2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都御所・秋の一般公開2012 その2 | トップページ | 京都天神さん、雨の日の紅葉 »

2012年11月14日 (水)

京都御所・秋の一般公開2012 その3

 昨日の続きです。
前2回は、明治天皇の御事績とを関連付けて、ご紹介して来ましたが、
今回は秋らしさを探して、ご紹介したいと思います。

Img_6433a

御所に入って直ぐにある「御車寄」(おくるまよせ)に置かれていたお花です。
何時も一般公開の時の目玉の1つです。

 こちらも何時も飾られている、「日華門」横の生け花3つです。

Img_6449a

「総本山仁和寺 御室流」の生け花です。

 真ん中は、

Img_6452a

「総本山御寺泉湧寺 月輪未生流」の生け花です。

 最後は、

Img_6456a

「大本山大覚寺 嵯峨御流」の生け花です。

 何れも華やかで、素晴らしいですね。

今年の「京都御所・秋の一般公開2012」を、美しく閉めさせて頂きます。

« 京都御所・秋の一般公開2012 その2 | トップページ | 京都天神さん、雨の日の紅葉 »

京都御所・京都御苑」カテゴリの記事

作品」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
何と秋らしい生花でしょう
例年、有名なお家元が生けられますが、今年も見事ですね。
うっとり眺めています
若い頃少し習ったことも有りますが
遠い昔の形だけの生け花何処かへ置いてきました(泣く)

↓のコメントです
個々の建物での出来事
絵図と建物を比較しながら学ぶことは
やはり愉しいですし印象にも残りますね。
”百聞は一見にしかず”
昔が今に蘇えるようなそんな気持ちで拝見しました。
特に襖絵にも時代を感じました
睦仁親王さまの愛らしい姿を思い描きながら・・・

古都人さん
 おはようございます
今年一番の冷え込みでしょうか、寒いです

↓のコメントです
明治天皇が皇位を継がれてから
江戸に向かわれるまでの日常や儀式
可愛いお姿の人形の有栖川親王
当時の衣装
貴重な襖絵。
古都人さんの説明と共に学びながら拝見しました。

そして、一転(笑い)して華やかな生け花の世界、
正直詳しいことは解りませんし、批評する資格も当然ありませんが
唯、ため息をつきながら拝見しています
其々流派によって生け方が違うのかも知れませんが
私はどれも上品で豪華、素晴らしいと思いました。
京都御所の一般公開を飾るのに相応しいですね。

taekoさんへ
こんばんわ(今の時間帯のご挨拶 迷いますね)
そうでしたね 今秋一番の寒さでしょうね
いよいよ秋も本番ですね もう直ぐ嫌な冬が遣って来ます
taekoさんは寒さにはお強いのでしょうか?
私も(失礼!)生け花のことは全く判りません
ただ美しいかどうかの判断だけです
この3つは凄いと言う表現が近いかなと思います
さすがそれぞれの家元さんの生け花ですね

こんばんは (◎´∀`)ノ
何とも秋の色彩が鮮やかな生け花ですね。
単に生け花というより、芸術作品ですね。
これほど豪華な生け花、見たことがありません。
そういえば昨年の今ごろでしたか、セイタカアワダチソウやススキなどの雑草(?)を活けてみたことを思い出しました。

慕辺未行さんへ
こんにちわ
御所の一般公開には何時も生け花の名門流派が
競うが如く この場所で活けられています
当然張り合う気持ちはあるだろうと想像します
生け花のことは良く判りませんが
豪華さや華やかさは良く判ります
そうですね 正に芸術作品ですね
雑草を活けると言うのも一興です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47730132

この記事へのトラックバック一覧です: 京都御所・秋の一般公開2012 その3:

« 京都御所・秋の一般公開2012 その2 | トップページ | 京都天神さん、雨の日の紅葉 »