね
愉しみにしています。

古都人さん
おはようございます。
紅葉が美しい大原野神社懐かしく見せて
貰って居ます。
この近くに住んでいたあの頃、子供たちの
七五三でお参りしました。
鹿さんもいて素敵な由緒ある神社ですね。
今もこうして紅葉の名所として
大勢の人に愛されているのですねぇ。
見せていただけて良かったですわぁ。
京都も行くところがありすぎて回れませんから
嬉しいです~
いつもありがとうございます。

taekoさんへ
こんにちわ
そうなのです 実は私も紅葉は初めてでした
桜や若葉の時ばかりでしたので感動しました
本数は極めて少ないですが阪急桂駅西口から
西臨2に乗り 南春日町で降りますと約10分位で
行けますよ
今年最後の紅葉見物(次回の光明寺で)となりそうです
我ながら良く回ったなあと思っています
今朝はマイナス1.2度とか 寒いはずですね
段々冬本番に近付いて来ます

ムームーさんへ
こんにちわ
ここ大原野神社は藤原氏が崇敬する奈良春日大社の
分社見たいなお社ですから何となく華やかな感じが
する神社ですね
素敵な紅葉がさらに神社の雰囲気を盛り上げている様に
思いました
こちらこそ何時も有難うございます

こんばんは (◎´∀`)ノ
紅葉の紹介はもう終わりかと思いきや、こちらの紅葉も見事なほど鮮やかに色づいていますネ!
そして『狛犬』ではなく『狛鹿』?初めて見ました。先日の『威嚇しているポーズ』の狛犬も珍しかったのですが、こちらも珍しいですね。
建御雷之男神、『建御賀豆智命』とも書くのですね。とても強い神様で、『古事記』では『国譲り』の際に主役として登場しています。

慕辺未行さんへ
お早うございます
何時までも紅葉場面が続いて済みませんね
今日upの粟生光明寺で終りとなります
今年はお陰様で紅葉を多く見ることが出来ました
さすが古代に強い慕辺未行さんですね
教えて頂きまして有難うございます
幾つかの名前を持つ神様がおられますものね
大国主命などはその最たるものですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/48079299

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の乙訓の里を歩く その1 大原野神社:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/12/07 13:05) [ケノーベル エージェント]
京都市西京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« ”からふねや”熊野店でランチしました | トップページ | 晩秋の乙訓の里を歩く その2 粟生光明寺 »