2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都の紅葉の追っ駆け開始 その6 曼殊院 | トップページ | 京都の紅葉の追っ駆け開始 その8 赤山禅院 »

2012年11月30日 (金)

京都の紅葉の追っ駆け開始 その7 修学院離宮付近

 東山連峰の裾野に通じる道を、「曼殊院」を経て「赤山禅院」に向って歩いています。
その途中にあるのが「修学院離宮」です。そして、その隣りにある(と言っても、
 ほぼ離宮内の様)のが、尼門跡の「林丘寺」です。
この辺りの景色が大好きです。

Img_7030a

この辺りは農地が可なり奥まで入り込んでいますが、一般の人間はその入り口で立ち入り禁止になっているのです。
ここから見て、離宮とお寺との区別は判りません。
離宮はもっと左手に拡がっている筈です。

Img_7034a

写真の真ん中奥には、何やら建物が見えますが、農作業用のものと思われます。

Img_7033a


離宮の背後には低山があります。
その向こうには、比叡山が少しだけ見えています。

Img_7035a

「修学院離宮」の門の手前にある、小さなお寺の山門です。
紅葉に包まれていました。山門の屋根にも紅葉の落ち葉が一杯。
山号は「解脱山」と言う扁額から判りましたが、寺号は判りません。

Img_7039a

「修学院離宮」の門から、中を覗いて見ました。
ここも彩り華やかな様子が見て取れました。

Img_7041a

右手には、受付と警備員の建物がある様です。
その傍にも見事に紅葉した大きなミミジの木が見えました。
 
 「修学院離宮」は、第108代・後水尾上皇が退位されてから造営された山荘で、
上皇自らがプランされたそうです。
 完成は万治2年(1659)で、上皇のお好みが隅々にまで行き渡っているとのことです。

 次回は、今回のシリーズの最後、「赤山禅院」の紅葉です。

« 京都の紅葉の追っ駆け開始 その6 曼殊院 | トップページ | 京都の紅葉の追っ駆け開始 その8 赤山禅院 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
まぁ~素晴らしい紅葉ですねぇ。
ずっと以前に離宮の見学に行きましたが
手入れが行き届いたところですね。
今では何も覚えていませんが。
素敵な所を歩かれましたね。
近くに農作業される畑や小屋があるのですねぇ。
京都にはそこかしこに素晴らしい文化遺産が
あり楽しませてくれますね。
こうして見せていただけて嬉しいです。
いつもありがとうございます。

古都人さん
 おはようございます
曼殊院から修学院離宮付近の様子を拝見して
改めて訪れたことない東山連峰の山麓を歩きたいなあ
と思っています
 勿論、紅葉の名所や有名な社寺仏閣は素晴らしいと思いますが
ご紹介の立ち入り禁止となっている
農地や木々深い森でしょうか?
黄色やオレンジそして赤に染まっている低い山
遠くに比叡山
このような風景を見ながらのんびり散策するのも
贅沢な事ですね。
 小さなお寺の山門の屋根に紅葉の落ち葉
静けさが漂っているような
ここら辺りにとても似合う気がします
修学院離宮も行きたいと思いながら申し込みが必要ですね?
 もし、行くなら絶対に秋ですね。

古都人さん
 おはようございます
私も立ち入り禁止になっている所は大好きです
長閑な光景でこの辺りで私のお勧めです
以前は宮内庁の方?が常時立っておられました。
畑でとってこられた大根を洗っておられる農家の女性の姿も
見られて和やかな気持ちになったしたものです

 偶然ですね
私も「解脱山」の扁額が飾られている山門に惹かれて
写真を撮ったことが有ります
この辺りでは何となく気になるお寺ですね
 修学院離宮も入ったことは有りませんが
こんなに綺麗な紅葉が門の外からも見られるのですね
この辺りもやはり紅葉の秋が一番良いようですね

ムームーさんへ
こんにちわ
私は未だ拝観はしたことが無いのです
一度拝観したいと思いつつ手続きのことで
未だ遣れていないのです 簡単でしたか
あの一帯の離宮と林丘寺との関連が良く判りません
以前は警官が立っていて厳しい警戒に驚いたことがあります
そこに農地がかなり奥まで延びていますので尚更良く判りません
こちらこそ何時も有難うございます

taekoさんへ
こんにちわ
私も一度拝観したいと思いつつ未だ行けていません
手続きが必要の筈ですが何となく要領が得られなくて
そうですね 私も秋が良いかと思いますが
そんなこちらの都合が聞いて貰えるのか気になる
ところです

こんばんは (*゚▽゚)ノ
どの紅葉も色彩りどりで、自然が作りだす芸術そのものですね。
これぞ『日本の秋』の美しさ!といった感じがします。
修学院離宮のほうのこの景色の辺りは、訪れていないと思います。
見事ですネェ!街の中にありながら、里山のような『日本の原風景』!
最後の写真なんて「絵にも描けない美しさ」です。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうなのです この辺りは里山の光景ですね
私が好きな場所の1つです
東山連峰の麓の道を歩くのは魅力の道と
言えますね

こんにちは
私もこのあたりの景色が大好きです。
感動に胸を震わせながら
ワクワクしながら歩きました。
京都のお山は遠くても近くても
本当に魅力的です!

一乗寺駅が分からず
夕暮れに途方に暮れたのも良い思い出です。

やはり去年より
紅葉が冴えて鮮やかですね。
散りモミジもまた風流で
素晴らしい景色です。


雅美さんへ
こんばんわ
今回も言わせて頂きますが さすが雅美さんですね
この辺りをご存知だったとは・・・
何とも言えない風情があるところですね
この辺りと叡山電鉄の駅とは少し葉なれています
白川通を通るバスの方が近くて便利です
そうですね 今年の京都の紅葉は最初に言われていた
より気象条件が良い方に変わったためか
紅葉がより一層美しくなりました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47901829

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉の追っ駆け開始 その7 修学院離宮付近:

« 京都の紅葉の追っ駆け開始 その6 曼殊院 | トップページ | 京都の紅葉の追っ駆け開始 その8 赤山禅院 »