2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« JR関西の大回りを楽しむ 第2弾ー1 | トップページ | 大覚寺「嵯峨菊」 at 京都府立植物園 »

2012年12月12日 (水)

JR関西の大回りを楽しむ 第2弾ー2

 前回の続きです。柘植駅まで来ました。
 ここで関西本線の加茂行きに乗り換え、木津に向います。

Img_5449a

三重県・伊賀地方の中心地の「伊賀上野」駅です。
藤堂高虎の居城・上野城の城下町です。
そして俳聖・松尾芭蕉の生誕地でもあります。

Img_5451a

ディーゼルカーは、短いトンネルを通り、山間部をカーブをしながら走ります。

Img_5461a

やがて府県境を越えて、京都府に入ります。
そして木津川が見える様になりました。
この辺りは川幅も狭く、流れも急です。

Img_5463a

笠置駅付近の木津川に架かる鉄橋(人や車のための)です。
川幅が随分広くなっています。
笠置駅も、度々乗降した駅で、笠置寺や奈良の柳生の里への道でもあります。
そして「太平記」の世界でもあります。

Img_5466a

「加茂駅」に着きました。
ここで「やまと路快速」(関西本線の続きではありますが)に乗り換えます。
左の車両から、右の電車に乗り換えます。
只今14時37分、電車は45分発の難波行きです。

Img_5469a

数分で木津に着きました。少し時間待ちです。ここからはJR奈良線の京都行き「みやこ路快速」に乗ります。
いよいよ最後のルートです。
ここ「木津駅」は、関西本線と奈良線との交点です。
京都や大阪、そして奈良、さらに三重県へ行く鉄道の拠点となっています。

木津発15時01分、みやこ路快速に乗り込みます。

Img_5471a

木津を出てから直ぐに、木津川を渡ります。
あの激流が、こんな大河になっています。
車窓から撮っていますので、いろんなものが映り込んでいます。
右は鉄橋の橋桁です。
電車は右手に低い山並を眺めつつ、宇治川を渡り、今回の旅の終着駅
「東福寺」に到着です。

Img_5478a

無事「東福寺」に着きました。15時39分です。約6時間の鉄道の旅でした。
ここは、京阪電車との乗り換え駅でもあり、結構乗降客が多い駅です。

 一旦改札を出て、京都駅までの切符140円を買って、出発点に戻りました。「お金はないが、ひまはある」人間の、長く楽しく少し疲れた旅でした。

« JR関西の大回りを楽しむ 第2弾ー1 | トップページ | 大覚寺「嵯峨菊」 at 京都府立植物園 »

京都府外」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
前回(湖西線と北陸・東海道線)に続く「大回り」第二弾、ちょっとした旅行気分
詳しい説明を読みながら愉しく拝見しました

車窓から変わりゆく風景を見ながらの
気楽な旅は今ではすっかり有名になったのですね
車掌さんも笑顔で了解とは安心して乗れますね。
 私は柘植までは乗車したことは有りますが
伊賀上野は覚えが有りません。
短いトンネルを通り、山間部をカーブしながら
この風景は遠くに来た感慨が有ります。
木津川に来て京都やなあと一息でしょうか

多くの路線を経ての旅
これは正しく日帰りの旅ですね
しかも、安価で行ける私には持って来いの旅です
車窓から暖かな日差しを受けて、是非回りたい大回りです。
勿論、その時は古都人さんのブログをコピーさせて戴いて

古都人さん
 おはようございます
今、私たちの間では「大回り」がちょっとしたブームになっています
殆どが車中
寒いこの頃にはピッタリです

先日は湖西線から北陸・東海道線を利用するコースを回りました。
勿論、古都人さんのブログを拝見してです。
前回のご紹介は、車窓からの景色は見慣れた風景でしたが
今回はあまり知らない所を愉しめますね
是非、第二弾のコースも友人を誘って出かけましょう
前回は少し不安も有りましたが車掌さんも
了解されているとの事、安心して小旅行してきます
勿論、お弁当とお茶、果物などを持ち込んで
車窓からの景色を愉しみましょう
お喋りに花を咲かせましょう
まるで遠足気分、想像しただけで嬉しくなります(笑い)

古都人さん
素敵ですねぇ~
こういうの好きですわぁ、たくさんまわられましたね。
湖西線からの眺めはいいですね、伊吹山も
綺麗に見えたことでしょう。
この大回りは人気がありますね、長浜から草津まで~
柘植には知り合いがいましたが、遠方まで
行けるのですね、木津は色々なところへ
行ける駅なんですねぇ。
木津川が見えると安心というか
ほっとさせてくれますね。
私もこういう旅に行きたくなりました。
以前は塩津から長浜へまわり京都まで帰りましたが
古都人さんが行かれたように行きたいですわぁ。
いつも素敵な言葉をかけて下さって
ありがとうございます。

taekoさんへ
こんばんわ
そうですか 私達の第1弾は体験頂いたのですね
第2弾 こちらこそが京都新聞に紹介されていたものです
是非 お友達とご一緒に体験くださいませ
年内はお忙しいでしょうから新年に雪景色をご堪能くださいませ
湖西・湖北・湖南辺りはきっと雪が積もっているのではないでしょうか
暖かくしてお出掛けください

ムームーさんへ
こんばんわ
そうですか この様な旅がお好きだとのこと
是非暖かくなったら一度ご体験くださいませ
一日ゆったりと旅が楽しめますよ
くれぐれも時間の繋がりにご用心を

ちょっとした旅!
良いですね。
私も好奇心旺盛なので
こういう旅は大好きです。

加茂駅だったと思いますが
うっかり降りたのは良いけれど
どちらのホームが上りなのか下りなのか分からず迷ったことがあります。
ホームにはほとんど人の気配がなく
一人旅の心細さをたっぷり味わいました。
それはそれで良い思い出ですが。

長く楽しく少し疲れた旅でしたか。

途中下車したくなる駅や名所があっても
我慢ですね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
初乗り料金でグルリ大回りの列車旅、途中下車はできないでしょうが、車窓から眺める景色、飽きないでしょうね。
それにしても楽しい列車旅、お金もかからずナイスアイデアです。
伊賀上野から木津の間の景色、国道が並行して走っていると思いますが、その国道からの景色を思い出しました。伊賀上野の街も数回訪れたことがある街です。
私も最寄りのJR駅から名古屋駅までの切符を買って、逆方向の列車に乗り大回りしてみようかな?

雅美さんへ
お早うございます
そうですね お金は無いが閑はある人(雅美さんはだめですね)
には持って来いの1日の旅です
改札より外に出られないのはストレスですが・・・
この先 お時間がしっかりと取れるようになったら
一度お試しください

maetetuさんへ
お早うございます
ちょっと疲れましたね ただ外を見たり
物を食べたり お喋りをしたりと 
単純作業ですから
一度お試しになりませんか

慕辺未行さんへ
お早うございます
何時 どなたが 始めたものか判りませんが
確かにナイスアイディアです
もっと拡大したルートも考えられる様です
近畿一円のJR路線を回れる様です
但しJRの特定ルールに合致しないとだめですが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47375054

この記事へのトラックバック一覧です: JR関西の大回りを楽しむ 第2弾ー2:

« JR関西の大回りを楽しむ 第2弾ー1 | トップページ | 大覚寺「嵯峨菊」 at 京都府立植物園 »