2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お勧めブログ

無料ブログはココログ

« 京都の紅葉の追っ駆け開始 その4 真如堂-2 | トップページ | 京都の紅葉の追っ駆け開始 その7 修学院離宮付近 »

2012年11月29日 (木)

京都の紅葉の追っ駆け開始 その6 曼殊院

 「京都の紅葉の追っ駆け開始」のシリーズも、6回目になりました。
 

この日(11月16日)は、午前中は「宝ケ池公園」の紅葉を散策しつつ楽しみ、お昼は不思議な雰囲気のお店で済ませてから、「赤山禅院」に向かいました。
 東山連峰の北の部分の山々の裾の道を辿りながら歩きました。

 この道の途中には、多くの観光ポイントがありますが、そんな中の1つ
「曼殊院」の紅葉が素晴らしかったので、ご紹介します。

Img_7009a

「曼殊院」への道の入り口には、この様な石碑が建てられていました。
「曼殊院門跡」とありました。
文明年間(1469~87)に門跡寺院となり天台宗五箇室門跡の1つです。

道の右手には「武田薬品工業(株)薬用植物園」の入り口がありました。

Img_7012a

その門の脇にも、見事な紅葉が見られました。

Img_7014a

「曼殊院」の門前にある池では、鏡を見る如く池の周りの木々が、
映っていました。

Img_7020a

「曼殊院」の山門前です。
ここを拝観するには、さらに左手に進む必要があります。

Img_7024a

山門の右手に続く築地塀の土手にも、見事な紅葉が見られます。

033


034

「曼殊院」の駐車場の傍にも、素晴らしい紅葉があり、後ろ髪を引かれる想いで、先に進みました。

« 京都の紅葉の追っ駆け開始 その4 真如堂-2 | トップページ | 京都の紅葉の追っ駆け開始 その7 修学院離宮付近 »

地域 歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
 おはようございます
私は東山連峰の麓は歩いたことが有りません
聞くところによると大勢の観光客が押し寄せるとの事で敬遠していました
お写真を拝見して、納得しています
やはり素晴らしいですね
お寺の中に入らなくても歩きながらこのような
見事な紅葉が見られるのですね
今年の京都の紅葉は綺麗との評判ですが
確かにその通りだと思いました。
 個人的にはやはり神社やお寺の建物を拝啓の紅葉が好きですが、
池に映りこんだ紅葉の美しさも古都人さんのブログを拝見して
再認識しています 
 紅葉はどこに咲いてと言うのでしょうか?綺麗ですね。
 これからどちらへ行かれたのか愉しみです。
 ↓の1本のフウの木の紅葉も見事ですね
グラテーションの美しさに魅了されました

 

古都人さん
 おはようございます
曼殊院、懐かしい所です
そして竹田薬品工業の薬用植物園も
3年前に紅葉を訪ねて東山連峰を歩いたときに
綺麗な紅葉を見ました
特に竹田薬品工業の薬用植物園は初めて知り
感動したのを覚えています
 当時の事は忘れていましたが
写真を拝見して思い出しました
 そして曼殊院の門前の池、
池に映る紅葉は本当に綺麗ですね
多くのカメラマンが池の周りを歩きながらシャッターを押しておられました
山門前の紅葉も素晴らしいですね
そう言えば駐車場の傍にも沢山の色とりどりの紅葉が競っていました
すっかり忘れていましたが、

今年は無理ですが
是非、来年こそと思いながら忘れてしまうのでしょう
京都には紅葉の名所が多すぎて?
中々タイミングよく行けません。
↓のフウの木ですが、先日訪れた時は
雨のためか沢山の葉っぱが落ちていました
古都人さんは好い時に行かれたと思います。

古都人さん
おはようございます。
曼殊院に行かれたのですねぇ、綺麗な様子
を見せて頂けましたわぁ。
この近くには友達がいますが、最近は
行ったことがないので懐かしく
見せていただきました。
塀に寄り添うように紅葉した木々が
美しいですわ。
やはりお寺にはいい風情を添えてくれますね。
最後の写真好きです~
いつもありがとうございます♪

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 東山連峰の麓に沿って歩きますと
結構多くの社寺を訪ねることが出来ますよ
一度地図で見られると興味が沸くと思います
北からでも南からでもOKです
それと大体どこの社寺にも池がありますね
池面への映り込みを見るのも一興ですね
植物園の「フウの木」素敵でしょう 魅力に取り付かれますね

ムームーさんへ
こんにちわ
当日は凄い人でした 曼殊院はオフ・シーズンでも
人気のお寺ですね
ましてや紅葉のこの時期は大変です
駐車場もごった返しいました
最後の写真とは 大きな木を通しての紅葉ですね
すこし木が大き過ぎたかなと思っていました
暗い影の向こうに見える紅葉のやや異常さでしょうか

こんばんは
このあたりは去年の秋に
人波にもまれつつ歩き回りました。
紅葉は今年ほどではありませんでしたが
大好きな京のお山に近づけて
とても嬉しかったです。
観光客にとっては晩秋の京都は
ホテルが高くてなかなか辛いところがありますが・・・・・

こんばんは ヽ(´▽`)/
曼殊院の紅葉は私も何年か前に見たことがあると思います。
紅葉の季節以外にも訪れたことがあるような・・・?
それにいたしましても、キレイですネェ (゚o゚)オォーッ!
池に映る青空と紅葉、とても鮮やかです ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!
そして赤・黄・緑に彩られた樹々、黄色というより金色 shine に近いですね。
燦々とした太陽の光を浴びて、もみじたちも嬉しそうに輝いているのが良く分かります。

↓記事の『フウの木』、初めて聞きました。
こちらももみじに負けないほど美しく紅葉していますネ。

雅美さんへ
お早うございます
さすが雅美さんですね
去年の秋に行かれているとのこと
そうでしたでしょう、 人気の観光地ですものね
京都のホテルはやはり高いですか
済みませんね
昨日のコメントへのお返事にこちらにお越しの時の
ライトアップ情報を書いて置きましたので
どうぞご参考に

慕辺未行さんへ
お早うございます
やはりこの地を訪れられているのですね
あの一帯には見るべき所が並んでいますものね
そうですね確かに紅葉は素晴らしかったです
それも曼殊院の外だけでの状態です
中はきっとお庭など美しいと思います
(実は中を拝見していないので)
「フウの木」はそんなにはないのでしょうかね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1153718/47882059

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉の追っ駆け開始 その6 曼殊院:

« 京都の紅葉の追っ駆け開始 その4 真如堂-2 | トップページ | 京都の紅葉の追っ駆け開始 その7 修学院離宮付近 »